アルブチン

アルブチンとは、シミの治療に使われる医薬品「ハイドロキノン」と同様に美白効果のある成分です。
ハイドロキノンから作られる成分で、メラニン色素を抑制する効果があるため、シミを消す時によく使われます。

アルブチンは種類や使い方によってその効果も変わり、シミに対する効果も高くなったり低くなったりと変わるものです。
どうすればアルブチンを効率よくシミを消す事に使えるか、アルブチンを使う時の注意点などを挙げているので、参考にしてみてください。

アルブチンの効果は「シミの抑制」

アルブチンは、ハイドロ期のにブドウ糖を結合させたもので、シミの元となるメラニン色素が出来にくくする効果があります。
そのため、アルブチン自体にはシミを消す効果があまりなく、今あるシミを濃くしない、大きくしないという目的のために使われる成分です。

アルブチンを使う事でシミの成長を止められるので、シミ消し効果のあるハイドロキノンなどの成分が、最大限に効果を発揮出来るようになります。
そのため、早くシミを消す事が出来ます。

α-アルブチンとβ-アルブチン

アルブチンは、α-アルブチンとβ-アルブチンという2つの種類に分かれています。
どちらも美白効果があるのですが、効果の差がとても大きいので、どちらを使うかでシミの抑制効果も変わります。

α-アルブチンは梨などに含まれる成分で、β-アルブチンの約10倍のシミ抑制効果があります。
水やアルコールに溶けやすいので、現在使われているアルブチンは、このαーアルブチンがほとんどです。

β-アルブチンはクマコケモモ、またはウワウルシと言われる植物に含まれる成分です。
クマコケモモ自体が美白効果があるとされている漢方薬ですが、元々は尿道炎や膀胱炎の薬として昔から使われていました。
β-アルブチンは化粧品などに配合されることがあります。

アルブチンの生みの親は資生堂と江崎グリコ

アルブチンは自然界に存在するものですが、現在美白に使われているアルブチンは合成されたものです。
自然界に存在するアルブチンより、合成されたアルブチンの方が効果が高い他、大量に生産出来るので、合成アルブチンが現在の主流になっています。

合成アルブチンは日本で開発されたもので、α-アルブチンは江崎グリコ、β-アルブチンは資生堂が合成に成功しました。
つまり、アルブチンの最先端は日本ということなので、アルブチンを使うシミ消しは日本が最も優れているということでもあります。

アルブチンを使った化粧品のシミ消しの効果

アルブチンを使った化粧品のシミ消しの効果

アルブチンは化粧品に配合されている事が多く、化粧品メーカーから色々なアルブチン配合の化粧品が販売され、価格帯も様々です。

配合されている濃度は製品によって違いがあります。
ただ、アルブチンにはシミが出来るのを抑える、既にあるシミの成長を抑える効果があるので、毎日の化粧でシミを大きくしない効果を期待できます。

効果があると言っても補助的なものに過ぎず、アルブチン配合の化粧品自体にはあまり大きな効果がありません。
アルブチン化粧品の効果を引き出すには、他の成分を含むものと組み合わせる事が必要です。

アルブチンにはビタミンC化粧水が良い

アルブチンは、ビタミンCと組み合わさると、シミを抑制する効果が高くなります。

ビタミンC自体に肌の代謝を高くする効果や、シミを抑制する効果があるため、アルブチンと一緒に使うと相乗効果により高いシミ抑制効果を得られるので、ビタミンCを含むものを同時に使う方が効果的です。
一番簡単に使えるのは、ビタミンCを含む化粧水などで、化粧前に使うとよりアルブチンの効果を引き出せます。

アルブチンが主成分のDHC濃縮アルファAパウダー

DHCからアルブチンを主成分とした濃縮アルファAパウダーという商品が販売されているので、これを使うとアルブチン化粧品よるも高い濃度のアルブチンを肌に使う事が出来ます。

ファンデーションではなく粉末状のアルブチンなので、美容パウダーとして使える化粧品です。
サプリメントなどでシミを消そうとしている時や、シミの予防に効果的なので、ビタミンC化粧水などと同時に使うとシミを消す効果やシミ予防効果を高めてくれます。
価格も1,500円程度と化粧品としては安いので、使い続けやすいの特徴となっています。

アルブチンの副作用は?

アルブチンの副作用

アルブチンは使い方を誤ると、肌トラブルを招く事があります。
特に現在使われている事が多いα-アルブチンは、高いシミ抑制効果があるので濃度が高すぎると危険です。
沢山使えば効果が高くなるものでもないので、アルブチンを使う場合は適正量を守ることが求められます。

アルブチンを使いすぎるとどうなるのか

アルブチンを使いすぎた場合、肌に赤みやじんましんなどが出来る場合があります。
また、アルブチンがアレルギーを引き起こす場合があるので、人によっては合わない事もあります。
そのため、無理に使えばシミの原因になることも出てきます。

どのくらいの量のアルブチンで副作用が出るか、またはアルブチン自体が合うかどうかは個人差がありますが、もし異常を感じたらすぐに使うのを止め、医師に相談してください。
特に、ハイドロキノンを使って異変が起きた人の場合は、アルブチンでも何等かの異常が起きる可能性があるので、注意が必要です。

基本的にはアルブチンの副作用を気にしなくても良い

アルブチンは医薬部外品として配合量の規制があるので、国内で販売されている化粧品や美容パウダーは、普通に使う分には特に危険はありません。
ただし、1日に何度も使ったり、1回の量が多い場合などは、なんらかの副作用が出る事もないとは言えないので、使い過ぎには十分注意してください。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ2選】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。

  2. キミエホワイトプラス

    キミエホワイトプラスのランキングキミエホワイトプラス

    第3類医薬品として、効果がしっかりと認められています。緩和するだけでなく、しっかりと治すのが特徴です。また、しみ、そばかすだけではなく、大人ニキビ、吹き出物、倦怠感、二日酔いにも効きます。1日1錠で飲みやすく、初回1,900円にて購入出来るため、利用しやすいというのも魅力と言えます。