シミとヘパリン

肌にできたシミを消す方法と言えば、化粧品を使ったスキンケアや皮膚科・美容外科でのレーザー治療などが思い浮かぶと思います。

実はシミケアには、医薬品でよく見かけるヘパリン類似物質を取り入れるという方法もあります。
ヘパリン類似物質がシミにどのような効果をもたらしてくれるのか、これからご紹介いたします。

ヘパリン類似物質の保湿効果でシミに効く!

シミやそばかす、しわなどの肌トラブルが出来る原因の1つに、肌の乾燥があります。
肌は乾燥していると、外からの刺激から肌を守るバリアー機能が低下してしまうため、肌トラブルを引き起こしやすくなります。

実はヘパリン類似物質は、乾燥している肌に潤いを与える保湿効果があります。
そして、なんと50年以上前から乾燥肌治療成分として使われています。

そもそもヘパリン類似物質って何?

そもそも、ヘパリン類似物質が何なのかご存知ですか?
ヘパリン類似物質は、ヒルドイドと呼ばれる事もあります。

これには、痛みを伴う血栓性静脈炎や血行障害、炎症性の痛み、しもやけ、腱鞘炎、筋肉痛などの症状を和らげる効果があると言われています。
もともと、ヘパリン類似物質は、血液の凝固を防ぐ薬として研究されていました。

しかし、乾燥肌にも効果的だと言われています。
それは、ヘパリン類似物質には保湿力とバリア機能を回復させ、新陳代謝を促進する作用があるため肌の修復効果があると言われているからです。

シミに効果があるヘパリン類似物質配合の軟膏やクリームは何があるの?

シミに効果があるヘパリン類似物質配合の軟膏やクリームは何があるのか

ヘパリン類似物質は、ご存知の方の中には、既に使用されている方もいるかもしれません。
ですが、初めて知った方は、ヘパリン類似物質が配合された軟膏やクリームなどに何があるのかも知らない方が多いと思います。

ヘパリン類似物質配合の商品についてご紹介いたします。

ヒルドイドは保湿効果抜群のヘパリンクリームがシミに効く

まず、ヒルドイドはマルホ株式会社が製造販売している保湿剤で、高価な美容液と同じくらいの保湿高価が期待出来ると言われています。
ヒルドイドには、白色のクリーム状のもの、それよりも刺激が少ないソフト軟膏タイプ、肌になじみやすいローション状の物があります。

使い方は、起床時、就寝時、風呂上りや水仕事、運動後に適量優しく塗り込みます。
体が濡れている時は、よく肌を拭いてから塗る事で、乾燥してカサカサの肌に潤いを与えてくれます。

ヘパリンzクリームや軟膏もシミに効果有る

他にも、ゼリア新薬で販売されているヘパリンZクリームもあります。
これは、打ち身や捻挫などの患部の血行を促進し、組織液やリンパ液の循環を促進してくれます。

痛みを沈め、さらには傷跡を消してくれる非常に優秀なクリームです。

傷の深さや系年数にもよりますが、古い傷にも効果が期待出来ると言われています。
毎日適量を数回塗る事で、少しずつ改善されていきます。

シミには、乾燥や紫外線で出来る物の他に、怪我をして色素沈着を起こす事で出来るものもあります。
そのタイプのものは、ヘパリンzクリームを使用して、少しずつシミを改善していくと良いでしょう。

ヘパリン類似物質でシミをもっと効果的に消そう

ヘパリン類似物質でシミをもっと効果的に消そう

ヘパリン類似物質配合のクリームや軟膏は、シミへの効果が期待出来ます。
しかし、さらに効果的にシミを消す方法があります。

いくつか方法があるので、ご紹介します。

ヘパリンの効果を高めるシミケアには紫外線対策が必須!

まず、シミケアの基本中の基本は、紫外線対策です。
年々強くなる紫外線は、様々な肌トラブルを引き起こし、肌をあっという間に乾燥させてしまいます。

シミ以外の肌トラブルを引き起こさないためにも、紫外線対策は毎日行うようにしましょう。

ヘパリンと美白化粧品を一緒に使ってシミを徹底ケア

シミを消し、予防してくれる化粧品は美白化粧品です。
美白化粧品には、シミのもと・メラニン色素を排出、生成抑制してくれる美白成分が配合されています。

美白化粧品とヘパリン類似物質を上手く使い分ける事で、シミを効率的に消していきましょう。

血行促進がヘパリン効果を高めてシミを消す

ヘパリン類似物質は、血行を促進してくれる効果があります。
その効果にさらに付け加えて、お風呂にしっかりと浸かったり、体を動かして体を柔らかくしたりして、血の巡りを良くするのも、ヘパリン類似物質の効果をより引き出してくれます。

寒い時期は、体が冷えやすくなり、血の巡りも悪くなりやすいです。
体の末端や首回りをしっかりと温め、血行促進してくださいね。

シミに効くビタミンCをヘパリンと一緒に摂取する

ビタミンCは、シミのもとのメラニン色素の生成抑制、排出促進を促してくれます。
ヘパリン類似物質をシミケアに使うことに加えて、柑橘類などのビタミンCを意識して摂取するように心がけてください。

健康のためにも、バランス良く栄養素を摂る事が大切です。
ビタミンCも1日に一度に食べるのではなく、適量を毎日食べ続けていくようにしていきましょう。

ヘパリン効果を高めるシミのスペシャルケアはピーリング

シミのスペシャルケアで有名なのはピーリングです。
ピーリングは、肌にとどまっている古い角質を強制的に剥がすスキンケアです。

週に1回~2週間に1回程度のペースでケアをする事で、シミを消す効果を高めてくれます。
ヘパリン類似物質の効果をさらに引き出すためにも、ピーリングケアをスペシャルケアに取り入れていくと良いでしょう。

シミに効くヘパリン類似物質には副作用はある?

シミに効くヘパリン類似物質には副作用はある

ヘパリン類似物質が、シミケアや乾燥肌対策に効果があるなら、ぜひ浸かってみたいという方も多いのではないでしょうか。
ですが、副作用があるのかどうかも気になる所だと思います。

ヘパリン類似物資は、副作用を引き起こす事があるのでしょうか。

シミに効くヘパリンには軽い副作用が出る可能性も!

先ほどご紹介したマルホ株式会社のヒルドイドを使用した人の中で、副作用が出た人は全体の1%以下でした。
発疹や掻痒感、肌がヒリヒリするといった軽い症状がほとんどで、深刻な症状が出る事はあまりないようです。

ですが、場合によっては、自分の肌に合わない事もあります。
なんらかの異変が出た場合は、使用をすぐに辞めて皮膚科を受診するようにしてください。

シミとヘパリンのまとめ

シミとヘパリンのまとめ

ヘパリン類似物質は、副作用の可能性も低く、ドラッグストアでも手軽に購入出来るものです。
乾燥しやすい肌の方や、肌のシミが気になる方は、ヘパリン類似物質をぜひ使ってみましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用したシミ・そばかすに効く医薬品を紹介しています。
シミ・そばかすに悩んでいるという方は、参考にしてください。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。