頬のそばかす

そばかすやしみは、身体中の皮膚のどこにでも出来ます。
顔に出来るしみ・そばかすに悩んでいる方も多いと思います。

しかし、特に頬は面積も広く、人の目に触れやすい場所なので、しみ・そばかすがあるなら、さっさと治して綺麗にしたいですよね。
頬のそばかす・しみの治し方と、化粧での隠し方をご紹介いたします。

しみ・そばかすが頬にできるのはなぜ?

頬に限らず、体に出来るしみ・そばかすには原因があります。
子どもの肌に出来るそばかすなら、それは遺伝である事が多いと言えます。

しかし、大人になってから突然出来たしみ・そばかすは、自分たちの普段の行動や体調が原因で出来る事がほとんどです。
頬のしみ・そばかすの原因を見ていきましょう。

頬のしみ・そばかすは色素沈着?肝斑?

頬のしみ・そばかすは色素沈着か肝斑

頬のしみ・そばかすは、外部からの刺激で肌が色素沈着を起こして出来る場合や、肝斑と呼ばれる30~40代を超えた女性の方にできる場合があります。

しみ・そばかすは、種類によって治し方が違う事があります。
場合によっては、間違ったケアをした事で、さらにしみ・そばかすの色が濃くなる場合もあります。

自分の肌にあるしみ・そばかすの種類を特定した上でケアを行ってください。
もし、自分でなかなか判断出来ない場合は、皮膚科や美容外科で相談してみると良いでしょう。

頬にできた色素沈着のしみ・そばかすは紫外線や生活習慣が原因

まず、色素沈着が原因で出来るしみ・そばかすの原因を知りましょう。
これは主に紫外線や生活習慣が原因です。

肌は紫外線を浴びると、肌内の細胞を守るためにメラニン色素を生成し、肌色を濃くします。
ターンオーバーが正常であれば、だいたい1~2ヶ月程度で色は元に戻ります。

しかし、ターンオーバーが乱れていると、色が戻らずにそのまましみ・そばかすとなって肌に定着してしまいます。
ターンオーバーが乱れる原因は、日頃の寝不足やストレスフル、食生活の偏りや過労などです。

また、体を拭く時や洗顔の際に強くこするのも、肌を傷つける要因となります。
ニキビ跡のケアを怠ると、炎症性色素沈着を起こしてしみ・そばかすを作ります。

ついうっかり化粧を落とさずに寝るのも、肌トラブルを引き起こす危険な行為ですよね。

頬のしみ・そばかすが肝斑の場合ホルモンバランスの乱れが原因

頬骨あたりに左右対称に広がる薄い茶色のしみ・そばかすがある場合、これは「肝斑」である可能性が高いと言えます。
肝斑は、女性によく見られるしみ・そばかすですが、女性ホルモンのバランスが崩れていることが原因です。

例えば、月経前や妊娠中、ピルの服用中はホルモンバランスが乱れやすく、それにより女性の体には様々な不調を引き起こします。
女性ホルモンのバランスが整えば、自然と消えていきます。

しかし、ストレスなどでホルモンバランスも乱れ、肌のターンオーバーも乱れていると、なかなか治りにくかったりします。
肝斑を皮膚科で治療する場合、レーザー治療を施すと色が濃く恐れがあります。

これは、レーザー治療の光が皮膚の表面に現れる肝斑には、刺激が強すぎる場合があるからです。
皮膚科で治療をしたい方は、医師にしみ・そばかすの種類をハッキリと特定してもらい、治療機器の説明をしっかりと聞くようにしましょう。

頬に赤みがあるとしみ・そばかすが出来る!?

頬に赤みがあるとしみ・そばかすが出来る可能性あり

頬に赤みのある顔を「赤ら顔」と言いますが、赤ら顔に困っている方も多いのではないでしょうか。
肌が炎症を起こしているために、赤ら顔になる場合もあるので、それがしみ・そばかすを引き起こす可能性もあります。

なぜ頬の赤みがしみ・そばかすになるの?

赤ら顔は、下記のような原因があります。

  • 乾燥肌やアレルギーで肌荒れを引き起こしている
  • 赤ニキビがたくさん出ている
  • 刺激に弱い敏感肌
  • 日焼けによって皮膚が剥ける
  • もともと肌が薄くて毛細血管が透けている
  • ストレスや遺伝、老化

これらの原因で赤ら顔になりますが、これをそのまま放置していると、肌に刺激を与えてしまいます。
そのため、後々しみ・そばかすになります。

赤ら顔の方の肌は普通の肌よりも弱いことが多いのです。
スキンケアの際は、低刺激の化粧水をたっぷりと染み込ませてケアをすると、症状が軽減される場合もあります。

頬のしみ・そばかすは毎日のケアで治す!外出時はしっかりカバーする!

頬のしみ・そばかすは毎日のケアで治す

頬のしみ・そばかすを治すには、毎日のケアと予防が重要です。
特に紫外線と乾燥は、お肌の大敵です。
それを踏まえた上で、頬のしみ・そばかすの治し方・予防方法を見ていきましょう。

頬のしみ・そばかすには日焼け対策と美白化粧品での保湿対策

まず、しみ・そばかすを予防するなら、外出時の日焼け対策は毎日やりましょう。
春から夏になる日差しの強い時期に、日焼け止めクリームを塗ったり、帽子や日傘で日差しを避ける方は多いと思います。

ただ、紫外線は季節に限らず、常に照射されています。
秋・冬や曇りの日も日焼け止めクリームを塗って、肌が刺激されないようにしておくべきです。

家でのしみ・そばかすのスキンケアには、しみ・そばかすの原因であるメラニン色素を排出・メラニン色素の生成抑制してくれる美白化粧品を使って行いましょう。
ビタミンC誘導体やアルブチン酸、L-システインなどの美白成分がしみ・そばかすケアにはうってつけです。

化粧水や乳液をたっぷりと肌に染み込ませて、肌の乾燥を予防しましょう。

頬のしみ・そばかすを治すならパックも活用!

頬のしみ・そばかすを治すなら、パックをするのも効果的です。
実は家にある身近なものでも、パックを作る事が出来るのはご存知でしたか?

例えば、緑茶と小麦粉を1:2の割合で混ぜ、水で溶かして作る緑茶パックや、米ぬかや酒粕と小麦粉をだいたい2:1の割合で混ぜて、水でトロトロにさせて作る酒粕パック・米ぬかパックでしみ・そばかすケアが出来ます。

緑茶には、殺菌・抗酸化作用のあるカテキンやテアニン、しみ・そばかすのケアには最適なビタミンCやB2、E、ニキビの原因のアクネ菌を抑制するクロロフィルなど、肌に嬉しい様々な栄養素が含まれています。
一方、酒粕・米ぬかも、新陳代謝を良くしてくれるB1、B2や、保湿効果のあるオリザブラス成分、毛穴詰まりを溶かしてくれるアルカリ性の性質も持っています。

市販でもこれらの成分が含まれた商品が売られています。
しかし、手作りなら手頃に作れるので試してみてはいかがでしょうか。

生活習慣の見直しやビタミン類の摂取も頬のしみ・そばかすケアに有効

先ほど、ストレスや寝不足、偏食がしみ・そばかすの原因と紹介しました。
しみ・そばかすを治したいなら、これらの生活習慣を改めることが重要です。

早寝早起きの規則正しい生活をしたり、お風呂に長く使ったりアロマを焚いたりしてストレスを発散、しみ・そばかすに効くビタミンC・A・Eを毎日適量取り入れて内側からしみ・そばかすケアをするのも効果的でしょう。

生活習慣の見直しは、美肌のためだけでなく、これからの健康のためにも非常に大切な事ですので、この機会に改めていきましょう。

医薬品を使って体の内側から頬のしみ・そばかすケアをしよう

しかし、忙しく日々の生活に追われている方も多いのではないでしょうか。
時間をかけたスキンケアや、生活習慣や偏食改善をしようにも難しいという方は、思い切って医薬品の力を借りましょう。

ハイチオールCやトランシーノホワイトCなど、CMでも良く見られる医薬品もあります。
しかし、ここでは「ロスミンローヤル」と「キミエホワイト」をご紹介いたします。

この二つは、副作用の危険性が低く安心して飲める第三類医薬品で、インターネットで購入が出来ます。
しみ・そばかすだけでなく、肌にハリを戻してシワを目立たなくしてくれたり、生理痛や血行不良など女性特有の不調の改善、女性だけでなく男性にも嬉しい疲労回復の効果も期待出来ます。

ロスミンローヤルは1ヶ月分の定価が8,208円、キミエホワイトは1ヶ月分4,200円ですが、初回のみ半額以下で購入できます。
まず試しに1ヶ月使用してみると良いと思います。

頬のしみ・そばかすをカバーするならコンシーラーを使おう!

最終的には、しみ・そばかすのない美肌を目指したいところです。
しかし、しみ・そばかすは1日2日では治りきらないため、治るまでメイクで誤魔化すしかありません。

頬のしみ・そばかすを隠すには、ファンデーションの他に、部分的にカバーしてくれるコンシーラーを使いましょう。
コンシーラーは気になるしみ・そばかすにひと塗りして、指の腹でトントンと叩きながらファンデーションとなじませてしみ・そばかすを目立たなくする効果があります。

コンシーラーを購入する際は、自分の肌色に合うものを選びましょう。
また、完全に隠してしまいたいからといって、大量にコンシーラーを塗るのは避けましょう。

厚塗りは、笑った時に崩れたり型ができたりする恐れがあります。
あくまでも、薄く塗ってしみ・そばかすを目立たなくするために使いましょう。

プチプラコンシーラーを頬のしみ・そばかすカバーに使ってみよう

コンシーラーは値段が高く、効果も高いものも沢山あります。
しかし、最近ではお手頃な値段で購入できるコンシーラーも存在します。

例えばプチプラで有名なキャンメイクのカラースティック(580円)やカバー&ストレッチコンシーラーUV(780円)、ノブのコンシーラー(1,500円)、オルビスのスムーズマットベース(1,200円)などがあります。
1,500円以下で購入できるので、手の出しやすい値段ですね。

コンシーラーは1本持っていると何かと便利なので、まずはプチプラ商品から使ってみるのもアリかもしれませんね。

頬のしみ・そばかすは約半年のレーザー治療で薄くなる!

頬のしみ・そばかすをレーザー治療で治してしまいたい方は、皮膚科や美容外科へ行ってみましょう。
メラニン色素による色素沈着のそばかすであれば、だいたい半年ほどで良くなります。

ただ、先述したように肝斑の場合で、レーザー治療をする場合は要注意です。
メラニン色素を除去するためのレーザーを照射されると、刺激が強すぎて肝斑が濃くなる場合があるからです。

以前までは、肝斑にレーザー治療はNGでしたが、最近では肝斑にも使えるレーザー機器も開発されています。
医師に、しみ・そばかすの種類を明確に判断してもらって治療に臨みましょう。

レーザー治療を受ける場合はデメリットも知っておこう

レーザー治療は、効率的にしみ・そばかす治療ができる治療方法です。
しかし、その反面デメリットも存在します。

まずは、美容治療のため、保険が適用されずに治療費が全額負担になる場合があります。
レーザー治療は1つのしみ・そばかすで、10,000円以上掛かる事がほとんどどです。

だいたい半月に1回のペースで通わなければいけません。
そのため、完全に綺麗になるまで、10万円以上掛かる事は大いにあり得ます。

また、レーザー治療はメラニン色素を無理やり除去する治療ですので、肌に非常に負担が掛かります。
治療後の約1~2週間は、ダウンタイムと呼ばれる肌の弱い期間が存在します。

その期間はいつも以上に念入りな紫外線対策と保湿ケアをしないと、ちょっとした刺激でも肌は炎症を起こして色素沈着を起こす恐れがあります。
せっかく治療をしたのに、しみ・そばかすを濃くする恐れがあるので注意しましょう。

頬のそばかすのまとめ

頬のそばかすのまとめ

頬のしみ・そばかすの治し方は、今回紹介した以外にも様々な方法が存在します。
例えば、皮膚科で内服薬と外用薬を処方してもらったり、馬油や蜂蜜を使ったしみ・そばかすケア、ピーリング剤を使ってターンオーバーを促すスペシャルケアをしたりなど、色々な方向からアプローチが出来ます。

隠し方にも、ベースの塗り方を変えたり、ハイライトで光を出して目立たなくさせる方法もあります。
しみ・そばかすの治し方や隠し方は自分に合った方法で、無理なく続けることが大切です。

色々実践して自分に最適な方法を見つけてみましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用したシミ、そばかすに効く医薬品を紹介しています。
シミ、そばかすに悩んでいる方は、ぜひ試してみる事をオススメします。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。