そばかす治療法でおすすめなのは?

そばかすと治療

子どもの頃からそばかすがある事に悩んでいる方も多いでしょう。
そばかすもシミと同様、治療をする事が可能です。
では、そばかすのオススメの治療法についてご紹介いたします。

⇒管理人も利用したそばかすに効く医薬品はこちら。

顔のそばかす治療で効果的な方法は何か?

巷では、若い子があえてそばかすを顔に描いて、そばかすメイクをする人もいます。
そばかすは可愛い、という印象を持つ方もいますが、長年悩んでいる方がいるのも事実です。
では、顔のそばかすの治療法で効果的な方法は何でしょうか。

顔のそばかすはシミの一種

顔のそばかすはシミの一種

シミ、くすみ、そばかすなど、出て来る場所や形によって様々な言い方がありますが、実はどれもシミの一種です。

そばかすもシミと同様、肌が紫外線を浴び、外気からの刺激を守るために、肌内部で作られたメラニンが沈着する事で出来る黒ずみです。
健康な肌なら28日周期で生まれ変わって、メラニンも古い細胞と一緒に剥がれ落ちます。
しかしながら、紫外線やストレスによってターンオーバーが崩れてしまうと、メラニンが排出されずにそばかすとして残ってしまうのです。

また、そばかすは遺伝によるものも多くて、幼少期から中学生くらいまでに発症し、その後も紫外線を浴び続ける事で年齢と共にどんどん濃くなる事があります。

皮膚科や美容外科でそばかす治療をしてもらえる

皮膚科や美容外科でそばかす治療をしてもらえる

幼少期からそばかすがあると、年頃になってくると、そばかすの存在が気になって悩む人も多いでしょう。
実は、そばかすは皮膚科や美容外科でも治療してもらえるのです。

皮膚科では、主に外用薬と内服薬を処方される事があります。
外用薬は、シミの元になるメラニン生成を抑制するハイドロキノン軟膏、表皮細胞の新陳代謝を促進するトレチノイン軟膏が一般的です。

内服薬には、メラニン生成を抑えるトランサミン、お肌のコラーゲン生成に関わるビタミンC、メラニン酸化を抑えるビタミンE、メラニンの自然排出を促すL-システインなどが処方される事が多いてしょう。

美容外科では、レーザー治療やフォトフェイシャルなど美容機器を使った治療を行われ、お肌の治療というとこちらを連想させる方も多いのではないでしょうか。
これらの治療は皮膚科でも出来ます。

美容外科でのそばかす治療がハードル高い人はまず皮膚科から

そばかすの悩みを解決したい方で、専門医に頼みたいけど美容外科に行くのは少しハードルが高い、という方は多いでしょう。

そういう方は、まずは皮膚科の先生に相談することをオススメします。
先述したように、皮膚科では外用薬や内服薬を処方されます。

レーザー治療のように即効性があるわけではなく、専門医の指示通りに毎日処方して少しずつ改善されていく治療法です。
皮膚科で処方される上記の薬は健康保険が適用される場合が多いので、お財布にも優しい金額からそばかす治療が始められます。

美容外科の治療は、保険が適用されない事が多いので、全額自己負担になります。
治療費は高額になりますし、何度も通わないといけません。
無理をして通っても、途中で断念してしまう方もいらっしゃるようです。

費用の心配もある方は、まずは最寄りの皮膚科か、インターネットの口コミ評判の高い皮膚科を訪ねてみると良いでしょう。
もし、外用薬と内服薬の治療だけでそばかすが改善されれば、お金の負担もかなり軽減されてお得だと思います。

そばかすのレーザー治療

そばかすのレーザー治療

そばかす治療で最も効果が高い治療法は、レーザー治療です。
レーザー治療は、メラニン色素に反応する光を肌に照射して、そばかすの細胞を破壊する治療です。
照射後は火傷の跡のようになりますが、1~2週間経つとかさぶたになって綺麗に剥がれ落ちます。

レーザー治療は皮膚科でも美容外科でも受ける事が出来ますが、健康保険は適用にならないので、全額自己負担になります。

そばかすのレーザー治療の費用

レーザー治療はそばかす治療の効果が高いですが、その分費用が高額になります。
また、デメリットもいくつかあるので、もしレーザー治療を検討中の方は、事前に確認しておくようにしましょう。

そばかすのレーザー治療の費用相場は、だいたい直径2ミリのそばかすで約5,000円ほどになります。
例えば10箇所にレーザーを照射する場合、5,000円×10回=100,000円も掛かるのです。
しかも、そばかすの種類によっては一度の施術では消えない事も多ので、何度も通うとなるとかなりの高額出費になりますね。

そばかすのレーザー治療のデメリットは?

レーザー治療のデメリットは費用が高いこと以外にも、「治療中に痛みを伴う」、「治療後の肌トラブルがある」、「肝斑に施術すると逆効果」といったデメリットもあります。

レーザー治療は、肌にレーザーを照射して細胞を破壊するので、受けている本人にもその刺激は伝わってきます。
治療中は「ゴムで弾かれたような痛み」を感じる事があります。

酷い痛みではなく一瞬で終わりますが、この痛みが苦痛な方はもいらっしゃると思います。
クリニックによっては、「麻酔クリーム」を事前に塗って治療をしてもらえる所もありますので、心配な方は専門医に相談してみましょう。

「治療後の肌トラブル」についてですが、これもレーザー治療の刺激の強さが原因で起こる恐れがあるようです。
レーザー治療後は、どうしても火傷のような赤みや痛みが出てしまいます。

これは施術を受けたご本人が、保湿をしっかりとするアフターケアを行えば落ち着く事がほとんどと言えます。
しかし、治療箇所が色素沈着を起こしたり水ぶくれが出来たりといった事も発生する場合があるようです。
そういった肌トラブルが起こる可能性などについて、事前に専門医に相談して治療を受けるかどうかを決めると良いでしょう。

「肝斑」は、目の下に出来るくすみのようなものです。
もし治療したいそばかすの箇所に肝斑があると、レーザー治療が受けられない事があります。

なぜなら、肝斑はレーザーの刺激によって、メラニンを作る細胞がさらに活性化してしまい、肝斑の色がさらに濃くなってしまう事があるからです。
これも専門医に適切な判断をしてもらってから治療をお願いすると良いです。

また、レーザー治療後で肌が弱くなっているのでメイクが出来ないそうです。
刺激に弱くなっている所にメイクをすれば、肌に汚れが付きやすいのは何となくイメージが付くと思います。

仕事などでどうしてもメイクをしなければならない人も多いと思います。
レーザー治療はを受けるタイミングは見極めるようにしましょう。

そばかすのレーザー治療は失敗する事もある

先述したように、肝斑のようなタイプのシミに照射してしまったり、治療後のアフターケアを怠ったりすると、治療の効果が出ずむしろ悪化する事があるようです。
また、レーザー治療だけでそばかす治療を終えるのではなく、症状によっては光治療や内服薬、外用薬の処方などを行って、さらに効果を高める治療を行うクリニックもあるそうです。

治療法は医師と要相談ですが、高出費になるので失敗は絶対したくないですよね。

では、失敗しないためにはどうすれば良いか?
そばかすだけでなく肌のレーザー治療では、肌に出てきているシミの種類が何なのかを専門医に特定してもらうことがまず大切です。
もしレーザー治療をしてむしろ状態を悪化させてしまったら、本末転倒ですね。

そうならないためにも、経験豊富で信頼出来る医者に治療をお願いする必要があります。
信頼でき、経験値の高い医者を見つけるには、まず手軽なのはインターネットの口コミサイトの評判を見ることですね。
ランキングのあるサイトもありますし、自分たちの住まいの評判の良い病院がどこかを見てみましょう。

また、そのクリニックのホームページもチェックすると、治療内容や費用について記載しているサイトもあるので、事前に費用の目安にすると安心できますよね。
気になるクリニックを見つけたら、予約をする前に電話で気になることを問い合わせてみましょう。
予約して実際にクリニックに行ったら、カウンセリングの時に心配事や疑問を医者に質問し、納得した上で治療を受けましょう。

良い医者から治療を受けたら、あとはご本人のアフターケアをしっかりとする事が、レーザー治療を成功させるために必要な事です。
治療を終えて気を抜かずに、綺麗な肌を生成するために保湿をしっかりしましょう。

⇒管理人も利用したそばかすに効く医薬品はこちら。

そばかすのフォトフェイシャルの効果は?

そばかすのフォトフェイシャルの効果

そばかす治療は、レーザー治療というイメージが強い方が多いと思いますが、「フォトフェイシャル」という治療法もある事はご存知でしょうか?

フォトフェイシャルとは、顔全体に冷たいジェルを乗せてインテンス・パルス・ライトと呼ばれる光を照射して行う治療法です。
フォトフェイシャルはメラニン色素の排出を促し、くすんだ肌を透明感のある肌になるように促します。
レーザー治療と同じで「ゴムを弾かれたような痛み」が伴うそうです。

そばかすのフォトフェイシャルのダウンタイムはどのくらい?

フォトフェイシャルにしてもレーザー治療にしても、治療後には「ダウンタイム」という期間が存在します。
このダウンタイムは、治療後に肌が回復するまでの時間の事を言います。
つまり、治療後は肌が回復中の脆い状態で過ごさなければならないのです。

レーザー治療後のダウンタイム中は、メイクもできず激しい運動やサウナなど、10日間ほど控えた方が良いと言われます。

一方フォトフェイシャルは、このダウンタイムがほとんどないと言われています。
ですので、レーザー治療と違い施術後は洗顔ができ、メイクできるようです。

そばかすのフォトフェイシャルの費用や体験談を見よう

そばかすのフォトフェイシャルの費用は、だいたい1回の施術で1万円~5万円ほど掛かります。
1回だけの治療で終わる人も居ますが、一般的には5~10回程度定期的に受診するそうです。
最大で50万円近くも掛かってしまうので、決して安くはありませんね。

フォトフェイシャルに効果があるかどうかは個人差があります。
ですので、何度も通って徐々に効果が現れる治療になり、1、2回で効果を感じられずに辞める方もいらっしゃるようです。

ただ、フォトフェイシャルを受けると肌の内部の細胞を刺激して、コラーゲンなどの肌にとって柚香な成分を促して活性化させ、肌を若返らせてくれる効果があります。

実際にどんな効果があるのか気になる方は、フォトフェイシャル治療を受けている方の体験談を見てみると良いでしょう。
インターネットで体験談ブログを書いている方もいます。
治療後の肌の写真なども載せている方もいるので、ぜひチェックしてみましょう。

自宅で自力でそばかす治療をするには?

自宅で自力でそばかす治療

そばかす治療について、主にクリニックでの治療についてご紹介しましたが、出来ることなら自分で消せるものなら自分で消したい!と思っている方も多いと思います。

結論から言うと、そばかすを綺麗に消す事は出来ませんが、目立ちにくくする事は可能です。
その方法は、「ピーリング」です。
皮膚科や美容外科でもピーリング治療を行えますが、市販の石鹸やジェルなどのピーリング剤を利用して、自宅でピーリングを行う事が出来ます。

自宅でピーリングをする時の注意点は、やりすぎない事です。
ピーリングは、表皮の古い細胞を剥がし落として肌のターンオーバーを促すものですので、レーザー治療と同様、肌に刺激を与えてしまいます。

毎日ピーリングするのではなく、だいたい1週間に1回程度を目安で行うようにしましょう。
完全に消す事は出来ませんが、古い細胞を徐々に落としていくので、少しずつ目立ちにくくする事が可能です。

自力でそばかす治療をやってやる!という方は、化粧品売り場やドラッグストアでピーリング剤を探してみましょう。

そばかす治療のまとめ

そばかす治療は専門医に相談してみよう

最後に自力でそばかす治療の方法についてご紹介しましたが、やはり専門医による治療が最も効果があるように思えます。
もし本気で悩んでいる方や、綺麗な肌を手に入れたいという方は、皮膚科・美容外科に相談してそばかす治療に挑戦してみるのも手だと思います。

その時は、費用や予算はきちんと決めておいた方が良いでしょう。
また、美容外科に予約を入れる際や、カウンセリングの際に予算内で出来るかどうかも、相談しても良いかもしれません。
美容についてはついお金を掛けたくなりますが、美容以外の生活費に負担が掛かってしまうと、余計に肌にストレスを与えてしまう可能性もあるでしょう。

お金のこと、治療効果について納得のいくそばかす治療法を探してみましょう。

⇒管理人も利用したそばかすに効く医薬品はこちら。

ページの先頭へ