肝斑の原因と治療の方法

肝斑とはシミの1種で、他のシミと違い特徴がハッキリしているので、すぐに見分ける事が出来ます。
男女共に発生しますが、女性の方が発生しやすく、40代になるとかなりの頻度で出来るシミです。

ただし、シミの中では治療がしやすいので、適切な対処をすれば肝斑は綺麗に消す事が出来ます。
具体的な肝斑を消す方法を挙げているので、参考にしてみてください。

肝斑って治るの?

肝斑は治せるシミです。
治す方法は市販薬や美白化粧品などで自分で消す方法と、美容皮膚科で治療する方法があります。
基本的に自分で治す場合は、肝斑が消えるまで時間が掛かり、美容皮膚科での治療は早い段階で肝斑を消す事が出来ます。

肝斑とは?

肝斑とは、顔の目元から頬骨あたりに出現し、顔の右側と左側に同じくらいの広さのシミができる症状の事です。
大きさは個人差がありますが、10円玉大から500円玉大が多く、色は茶褐色、あるいは少し緑がかった黒色が多く見られます。

時には口元にも表れる事があり、顔の面積に対して大きいシミが出来てしまいます。
容姿を大きく変化させる事があるため、ストレスの原因になる事もあるシミです。

肝斑の原因は女性ホルモンと紫外線

肝斑の最大の特徴は、発生する場所がほぼ顔の目元から頬骨あたりになる事と、発生すると必ず左右対称に現れる事です。

肝斑の原因とされているのは、女性ホルモンと紫外線です。
女性の場合は、更年期に差し掛かる30代後半から40代になると発症しやすくなり、50代を過ぎると高確率で肝斑が出てきます。

肝斑が紫外線で出来る場合は、紫外線対策を行なわなかったために蓄積された肌のダメージが原因です。
紫外線の場合は長年積み重ねられたダメージが大きく影響するので、過去に日焼けを日常的にしていた場合は肝斑が出来やすい状態になります。

赤いシミは肝斑ではない

シミの色は黒か茶褐色ですが、中には赤い色をしたものが混じっている事があります。
「肝斑」は赤くなる事がないので、「赤い肝斑」というものは存在しません。

赤いシミのようなものは、「老人性血管腫」、あるいは「日光角化症」である可能性があります。
老人性血管腫は紫外線が原因で起こるシミの1種ですが、日光角化症は皮膚がんの前段階なので、早めに治療するべきものです。

今すぐ健康を害するというわけではありませんが、もし赤いシミがある場合は、すぐに皮膚科で診察を受けてください。

肝斑は男性にもできる

肝斑の原因は女性ホルモンのバランスが壊れる事が大きく影響するので、主に女性に出る事が多いものです。
しかし、男性でも肝斑が出てくる事があり、女性よりも色濃く出てくることもあります。

男性の肝斑の治療は、基本的に女性の肝斑と同じで、治療をすれば消す事は可能です。

肝斑を治療する方法

肝斑を治療する方法

肝斑はシミの中でも対処が簡単で、しっかりとケアを行えば消えていくシミです。
肝斑を消す方法は主に市販薬をつかって消す方法と、美白化粧品などを使う方法、美容皮膚科で治療する方法があります。

トランシーノなどの飲み薬で肝斑を消す

肝斑を治療できる市販薬は、現在「トランシーノ」という内服薬があります。
トラネキサム酸を主体としたもので、飲み続ける事で肝斑を少しづつ消していく効果がある薬です。

内服薬なので治療が簡単に行えますが、2か月以上は続ける必要があります。
トランシーノは注意する点が1つあり、トラネキサム酸が主体の薬なので、ワルファリンを服用している人には使用出来ません。

トラネキサム酸の他には、ビタミンCやビタミンA製剤も効果があります。

美白化粧品や馬油も肝斑に効果がある

ビタミンCを含む美容液やクリームなどの美白化粧品や、馬油も肝斑にある程度の効果を期待出来ます。

美白化粧品や馬油は適量を手に取って、よくマッサージする事で肝斑を薄くしていきます。
馬油と美白化粧品を同時に使うとより効果を得られやすくなりますが、肝斑が消えるには時間が掛かる方法です。

その代わりコスト面で優れるので、時間が掛かっても治療費用を安く済ませたい時には、良い選択肢の1つになります。

美容皮膚科のレーザーで肝斑を消す

肝斑はメラニン色素の沈着で起こるので、美容皮膚科でレーザー照射をすると綺麗に消す事が出来ます。
治療回数は3回から4回程度で、肝斑を消す方法としては最も早い方法です。

ハイドロキノンを使った塗り薬での肝斑治療

美容皮膚科での肝斑治療は、肌の漂白剤とも言われるハイドロキノンを使う事もあります。
ハイドロキノンは、メラニン色素を増やさないようにする効果があります。
メラニン色素を増やさないようにして、代謝によって外に出てくるのを待つ方法です。

肝斑の治療費用

肝斑の治療費用

肝斑の治療に掛かる費用は、その方法によって変わります。
どのくらいの予算を掛けられるか、早く消したいのか、それとも時間を掛けても良いのかによって肝斑治療の選択肢が変わり、治療方法も決まります。

肝斑治療でトランシーノを使う時の価格

トランシーノは、通販やドラッグストアなどで2か月分が6,000円前後の価格で販売されています。
2週間分や一か月分もありますが、コストパフォーマンスが悪いので、安く済ませたい場合は最初だけ2か月分を、その後は肝斑の状態に応じて2週間分か1か月分を選択すると、費用を抑えられます。

美白化粧品や馬油で肝斑治療をする時の費用

肝斑を美白化粧品や馬油で消す場合は、一か月2,000円前後が目安です。
美白化粧品は高額なものもありますが、ビタミンC配合であれば1,000円前後のものでも効果は望めます。
馬油は1,000円前後で1か月から2か月分が購入できるので、美白化粧品と同時に使ってもコスト面が優れています。

また、肝斑を消す効果のあるハイドロキノンが配合されている化粧品もあります。
ハイドロキノンが配合されている化粧品には「HQ」や「ハイドロキノン配合」と書かれているので、配合率を確認して選択してください。

美容皮膚科で肝斑治療する時の費用

美容皮膚科で肝斑を消す場合は、基本的にレーザーで行います。
費用は1回あたり1万円から2万円で、通常は3回から4回の治療が必要です。
レーザー以外にもケミカルピーリングやイオン導入が用いられることもありますが、レーザーの方が短期間で治療できます。
肝斑は健康に影響をするものではないので、保険適用がなく治療費は全額自己負担です。

ハイドロキノンを使う場合は、一か月あたり1万円から2万円ほどかかります。
ビタミンCやトラネキサム酸などを併用する事も多いので、実際にはもう少し費用が必要です。

肝斑は対処さえ間違えなければ、多くの場合で消す事が出来るシミです。
選択した対処法で費用と肝斑が消えるまでの期間が変わるので、予算などもよく考えて選択してください。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ2選】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。

  2. キミエホワイトプラス

    キミエホワイトプラスのランキングキミエホワイトプラス

    第3類医薬品として、効果がしっかりと認められています。緩和するだけでなく、しっかりと治すのが特徴です。また、しみ、そばかすだけではなく、大人ニキビ、吹き出物、倦怠感、二日酔いにも効きます。1日1錠で飲みやすく、初回1,900円にて購入出来るため、利用しやすいというのも魅力と言えます。