シミに効く有効成分は?

シミに効く有効成分

シミやそばかすを対策するに当たり、有効成分が含まれた化粧品や内服薬でケアを施すのが必須です。

・化粧水や美容液などの化粧品で外側からのスキンケアを行う
・内服薬や飲み薬で内側からシミが作られないようにする

どちらにしても有効成分がしっかりと含まれていなければ、肌トラブルの悩みを解消する事は出来ません。
シミの改善に効き目があるのは、美白成分で以下のような効果があります。

  • メラニン色素が生成されるのを防ぐ
  • メラノサイトへとメラニンが作られないような指令を出す
  • 肌のターンオーバーや代謝を促す

種類によって肌への働き方が異なり、以下では代表的な有効成分を挙げてみたので、化粧品や内服薬の選び方の参考にしてみてください。

シミに効く有効成分は?

シミに効く有効成分は、下記のような成分が挙げられます。

ビタミンC誘導体

シミの改善に繋がる有効成分としてビタミンC誘導体は代表的で、アスコルビン酸とも呼ばれています。
化粧品の中にも内服薬の中にも含まれており、普通のビタミンCよりも吸収されやすく、効果を発揮しやすいのが特徴です。

「シミの改善薬=ビタミンCが含まれている」と言っても過言ではなく、肌へとどのように働きかけてくれるのか見ていきましょう。

  • シミの根本的な原因となるメラニン色素が作られるのを邪魔する
  • 活性酸素を抑える抗酸化作用が高く、ニキビの予防やニキビ跡の炎症を抑える
  • 肌の弾力やハリと関わるコラーゲンの合成を促してたるみを予防する
  • 皮脂の分泌を抑える作用によって開き毛穴やたるみ毛穴を防ぐ

上記のようにシミ対策だけではなく、たるみやシワといった老化現象にも大きな効果を発揮してくれます。
アンチエイジングに繋がる有効成分なので、化粧品や内服薬を選ぶ際は、ビタミンC誘導体が配合されているかどうかで比較してみてください。

L-システイン

L-システインは、皮膚や髪の毛などに含まれているアミノ酸の一種です。
シミやそばかすを改善する医薬品やサプリメントの中に配合されていることが多く、以下の働きを持ち合わせています。

  • 肌の代謝を正常化させて生まれ変わりのターンオーバーを促す
  • エネルギーの産生をスムーズにして倦怠感やだるさを解消する
  • アルコールの摂取で発生するアセトアルデヒドの分解を促して二日酔いを解消する

シミを消す医薬品の中で、「二日酔いの改善にも効果があります」と記載されているケースは少なくありません。
これはL-システインによる効能となっており、身体の内側からアセトアルデヒドを無毒な物質へと変えてくれるのです。

ビタミンCと合わさって、メラニンの生成を抑えたり排出を促したりといった作用は非常に大きく、肌トラブルの解消を効率良くサポートしてくれます。

アルブチン

アルブチンは、1989年に美白成分として厚生労働省から承認を獲得しました。

・独自の配糖化技術でハイドロキノンとブドウ糖を結合させた「αアルブチン」
・天然植物のハーブから抽出された「βアルブチン」

上記の2種類に大きく分けられ、どちらも美白効果を持つ有効成分という点では一緒なので、シミやそばかすを防ぐ化粧水や美容液の中に配合されています。

メラノサイトの働きを抑制してメラニン色素の生成を抑える美白成分として、ハイドロキノンの方が有名かもしれません。
しかし、アルブチンは、ハイドロキノンを更に安定させた存在で、即効性が期待できない代わりに、時間をかけてゆっくりとシミへと働きかけてくれます。

プラセンタエキス

近年では、プラセンタエキスを含む化粧品の数が増えており、美容皮膚科や美容クリニックでも注射として用いられるようになりました。
牛や豚など哺乳類の胎盤を原材料として抽出しており、若返りの成分としても有名です。

プラセンタエキスが、肌へとどのような効果を発揮するのか見ていきましょう。

  • 肌のターンオーバーを促して古い角質を剥がれやすくし、細胞を活性化させる
  • メラニン色素の生成を抑える美白効果が期待できる
  • 豊富な成分によって傷や炎症の自然治癒力を促す
  • ホルモンバランスや自律神経を整える

肌への直接的な働きだけではなく、内側からホルモンバランスや自律神経を整える作用も同時に持つ有効成分なので、サプリメントの中にも含まれています。
若返り効果を得たい女性のために開発されたプラセンタサプリは多く、医療機関で行われているプラセンタ注射よりも値段はお手頃です。

安全性に関しては全く問題はないものの、痒みを伴う湿疹の掻痒性皮疹やアレルギー反応の接触皮膚炎といった副作用は報告されています。
そのため、サプリメントを飲む際は十分に注意してください。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は、止血剤として用いられている人工的なアミノ酸の事で、シミを消す内服薬や化粧水の中に配合されています。
トラネキサム酸には抗プラスミン作用があり、メラニンを作るメラノサイトを活性化させるプラスミンを抑制してくれるのです。

1.メラノサイトの働きが抑えられる
2.メラニン色素の生成量が減少する
3.肌への沈着を予防してシミが作られにくくなる

上記のメカニズムで、シミやそばかすへと効果を発揮して、30代~40代の女性に見られる薄茶色のシミの肝斑(かんぱん)にも効果を発揮します。

他にも、どんな効能を持つ成分なのか以下ではまとめてみました。

  • 抗炎症作用で痛みや赤みの症状を抑える
  • 抗アレルギー効果で蕁麻疹や湿疹を緩和する
  • 高い止血作用で再生不良性貧血や白血病の異常出血を抑える

炎症を起こして赤く色素沈着したニキビ跡へと大きな効果を発揮し、毎日のスキンケアでシミを薄く出来るので、トラネキサム酸が配合された化粧品を使ってみてください。

ページの先頭へ