そばかすと肌質

そばかすは誰にでも出来るものですが、実は人によって出来やすい肌質があるのです。
これからご紹介する肌質に当てはまる方は、他の方よりも少し注意して予防・スキンケアをするようにしましょう。

そばかすは肌質によって出来やすくなる事がある

肌質には、例えば乾燥しやすい肌、丈夫で肌トラブルの少ない肌、刺激に弱い敏感肌など様々なものがあります。
丈夫な肌の人には平気な化粧品でも、敏感肌・乾燥肌の人が同じものを使うとかぶれてしまったりして、肌トラブルを引き起こす可能性もあります。

口コミでの化粧品の評判も大切ですが、まずは肌質に合った予防法・スキンケア方法を知ることが大切になります。

そばかすが出来やすい肌質は何か?

そばかすができやすい肌質は何

では、そばかすが出来やすい肌質とは、どんな肌なのでしょうか?

生まれつきの肌質によってそばかすができやすいも

実はそばかすの原因には遺伝性が強いとされており、生まれ付きそばかすが出来やすい人もいます。
思春期になる頃にそばかすが出ている人は、遺伝性のそばかすである可能性が強く、基本的には思春期を終える頃には綺麗に無くなります。
しかし、この時期に日焼け対策などを怠っていると、思春期を過ぎてもそばかすが肌に残ってしまいます。

肌質が色白な人はそばかすができやすい

色白な方は、皮膚内のメラニン色素の量が少なく、紫外線を受けた際に過剰に反応してしまうことがあります。
色白な人の肌は、日を浴びた後に肌が赤くなって、しばらく経つと元に戻る事が多く、日焼けしにくい肌質です。

日焼けした肌は、紫外線は皮膚の内部に入らないようにバリアーを張っています。
しかし、色白な方はそのバリアー効果が薄いため、他の方よりも皮膚に直に刺激を受けやすいのです。

そのため、日を浴びて数日経つと、いつの間にか顔にそばかすが出来てしまいます。
元々が色白な肌のために、そばかすが目立ってしまうので、他の方よりも悩みのではないでしょうか。

産後に肌質が変わってそばかすが増える事もある?!

お子様がいる方の中で、妊娠時・出産時に顔を見ると、いつの間にかそばかすが出来ていたという経験はありませんか?
実は、それは女性ホルモンのバランスが乱れた事によって肌質が変わったから、そばかすが出来てしまったのです。

そばかすができる原因になる女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2つです。
エストロゲンは、肌に張り・ツヤを与える成分維持、肌の衰えを抑制する作用、さらには妊娠中に母乳を出す準備・子宮内膜の増加するように働きかけてくれます。

しかし、その反面、エストロゲンはメラニン色素の生成促進作用もあり、その作用によってそばかすが増えてしまうのです。
同様に、プロゲステロンも妊娠中に増加し、流産を防ぐ働きがある反面メラニン色素の生成促進する作用も持っています。

そして出産により、エストロゲンとプロゲステロンは急激に減少しますが、同時に肌のバリア機能が弱まります。
ホルモンの分泌量は半年で妊娠前に戻るので、その間の肌の弱い時期は念入りにスキンケアと予防をしなければ、さらにそばかすを増やすことになります。

しかし、産後は育児で忙しくなり、スキンケアをする暇もなくなるため、結果そばかすが増えてしまうのです。

そばかすができやすい肌質の人の対処法は?

そばかすができやすい肌質の人の対処法

そばかすのない綺麗な肌になりたいのに、そばかすがなかなか消えなくて鏡の前で悩んでいる方も多いでしょう。
そばかすが出来やすい方には、どんな対処法があるのでしょうか。

まずは紫外線対策と美白ケア

そばかすが出来やすい肌質の人だけでなく、皆さんに言える事ですが、まずは紫外線対策と美白ケアを毎日行いましょう。
外出時には日焼け止めクリームの塗布や夏でも、長袖着用、アームカバー、日傘などで極力直接肌に日が当たらないようにしてください。

美白ケアは、ビタミンC誘導体やアルブチン酸、L-システインなどの美白成分配合の化粧品を使用したスキンケアのことです。
美白化粧品には色々な種類がありますが、選ぶ際には今後もずっと買い続けられる値段のものかどうかを見極めた上で決めましょう。

化粧品は高いものもあり、その分即効性がありますが、それを維持できなければ意味がありません。
最近では、ちふれや無印良品、キュレルなどのプチプラ化粧品でも効果が期待出来ます。

無理せず長く続けられる自分に合った化粧品を見つけてくださいね。

生活習慣の見直しと医薬品で内側からのケア

次の対処法は、生活習慣の見直しと医薬品の服用です。
産後のホルモンバランスの乱れを整えるには、最低限の紫外線対策は行いましょう。

育児で余裕がないと思いますが、紫外線の浴びすぎは時に皮膚ガンも引き起こす場合もあります。
そうならないためにも、日焼け止めクリームだけは塗るようにしてください。

また、毎日の食事でホルモンバランスを整える事も出来ます。
そばかすに効果がある栄養素には、柑橘類やレバー、かぼちゃなどのビタミンACEやトマトに含まれるリコピンなどがあります。
意識して食事に取り入れるようにしましょう。

しかし、なかなかそんな余裕もない方は、手軽に飲める医薬品の力を借りましょう。
薬と聞くと抵抗がある方も多いかもしれませんが、副作用の危険性が低い第三類医薬品であれば安心して服用できます。

「キミエホワイト」や「ロスミンローヤル」はしみ・そばかすだけでなく、ニキビやシワ、血行不良の改善、貧血、めまい、疲れなどにも効果が期待される第三類医薬品です。
また、どちらもインターネットの公式サイトで購入出来るので、育児の最中にすぐに注文が出来ます。
初回であれば半額以下で購入出来るのでお求めやすいので、1度チェックしてみてはいかがでしょうか。

そばかすはできやすい肌質がある

そばかすはできやすい肌質がある

そばかすにはできやすい肌質があります。
出来やすい肌質の人は、他の方よりも悩みが多いかもしれません。

しかし、そういった方に合った化粧品や医薬品もたくさん存在します。
正しい使用方法で根気強く続けることで、そばかすは改善出来ます。

忙しくてなかなかスキンケアや予防まで手が回らない方でも、それを対処する方法もきちんとあります。
色々と試し、そばかすがない綺麗な肌になりましょう。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。