ハクビCホワイトの評判・口コミ

シミや美白に効果のある医薬品として、佐藤製薬からはハクビCホワイトが販売されています。
Amazonや楽天といったインターネット通販だけではなく、ドラッグストアやディスカウントストアでも取り扱いがあるのがハクビCホワイトの特徴です。

  • メラニン色素の沈着によるシミ
  • 太陽の紫外線によって作られたシミ
  • 日焼けや間違ったスキンケアによるそばかす

こういった女性を悩ませる肌トラブルの改善に大きな効果を発揮し、身体の内側から少しずつ消していきます。

サプリメントではなく医薬品なので、確かな効能が認められているのも魅力の一つなのではないでしょうか。

ハクビCホワイトの評判や口コミをチェック!

・ニキビで赤くなったブツブツを解消できたので飲み続けています
・佐藤製薬の内服薬とゲルの両方で長年の悩みだったそばかすを解消できました
・シワの改善のために飲むのであればハクビCホワイトよりもロスミンローヤルの方が良いと思います
・大きすぎず小さすぎずといった錠剤がお気に入りのポイントで毎日の生活の中に取り入れやすいです
・有名なハイチオールCと比べてビタミンCの含有量が多いのが良いですね
・あくまでも気休め程度の感じなので期待しすぎるとショックを受けますよ
・近所のマツキヨで販売されていたので飲むことにしました
・肌のキメが細かくなって毛穴詰まりを解消できたのでターンオーバーが促されている証拠でしょうか
・既に形成されたニキビ跡を薄くするケアとしてハクビCホワイトは適しています

⇒当サイトでオススメしている医薬品はこちら。キミエホワイトプラス

ハクビCホワイトに配合されている成分は?

ハクビCホワイトに配合されている成分

ハクビCホワイトの服用で、なぜシミやそばかすを和らげる事が出来るのか、以下では配合されている成分について詳しくまとめてみました。

成分 効果
L-システイン(240㎎) 肌のターンオーバーを正常化させてメラニン色素の発生を抑える
ビタミンC(600㎎) メラニン色素の生成を抑えたり排出を促したりする
塩酸ピリドキシン(6㎎) 炎症やフケ、肌のかゆみといったトラブルを抑える
パントテン酸カルシウム(24㎎) ビタミンB群の一種で皮膚を正常に保つ働きを持つ

メラニン色素が作り出されてしまったとしても、全てが沈着するだけではなく、通常の量であれば代謝によって分解されたり排出されたりします。

しかし、新陳代謝が弱まっていたり、肌へと刺激が加わったりしていると過剰に作り出されます。
また、シミやそばかすに繋がるので、有効成分がバランス良く配合されたハクビCホワイトがオススメです。

ハクビCゲルの使用もおすすめ!

ハクビCでは内服タイプの医薬品だけではなく、スキンケア用品のゲルも販売されています。
身体の内側と外側の両方からの対策は欠かせず、佐藤製薬のハクビCシリーズでケアを行っている女性は多いかもしれません。

ハクビCゲルにどのような特徴があるのか、以下では簡単にまとめてみました。

・ビタミンC誘導体(リン酸L-アルコルビルマグネシウム)を6%と高濃度で配合したシミ対策用の美容液
・抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウムがニキビや日焼け後の火照りを抑える
・浸透性が良い透明ジェルタイプでピンポイントで肌荒れにアプローチしてくれる
・20gで2,250円とお求めやすい価格で販売されているが、エタノールを含むので敏感肌の人には刺激が強い

ホルモンバランスの乱れや肌の乾燥など、トラブルの原因は毎日の生活の中に潜んでおり、スキンケアの一環としてハクビCゲルを使えば、より良い状態で保てるはずです。

ハクビCホワイトの価格は?通販で購入できるの?

ハクビCホワイトの価格

お近くの薬局やドラッグストアだけではなく、ハクビCホワイトは通販で購入できる医薬品となっています。
Amazonの販売ページを見てみると、180粒で2,225円で販売されている事が分かりました。

実店舗の定価はもう少し料金が高くなるので、激安の料金でシミやそばかすの対策を身体の内側から始めたい人はAmazonで購入するのが良いでしょう。
大手の通販サイトなので安心ですし、下へとスクロールすればハクビCホワイトを飲んだ人のレビューをチェックできます。

ハクビCホワイトの正しい飲み方は?

ハクビCホワイトの正しい飲み方

サプリメントではなく医薬品という事で、以下ではハクビCホワイトの正しい飲み方をまとめてみました。

・15歳以上の成人は1回2錠を1日に3回(朝昼晩)
・7歳~14歳は1回1錠を1日に3回(朝昼晩)
・7歳未満の子供は服用してはいけない

医薬品なので、用法や用量が正確に定められており、不快な症状を引き起こさないためにも、きちんと厳守しなければなりません。

また、ハクビCホワイトは、妊娠期や授乳中の体力低下のサポートとして摂取する事が出来ます。
しかし、この時期の女性の身体はデリケートなので、ハクビCホワイトを飲み始める前にかかりつけの医師へと相談してください。

副作用のリスクはあるの?

ハクビCホワイトの添付文書によると、以下の副作用のリスクがあると表記されていました。

  • 悪心
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 発疹

1回の服用量や1日の回数を増やしていると、効き目があり過ぎて上記の症状が引き起こされるリスクがあります。
第3類医薬品なので穏やかな作用が期待出来ますが、副作用のリスクがある点では一緒なので飲み方を確認しておいてください。

ハクビCホワイトの販売会社概要

会社名:佐藤製薬株式会社
本社所在地:〒107-0051 東京都港区元赤坂1-5-27 AHCビル
設立:1939年8月1日
代表者:佐藤 誠一
ホームページ:ハクビCホワイトの公式サイトはコチラ

当サイトでオススメしている医薬品

【シミ・そばかすの医薬品オススメ2選】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. キミエホワイトプラス

    キミエホワイトプラスのランキングキミエホワイトプラス

    第3類医薬品として、効果がしっかりと認められています。緩和するだけでなく、しっかりと治すのが特徴です。また、しみ、そばかすだけではなく、大人ニキビ、吹き出物、倦怠感、二日酔いにも効きます。1日1錠で飲みやすく、初回1,900円にて購入出来るため、利用しやすいというのも魅力と言えます。

  2. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。