そばかすと遺伝

そばかすは遺伝が原因で出来る事があります。
遺伝性のそばかすは、幼い頃から肌に出てくるため年頃の子供にとってはコンプレックスに感じる事もあるようです。

出来れば遺伝性のそばかすは薄くして消したいと思います。
では、ケア方法と治療法についてご紹介いたします。

遺伝性のそばかすが子供に遺伝する確率は?

もし自分が生まれつきそばかすがある場合、後に生まれてくる自分の子供にそばかすが遺伝する確率はどのくらいあるのでしょうか?

これは非常に曖昧ですが、50%未満と言われており、必ずしも遺伝するものではありません。
また、遺伝でそばかすができやすい体質であっても、そばかすが出るか出ないかは日々の予防によって大きく変わってきます。

予防については後ほどご紹介いたします。

遺伝性のそばかすは消えるの?

遺伝性のそばかすは消える

遺伝のものは一生消えないのでは?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
実は、一生消えないか、消えるかも日々の予防やケアによって大きく変化していきます。

遺伝性のそばかすは思春期を過ぎる頃に薄くなる

遺伝性のそばかすは、思春期を過ぎて成人する頃には自然になくなっていきます。
しかし、人によっては思春期を過ぎても、そばかすが残る事もあります。

そばかすが残る最も大きな原因は、紫外線による刺激です。
毎日の紫外線対策を怠って直射日光を浴びていると、肌は傷つき、細胞内にどんどん刺激が蓄積されていきます。

また、化粧水や乳液を使ってのスキンケアもしないと、肌は乾燥します。
そしてさらに傷つきやすくなって、そばかすができます。

他にも睡眠不足や偏食、タオルなどで肌をこすり過ぎたりなど、日々の様々な活動で肌はトラブルを引き起こしやすい体質になってしまいます。
そのため、思春期を過ぎてもそばかすは消えず、そばかすやシミなどの肌トラブルを招いてしまうのです。

遺伝性のそばかすを消す・薄くする方法

遺伝性のそばかすを消す・薄くする方法

では、遺伝性のそばかすを消す方法はあるのでしょうか?

毎日の紫外線対策と保湿ケアでそばかす予防

まずは毎日の紫外線対策とスキンケアは、必ず行ってそばかすを予防しましょう。
紫外線対策には日焼け止めクリームをこまめに塗り、できる限り直射日光を浴びないように帽子やサングラス、アームカバーなどで肌をガードしてください。

その後は、肌が乾燥しないように化粧水・乳液などで保湿ケアを念入りに行ってください。
子供の肌に日焼け止めクリームや化粧水・乳液を使う場合は、子供用もしくは低刺激のものを選んで使わせてください。

子供の肌は大人よりも敏感なため、炎症を起こす場合があります。
不安な方は、まずはパッチテストをしてから使いましょう。

美白化粧品を使うとそばかすは徐々に消える

そばかすを消すには、シミ・そばかす対策に使われる美白化粧品を使いましょう。

美白化粧品には、アルブチン酸やビタミンC誘導体などの美白成分が配合されています。
美白成分は、シミやそばかすの原因になるメラニン色素が細胞内で過剰に生成されないように抑制する抗酸化作用や、肌にとどまるメラニン色素を排出する作用が含まれています。

すぐに効果が現れるわけではありません。
しかし、毎日使い続けることで徐々にそばかすは消えていき、肌本来の色に戻っていきます。

生活習慣の見直し!そばかすを薄くする食材は?

寝不足や偏食などの生活習慣を改める事も、そばかすを減らすきっかけになります。
肌は寝ている間に生まれ変わると言われており、寝る時間が少ないと、肌の再生が難しくなります。

また、肌をきれいにする食材を避けて偏った食生活を送っていると、それも肌トラブルを招く原因になります。
まずは規則正しい生活を心がけ、ビタミンC・A・Eやリコピンなどの美白成分の含まれる食材を意識して毎日取り入れるようにしてください。

ストレスも肌に負荷が掛かるので、お風呂につかるなどしてリラックスして肌を労わりましょう。

遺伝性のそばかすを消すなら第三類医薬品で治療

そばかすケアには、生活習慣の改めとスキンケア、紫外線対策でも十分です。
さらに効果を引き出したい方は、医薬品やサプリを使ってみると良いでしょう。

薬と聞くと副作用も心配で少し抵抗がある方もいるかもしれませんね。

そばかすだけでなくシミやニキビなどの肌荒れ、さらには女性特有の疲れや血行不良などを解決してくれる「ロスミンローヤル」や「キミエホワイト」は、副作用の心配が少ない第三類医薬品です。

また、この2つは公式サイトで購入すると、初回限定で半額以下で購入できます。
まずは1ヶ月試して変化を見てみるのも良いかもしれませんね。

遺伝性のそばかすはハイドロキノンで消せるの?

遺伝性のそばかすはハイドロキノンで消せるのか

ハイドロキノンという外用薬はご存知ですか?
これは、「肌の漂白剤」と言われるほど強い効果がある美白成分です。

ハイドロキノンは、遺伝性のそばかすにも効果があるのでしょうか?

ハイドロキノンはそばかす治療でも使う外用薬

ハイドロキノンは、そばかすの原因であるメラニン色素を作り出すチロシナーゼと呼ばれる酵素の働きを抑える抗酸化作用があります。
また、肌にとどまるメラニン色素を排出する強い還元作用もあります。

ハイドロキノンは、皮膚科や美容外科でのシミ・そばかす治療でも使われる事のある薬です。
その効果は非常に高いと言われています。

遺伝性のそばかすはハイドロキノンで完全には消せない!

ただ、遺伝性のそばかすにハイドロキノンを使用する場合、完全に消えてしまうわけではありません。
それは、ハイドロキノンによって一時的にそばかすをなくしても、遺伝性の場合だとそばかすが再発する恐れがあるからです。

また、メラニン色素を無色にするわけではないため、薄く残ってしまう場合もあります。
完全に消してしまいたいと思って、ハイドロキノンを頻繁に使うことは絶対に避けてください。

ハイドロキノンは非常に効果の強い成分です。
医師や薬剤師の指示通りに使わずにいると、肌が炎症を起こす恐れがあります。

また、ハイドロキノンの使い過ぎで、メラニン色素が完全になくなる白斑と呼ばれる副作用を引き起こしかねません。
ハイドロキノンの使い方と、使用時の効果をしっかりと把握した上で使用してください。

レーザー治療で遺伝性のそばかすは消す事が可能?

レーザー治療で遺伝性のそばかすは消すことが可能

遺伝性のそばかすにレーザー治療は可能です。
しかし、先ほどのハイドロキノンの件と同じで、遺伝性だと治療後に再発の可能性が有ります。

レーザー治療を受ける場合は、遺伝性のそばかすが落ち着く思春期を過ぎた頃や成人してからがオススメです。
また、その頃にレーザー治療を受けた場合も、自身のアフターケアをしっかりと行って再発を防止しましょう。

レーザー治療は、一度の治療で1万円以上掛かります。
治療を希望する場合は、医師と相談して最適な治療を施してもらうようにしましょう。

遺伝のそばかすのまとめ

遺伝のそばかすのまとめ

遺伝性のそばかすは治療やスキンケア、予防によって消す事は可能です。
また、様々な方法があるので、自分に合う方法で行いましょう。

時間やお金がないにも関わらず無理して治療やスキンケアをすると、むしろ肌にストレスが掛かる可能性もあります。
自分の生活に合う方法を探してみてください。

当サイトでは、管理人も実際に利用したシミ・そばかすに効く医薬品を紹介しています。
シミ・そばかすに悩んでいるという方は、ぜひ試してみてください。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ2選】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。

  2. キミエホワイトプラス

    キミエホワイトプラスのランキングキミエホワイトプラス

    第3類医薬品として、効果がしっかりと認められています。緩和するだけでなく、しっかりと治すのが特徴です。また、しみ、そばかすだけではなく、大人ニキビ、吹き出物、倦怠感、二日酔いにも効きます。1日1錠で飲みやすく、初回1,900円にて購入出来るため、利用しやすいというのも魅力と言えます。