ハイドロキノンでシミ対策

シミに効果のある成分は沢山ありますが、シミは元から断たなければ再発する事があります。
シミを元から断つ成分は、現在美容成分として使われているビタミンCなどがありますが、成分によって効果の高さには違いがあるので、何を選ぶかが重要です。

ハイドロキノンは、シミを元から消す事が出来ます。
また、効果が高い成分なので、現在のシミ治療では最も使われる事が多い成分になっています。

ハイドロキノンとは何か?

ハイドロキノンとは、皮膚科での治療で使われる事が多い医薬品で、別名「肌の漂白剤」と言われるシミの特効薬です。
基本的にハイドロキノンを使うと、シミの多くは消す事が出来ます。

元々は写真現像時に使われていた還元剤で、写真の現像に携わる人の手が白くて美しかった事から美白効果を見出されました。
現在では、シミの治療薬として皮膚科で使われるようになった成分です。

アメリカでは美白と言えばこのハイドロキノンで、日常的に使われています。
日本でも過去にモノベンゾンという名の医薬品として使われていましたが、使用が禁止されました。
現在は使用禁止が解かれたため、新しい美白成分として活用されています。

ハイドロキノンとハイドロキシンの違い

ハイドロキノンは、「ハイドロキシン」と言われることがあります。
つまり、ハイドロキシン=ハイドロキノンという事ですが、正式には「ハイドロキノン」が正解です。

シミにハイドロキノンが効く理由

シミにハイドロキノンが有効な理由は、ハイドロキノンがシミの原因を元から壊してくれるからです。

シミの原因は、メラニン色素という日焼けの時に黒い肌を作り出す色素ですが、メラニン色素は肌に残ることがあり、これは積み重なるとシミになります。
一度シミの元となるメラニン色素が肌にたまると、メラニン色素はどんどん作られていきます。
しかし、ハイドロキノンは、メラニン色素を作る部分を機能させないように働くので、シミは徐々になくなるのです。

また、メラニン色素を「還元」して消してしまうので、肌からシミの元であるメラニン色素も取り去って綺麗になります。
ハイドロキノンによるシミの治療は、シミの再発も抑えてくれるので、現在ではシミの治療薬として一番の選択肢です。

ハイドロキノン配合の化粧品でシミ対策

ハイドロキノン配合の化粧品

最近では、ハイドロキノンを配合した化粧品が販売されています。
配合量が少ないのでシミを消す効果はあまり期待出来ませんが、シミの抑制効果はある程度あるので、使い続けることでシミが出来にくいと言えます。
また、今あるシミの成長も抑えられる効果があるものです。

ハイドロキノン化粧品は基本的に大きな効果を期待できないのですが、中にはある程度の効果を期待できるものもあります。

シミを抑制する市販ハイドロキノンクリーム

市販品でハイドロキノンの効果が高いのは、ハイドロキノン配合のクリームです。

価格帯にもよりますが、化粧品の中では高い配合率である事が多いので、シミへの効果も期待出来ます。
しかし、市販のハイドロキノンクリームは高価であることが多く、含有量が多くなると8,000円以上するので、高級化粧品と大差ない費用が必要です。

ハイドロキノンでシミ消すなら皮膚科が良い

市販品にもハイドロキノンを含む化粧品やクリームがありますが、効果で配合量も少な目なので、効果的にはあまり期待できないものが多めです。
しかし、皮膚科に行けば、濃度の高いハイドロキノンクリームが市販品よりも安く入手できます。

また、皮膚科医にシミを消すための相談や、必要な診察も受ける事が可能です。
そのため、ハイドロキノンを使ったシミ治療を考えるのなら、皮膚科を訪れた方が費用が安く、よい良いシミ治療が出来ます。

また、皮膚科ではハイドロキシンの他に、トレチノインなどのシミ治療に効果がある医薬品を同時に出してくれます。
市販品よりも早く、効果の高いシミ治療が出来ます。

ハイドロキノンの副作用はある?

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンはシミを消す効果が高く、シミに悩む人には利用価値の高い薬です。
しかし、過去に日本でも使われていたハイドロキノンは、2001年まで副作用が理由で、医薬品としての使用が禁止されていました。

使い方を間違えたり、体質に合わなければ、副作用が起きる事は間違いありません。
そのため、ハイドロキノンを使ってシミを消す場合は、医師の指示があった方が安全度が高くなります。

ハイドロキノンは白斑や炎症を起こすことがある

ハイドロキノンの副作用の代表的なものは、炎症と白斑です。

炎症は劣化したハイドロキノンを使ったり、肌に合わない濃度のハイドロキノンを使った時に起こる事があります。
ハイドロキノンは強力な成分であり、酸化しやすい成分でもあるので、古いものや濃度の濃いものを使うと肌にダメージを与える事があり、これが炎症を引き起こします。

また、ハイドロキノンはメラニン色素を完全に取り去ってしまいます。
そのため、高濃度のものや使い過ぎは、肌の色を真っ白にしてしまい、まだら模様になる「白斑」という状態にする事があります。
白斑は健康状態に影響はしませんが、容姿に著しく影響するので決して良い状態ではありません。

ハイドロキシンでシミが悪化

ハイドロキノンを使う場合、しっかりとした紫外線対策が必要です。
紫外線対策をしておかないと、ハイドロキノンを塗った部分のシミが悪化するので、ハイドロキノンでシミを消す場合は、強力な紫外線対策も必要になります。

ハイドロキノンで痛みや赤みが出る

ハイドロキノンを使っていると、痛みや赤みになる場合があります。
これは炎症を起こしている場合もありますが、使い始めに出た赤みであれば、好転反応と言われるものです。
ハイドロキシンが浸透していることを示すもので、副作用には違いありませんが、ハイドロキシンが効いている証拠と言えます。

ただし、赤みが出た場合は使用を中止する必要があるので、赤みが引くまでハイドロキシンは使えません。
通常は2~3日で赤みは引いていきます。

副作用を抑えてハイドロキシンを使うには?

ハイドロキシンは他の美容成分と比べると、副作用が少し出やすいので、安全に使うためには医師の指導が必要です。
使い方を間違えるとシミが増える原因にもなるので、ハイドロキシンの効果を最大限に発揮させるためにも、皮膚科医の指導の下でハイドロキシンを使うことオススメします。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ2選】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。

  2. キミエホワイトプラス

    キミエホワイトプラスのランキングキミエホワイトプラス

    第3類医薬品として、効果がしっかりと認められています。緩和するだけでなく、しっかりと治すのが特徴です。また、しみ、そばかすだけではなく、大人ニキビ、吹き出物、倦怠感、二日酔いにも効きます。1日1錠で飲みやすく、初回1,900円にて購入出来るため、利用しやすいというのも魅力と言えます。