ビタミンC「イワキ」の評判・口コミ

ビタミンC「イワキ」は、岩城製薬から販売されている第3類医薬品です。
商品名の通りアスコルビン酸(ビタミンC原末)を豊富に含んでいるお薬で、普段の食生活では足りないビタミンCを効率良く補給出来ます。

ビタミンC「イワキ」の服用により、具体的にどんな効果が期待出来るのか見ていきましょう。

  • 加齢によって引き起こされやすいシミやそばかすの症状を和らげる
  • 日焼けによる色素沈着やかぶれなどの肌荒れを緩和する
  • 歯茎からの出血や鼻血を予防する
  • 肉体疲労時や病中病後の体力低下時の栄養補給に繋がる

ビタミンCは私たちが生きていくに当たり、欠かせない栄養素と言っても過言ではありません。
そんな成分を効率良く補給出来るのがビタミンC「イワキ」で、シミを抑えたり肌荒れを予防したりと美容面でも大きな効果を発揮してくれます。

ビタミンC「イワキ」の評判や口コミをチェック!

・顔と身体のシミを内側から何とかしたいと考えてビタミンC「イワキ」を飲むことにしました
・医薬品だからなのか、他のビタミンCサプリメントよりも効き目があるような気がします
・炭酸やお湯など色々な飲み物と混ぜ合わせて飲めるところがお気に入りです
・風邪やインフルエンザなど体調不良で悩まされにくくなりました
・毎日適量を飲み続けていますが、身体には大きな変化が引き起こされていません
・使用期限は長めに設定されているので飲み切れない心配はありませんよ
・どの粉末よりも岩城製薬のビタミンC「イワキ」は酸味が抑えられていると思いました
・妊娠中のビタミンC不足を補うために毎日ビタミンC「イワキ」を飲んでいます
・食前ではなく食後に飲んでいれば胃腸への刺激を抑えられますよ

⇒管理人も利用したシミ・そばかすに効く医薬品はこちら。

ビタミンC「イワキ」に含まれている成分は?

ビタミンC「イワキ」に含まれている成分

ビタミンC「イワキ」は1日に2gが目安摂取量となり、そのまま2gのアスコルビン酸(ビタミンC)を補給可能です。
余計な成分や栄養素は一切含まれておらず、ビタミンCだけに焦点を当てて体内へと取り入れられるのがメリットなのではないでしょうか。

ビタミンCは野菜や果物から摂取できるものの、以下のように様々な原因で消費される特徴があります。

  • タバコを吸ってニコチンやタールなどの有害物質が血液の中に侵入している(タバコ1本で25㎎のビタミンCが消費される)
  • ビールや焼酎など浴びるようにお酒を飲んでいると、アルコールが肝臓で分解される際にビタミンCが消費される
  • 日々の生活の中で精神的なストレスを抱えていて発散出来ていない(ストレスで作り出される抗ストレスホルモンはビタミンCを材料としている)
  • 汗をかくような激しい運動やトレーニングをしている(酸素が体内に取り込まれて活性酸素が増えるのが原因)

運動やトレーニングで身体を動かすのは健康的でも、食生活が乱れているとビタミンC不足に陥りやすいので、気を付けなければなりませんね。

そんな時に医薬品のビタミンC「イワキ」が役立ち、ビタミンCだけに焦点を当ててバランス良く補給できるのです。

ビタミンC「イワキ」の価格は?

ビタミンC「イワキ」の価格

ビタミンC「イワキ」は、200gと500gの2種類が用意されています。
どちらもビタミンCの原末で、他の飲み物や食べ物と一緒に摂取してもOKです。

以下では、インターネット通販でビタミンC「イワキ」がどの程度の価格で販売されているのかまとめてみました。

200g

くすりのレディ:1,794円
あるあるの森:1,795円
メディストック:1,860円
Amazon:2,130円
マツモトキヨシオンラインショップ:2,138円
サンドラッグ:2,345円

500g

くすりのレディ:3,869円
あるあるの森:3,870円
Amazon:4,133円
メディストック:4,320円
ビックカメラ.com:4,546円
爽快ドラッグ:4,780円

長くビタミンC「イワキ」を飲み続けて美容や健康を促したいと考えている方には、1g当たりの価格が安い500gの原末がおすすめですよ。

ビタミンC「イワキ」の正しい飲み方は?

ビタミンC「イワキ」の正しい飲み方

他の医薬品とは異なり、ビタミンC「イワキ」は主成分がビタミンCで他の添加物は少なくなっています。
身体への安全性は非常に高いのですが、医薬品である以上は正しい飲み方で続けなければなりません。

15歳以上の成人:1回当たり1gで1日に2回
15歳未満の子供:服用させてはいけない

上記のように年齢別の飲み方がビタミンC「イワキ」の添付文書では記載されていました。
1日に2回に渡って服用する場合は、朝と夕の食後というタイミングを守りましょう。

ビタミンC「イワキ」に副作用のリスクはある?

ビタミンC「イワキ」を服用し、以下の症状が出た場合は副作用の可能性があります。

ビタミンCがメインの成分だからこそ副作用のリスクは少ないものの、吐き気や下痢の症状が出た場合は服用を中止しなければなりません。
ビタミンC「イワキ」の服用を中止しても不快な症状が増強する場合は、医師や薬剤師へと相談してみてください。

⇒管理人も利用したシミ・そばかすに効く医薬品はこちら。

ビタミンC「イワキ」の販売会社概要

会社名:岩城製薬株式会社
本社所在地:東京都中央区日本橋本町4丁目8番2号
創業:1931(昭和6)年1月28日
代表者: 伊藤 龍雄
ホームページ:ビタミンC「イワキ」の公式サイトはコチラ

当サイトでオススメしている医薬品

【シミ・そばかすの医薬品オススメ2選】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。

  2. キミエホワイトプラス

    キミエホワイトプラスのランキングキミエホワイトプラス

    第3類医薬品として、効果がしっかりと認められています。緩和するだけでなく、しっかりと治すのが特徴です。また、しみ、そばかすだけではなく、大人ニキビ、吹き出物、倦怠感、二日酔いにも効きます。1日1錠で飲みやすく、初回1,900円にて購入出来るため、利用しやすいというのも魅力と言えます。