そばかすが増える

ふと鏡を見るとそばかすが出来ていた、しかも以前よりも増えている、なんて経験は誰しもがあるのではないでしょうか。

なぜそばかすは増えてしまうのでしょうか。
また、増えたそばかすはどうやって予防・除去すれば良いのでしょうか。

そばかすが増える原因は紫外線と生活習慣の乱れ

そばかすの増える主な原因は、紫外線の当たりすぎと生活習慣の乱れです。
特に紫外線はお肌の大敵で、紫外線対策もせずに外出して日差しを当たり過ぎると、すぐに肌トラブルを引き起こしてしまいます。

なぜ肌トラブルを引き起こしてしまうかと言うと、紫外線の光は肌にとって刺激になるからです。
肌は外部からの刺激から身を守るために、メラニン色素を生成し、肌の表面に黒く現れる事で肌をバリアーしています。

メラニン色素は、正常な肌のターンオーバーによって1ヶ月程度で排出され、肌は元の綺麗な状態に戻ります。
しかし、ストレスや睡眠不足などの生活習慣の乱れによって、肌のターンオーバーも乱れてしまい、メラニン色素を上手く排出出来なくなってしまいます。

これにより、メラニン色素は肌に留まり、そばかすとなって残ってしまうのです。
そして、メラニン色素がうまく排出されないまま、紫外線を浴び続ける事で、さらにそばかすが増えてしまいます。

遺伝が原因で出るそばかすも増えることがある

そばかすは、先述した紫外線や生活習慣の乱れによって出来るものもありますが、思春期の頃に増えるそばかすもあります。
これは遺伝によるそばかすです。

子供の頃からできる遺伝によるそばかすは、思春期を過ぎる頃には無くなります。
しかし、その頃に紫外線対策を怠ったり、不規則な生活を送ったりしていると、思春期を過ぎてもそばかすがどんどん増えてしまいます。

女性ホルモンが原因で増えるそばかすは肝斑

女性ホルモンが原因で増えるそばかすは肝斑

月経前に、お肌の調子が悪くなるという女性は多いと思います。
これは女性ホルモンが乱れていることが原因で起こります。

女性ホルモンが乱れていると肌が荒れやすく、そばかすも出来やすくなります。
また、妊娠出産前にも女性ホルモンが乱れやすくなるため、そばかすが増えることもあります。

こういった女性ホルモンの乱れによって出来るそばかすは、「肝斑」と言います。

紫外線などが原因で増えるそばかすの対処は?

紫外線などが原因で増えるそばかすを対処するには

では、紫外線などが原因で増えるそばかすは、どう対処すれば良いのでしょうか。
増えてしまったそばかすを消すことはもちろん、今後の予防のためにも対処法をしっかりと学んでおきましょう。

紫外線対策は増えるそばかすを予防してくれる

まずは毎日の紫外線対策を行いましょう。
日焼け止めクリームは日差しの強い時期だけでなく、1年中365日ずっと塗るようにしてください。
これだけでもそばかす予防になります。

また、外出時には日傘や帽子・サングラス、アームカバーや長袖の着用で、極力日差しに肌が触れないようにしましょう。
室内にいる時も、出来るだけ紫外線対策のために、薄く日焼け止めを塗るようにした方が良いと言えます。

また、照明やパソコンからも弱い紫外線が出ています。
ブルーライトカットのメガネを着用するなどして、少しでもカバーすると予防になるでしょう。

増えるそばかすは美白化粧品でケアすること!

増えるそばかす、既に出来てしまったそばかすを消すには、美白成分配合の化粧品を使用する事です。
美白成分にはアルブチン酸、ビタミンC誘導体、L-システインなどがあり、これらはメラニン色素の排出やメラニン色素の生成抑制をしてくれる作用が含まれています。

美白化粧品は、そばかす・しみのケアに特化された化粧品ですので、上記の美白成分をチェックして毎日ケアをしましょう。

生活習慣の予防と食生活の見直しが増えるそばかすを予防

生活習慣が乱れている方は、そばかすがこれ以上増えないためにも、規則正しい生活に改めましょう。

まずは、夜更かしをせずに早寝早起きを心がけてください。
寝ている間は、肌も休む時間です。

しっかりとよく寝て肌の調子を整えましょう。
また、ストレスを溜めると、肌トラブルを引き起こしてしまいます。
お風呂でリラックスするなどしてストレスも解消しましょう。

食生活の見直しも必要です。
そばかすには、ビタミンACEが聞くとされています。
特に柑橘系などに多く含まれているビタミンCを意識的に摂取して、そばかすケアをすると良いでしょう。

ただ、忙しくてなかなか食生活を改められない方もいると思います。
そんな方は、サプリメントや医薬品の力を借りましょう。

例えば、副作用の心配も少ない第三類医薬品に分類される「ロスミンローヤル」や「キミエホワイト」は、そばかすだけでなくシワやニキビなどの肌トラブルも解消してくれます。
また、血行不良の改善や疲れ、二日酔いにも効果が期待できると言われているので、毎日適量摂取することで健康的な体にしてくれます。

どちらもインターネットの公式サイトで購入出来ます。
初回は50%以上も割引してくれるので、とてもお得です。
ぜひチェックしてみてください。

肝斑が理由で増えるそばかすの対処法は何か?

肝斑が理由で増えるそばかすの対処法

女性ホルモンが影響して出来る肝斑は、閉経後に徐々に消えていきますが、そこまで待っていられないと思います。
肝斑は、紫外線などが原因でのそばかすではないため、先ほどご紹介した方法ではなかなか消す事が出来ません。

肝斑を消すためには、肝斑治療を皮膚科で受けてもらうことが最も確実な方法です。
皮膚科で受けられる肝斑治療には、内服薬と外用薬の処方が主です。
内服薬にはビタミンCやトラネキサム酸、外用薬にはハイドロキノンが処方されることが多いと言えます。

ハイドロキノンは、「お肌の漂白剤」と言われており、美白成分の中でも特に強力な成分です。
強力な分、副作用の心配もあり正しく使用しないと白斑が出てくる恐れがあります。
皮膚科で肝斑の相談に行った際は、処方された薬の飲み方・塗り方をしっかりと聞いてから服用するようにしましょう。

肝斑にレーザー治療をするとそばかすが増える?その理由は?

皮膚科での肝斑治療で注意すべきことはレーザー治療の場合です。
例えば、そばかすを消すために皮膚科でレーザー治療を受けた際、もしそのそばかすが肝斑だった場合、レーザーを照射されると、逆にそばかすの色が濃くなってしまう恐れがあります。

最近では、肝斑にも対応したレーザー機器が開発されています。
しかし、皮膚科に相談する際は、医師にキチンとした判断をしてもらう事を忘れないでください。

そばかすが増える原因を知って対処しよう

そばかすが増える原因を知って対処しよう

そばかすが増えるのは、そこに何かしらの原因があります。
その原因を把握した上で、そのそばかすに合った処置を行いましょう。

もし、いくら自力でそばかすケアを行っても、なかなか消えないと悩んでいる場合は、思い切って皮膚科の専門医に相談してみるのも手です。
お肌のケアには様々な方法があるので、自分に合う方法で対処していきましょうね。

当サイトでは、管理人も実際に利用したシミ・そばかすの医薬品を紹介しています。
シミ・そばかすで悩んでいる方は、参考にしてください。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ2選】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. キミエホワイトプラス

    キミエホワイトプラスのランキングキミエホワイトプラス

    第3類医薬品として、効果がしっかりと認められています。緩和するだけでなく、しっかりと治すのが特徴です。また、しみ、そばかすだけではなく、大人ニキビ、吹き出物、倦怠感、二日酔いにも効きます。1日1錠で飲みやすく、初回1,900円にて購入出来るため、利用しやすいというのも魅力と言えます。

  2. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。