鼻のシミ

場所が場所なだけあって、意外と目立つ鼻のシミにお悩みではありませんか?
当ページでは、鼻にできるシミの原因と鼻のシミ対策、そして鼻のシミを治療する方法についてご紹介していきます。

⇒管理人も利用したシミ・そばかすに効く医薬品はこちら。

鼻のシミの原因・多い年代は?

鼻にできるシミも、他の部位にできる多くのシミと同じように、多くは紫外線が原因となっています。
顔の中でも鼻は高い位置にあるので、紫外線を浴びやすい状態となっています。
そのため、紫外線によるシミが多いのです。

他に考えられる原因は、摩擦など刺激によるシミです。
思春期のころ、鼻にニキビができてしまった…という経験を持つ人は沢山いるかと思います。

ニキビやニキビ跡など、気になってしまい無理に触ってしまうと、皮膚にいつも以上のダメージを与えることになります。
ダメージを与えるとメラニンが活発となり、シミができやすい状態になってしまうのです。

紫外線を多く浴びる生活をしていれば、若くてもシミは出来てしまいます。
鼻にシミができる年代はどの年代が多い、とは言えません。
紫外線を浴びやすい部位であることを意識して、常日頃注意が必要です。

鼻にできているのはシミ?ほくろ?

鼻にできているのはシミかほくろか

シミとほくろの違いをみなさんはご存知でしょうか。
そもそも何が違うの?と思う人もいるかもしれません。

シミはメラニン色素が沈着して出来たものです。
一方ほくろは、メラノサイトが集まったものです。

今度は、メラノサイトって何?と思うでしょう。
メラノサイトとは、分かりやすく言えばメラニン色素のお母さんです!

メラノサイトは別名メラニン細胞、とも呼ばれています。
このメラノサイト(メラニン細胞)が、シミの元となるメラニン色素を作り出しています。

シミの大きな特徴として、

  • 薄い茶色である
  • 盛り上がったりざらざらしていないもの

という特徴があります。

ほくろの大きな特徴は、

  • 色が黒、または黒に近い
  • 盛り上がりやざらつきがみられる
  • 毛が生えることがある

という特徴があります。

特徴を知っていれば、自分の鼻に出来ているのは、シミかほくろか理解する事が出来ます。

鼻のシミは病気に関係があるって本当?

鼻のシミは病気に関係があるって本当なのか

シミが出来たからといって、特に恐れる必要はありませんが、ひとつ注意しなくてはならないものがあります。
それは、時間が経つほどに肥大化・突起状になるシミ・ほくろについてです。

このようなシミ・ほくろは、皮膚がんを発症している場合があります。
ただし、脂漏性角化症というイボのように盛り上がる良性のシミもありますので、自己診断は危険です。
気になるシミが表れたら、出来るだけ早く専門の医師に相談するのが賢明と言えます。

鼻のシミはシミ取り治療できる?

鼻のシミはシミ取り治療できるのか

鼻も顔の一部ですから、顔と同じように鼻のシミもシミ取り治療を行う事が出来ます。
シミ取り治療を行う場所は、皮膚科でも美容外科でも問題ありません。
きちんと下調べを行い、安心できる医院に相談すると良いでしょう。

鼻のシミはレーザー治療できる?

鼻のシミもレーザー治療を行う事が出来ます。
鼻のシミにも種類があるため、それぞれシミに合ったレーザーで治療します。

ただ、レーザー治療の後は、治療した部位を絆創膏などで保護する必要が出てくるため、鼻という目立つ部位である以上、しばらくの間はすこし目立った格好になってしまうでしょう。
レーザー治療以外にも、外用薬や内服薬で治していく方法もあります。

どちらの治療も治療期間や料金、副作用や術後の影響などメリット・デメリットはあります。
しかし、医師と相談の上ベストな治療を選択するようにしましょう。

鼻のシミは化粧品で消すことができる?

比較的できて日の浅いものであれば、シミ取りを目的とした化粧品で十分にケアする事が出来ます。
しかし、できて日の経ってしまったものやイボ状のもの、ほくろはシミ取り化粧品では消すことは難しいでしょう。

また、消すのではなく隠す方法もあります。
技術と練習が必要になるかもしれませんが、ファンデーションやコンシーラーを使って一時的にシミを隠す事が出来ます。

体質や皮膚の色によって必要なメイクアイテムは変わってきます。
そのため、少々模索が必要となりますが、今すぐ治療にはいけない…という時にはオススメの方法です。

鼻のシミを予防するための対策はある?

鼻のシミを予防するための対策

やはり、紫外線を浴びやすい部位ですので、徹底した紫外線対策が必要となるでしょう。
新陳代謝を活性化して、肌のターンオーバーを促進する生活を意識するのも良いと思います。
ビタミンA・C・EやビタミンB、リコピン、ポリフェノールを摂取すると新陳代謝の促進が見込めます。

また、摩擦や刺激によってシミを作り出しやすい状態にしないためにも、ニキビを刺激したり小鼻の黒ずみが気になる…と無理に角栓を絞りだしたりして刺激を与えたりする事も控えた方が良いでしょう。

手軽な化粧品によるケアの方法のひとつとして、馬油には肌のターンオーバーを促進する効果があります。
生活に取り入れてみるのも良いのではないでしょうか。

⇒管理人も利用したシミ・そばかすに効く医薬品はこちら。

鼻のシミについてのまとめ

鼻のシミについてのまとめ

鼻のシミも他の部位にできるシミと同様にシミ取り治療が行えます。
しかし、シミの状態によっては思いもよらぬ病気になっているかもしれません。

少しでもアレ?おかしいな?と思ったらセルフケアを選択するのではなく、専門の医師に相談しましょう。
鼻は紫外線を浴びやすい部位だからこそ、シミができやすい部位です。
他の部位より入念に紫外線対策を行うことが、鼻のシミを予防する一番の方法ではないでしょうか。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ2選】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。

  2. キミエホワイトプラス

    キミエホワイトプラスのランキングキミエホワイトプラス

    第3類医薬品として、効果がしっかりと認められています。緩和するだけでなく、しっかりと治すのが特徴です。また、しみ、そばかすだけではなく、大人ニキビ、吹き出物、倦怠感、二日酔いにも効きます。1日1錠で飲みやすく、初回1,900円にて購入出来るため、利用しやすいというのも魅力と言えます。