キーレECの評判・口コミ

備前化成からは、肌トラブルや冷えなどに効き目のある第3類医薬品のキーレECが販売されています。
栄養補給としても使用出来るビタミンEC主薬製剤で、具体的にどんな効果が期待できるのか見ていきましょう。

  • 加齢によるシミやそばかすの症状を和らげる
  • 日焼けやかぶれによる色素沈着を緩和する
  • 歯茎からの出血や鼻出血を予防する
  • 手足の冷えや痺れといった症状を緩和する
  • 肉体疲労時や体力低下時の栄養補給に繋がる
  • 血行を促して肩こりや首筋の凝りを和らげる

上記のように、シミやそばかすなどの肌荒れに加えて、デスクワークによる肩こりや冬場の冷え性で悩む人にも適した医薬品です。
内服薬に分類されていますが、キーレECの主成分はビタミンなので、服用を続けて身体へと大きな負担や刺激が加わる事はありません。

キーレECの評判や口コミをチェック!

キーレECの評判や口コミを調べました。
投稿も可能です。

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く


平均評価:  
 0 レビュー
・寝起きの肩や首の痛みが和らいだのでこのままキーレECを服用していくつもりです
・そばかすへの効果は特に期待できないものの、栄養補給としては良い医薬品だと思います
・1ヶ月間程度キーレECを飲み、ニキビ跡による色素沈着が薄くなったような気がしました
・吐き気や嘔吐などの副作用は起こらなかったので安全性の高い医薬品ですね
・即効性は期待できないので2ヶ月くらいは飲み続けた方が良いと思いました
・野菜不足でビタミンを摂取できない時にキーレECは役立ちます
・顆粒タイプの医薬品なのでカプセルの製品よりも飲みにくいと感じました
・ビタミンCの効能のお陰なのかシミが目立ちにくくなってコンシーラーを使わずに済むようになりました
・女性は筋力不足で冷え性の症状が悪化しやすいので血行改善が期待できるビタミンEを含むキーレECがピッタリだと思います

⇒管理人も利用したシミ・そばかすに効く医薬品はこちら。

キーレECに含まれている成分は?

キーレECに含まれている成分

キーレECの服用で、なぜシミを対策したり冷え性を和らげたり出来るのか、含まれている成分の働きについてチェックしておきましょう。

成分 効果
アスコルビン酸(ビタミンC) シミ対策の医薬品に含まれていることが多く、メラニンの過剰生成を抑えて美白効果が得られる
リボフラビン酪酸エステル(ビタミンB2) 皮膚のビタミンと呼ばれており、湿疹や皮膚炎の治療として用いられる成分
酢酸d-α-トコフェロール(ビタミンE) 油脂に溶ける脂溶性ビタミンで、血行を促したり活性酸素を除去したりといった効果を持つ

アスコルビン酸(ビタミンC)は2,000㎎、リボフラビン酪酸エステル(ビタミンB2)は12㎎、酢酸d-α-トコフェロール(ビタミンE)は300㎎含まれています。
ビタミンCに関しては、1日に必要な目安摂取量を補給でき、身体の内側から働きかけて、不快な症状の緩和を図ってくれるのです。

乱れた食生活を送っている現代人は特に不足しやすく、肌トラブルを改善するには外側からだけではなく、内側からの対策も必要なのでキーレECを飲んでみてください。

キーレECの販売店は?価格はどのくらい?

キーレECの販売店、価格

キーレECの販売店は基本的にネット通販で、マツモトキヨシやサンドラッグなどの薬局では取り扱っていません。
店頭販売されていてもお近くの店舗で購入できるとは限らず、確実にキーレECを入手したいのであればネット通販がオススメです。

販売店によって、価格にどの程度の違いがあるのか見ていきましょう。

Amazon:90包で2,127円
ウエルシア.com:90包で2,138円
薬のビックヤマト:90包で2,138円

送料や手数料を加味しないのであれば、どの販売店でも価格はほとんど一緒です。
在庫切れの可能性もあるので、キーレECでシミ対策を続けたい方は、公式ホームページで確認してみてください。

キーレECの正しい飲み方をチェック!

キーレECの正しい飲み方

以下では、キーレECの正しい飲み方をまとめてみました。

・15歳以上の成人は1回当たり1包、1日に1回~3回
・11歳以上15歳未満は1回当たり2/3包、1日に1回~3回
・7歳以上11歳未満は1回当たり1/2包、1日に1回~3回
・7歳未満の幼児はキーレECを服用してはいけない

年齢によって用法や用量が決められており、水や白湯と一緒に服用します。
1日に2回の場合は朝と夕方、1日に3回の場合は朝昼晩と分けなければならず、面倒だからといって一度に3包を服用してはいけません。

キーレECに副作用のリスクはある?

キーレECは、ビタミンが中心の製剤なので、穏やかな作用が期待出来ます。
しかし、医薬品という点では他のシミ対策内服薬と一緒で、少なからず副作用のリスクがあるので注意が必要です。

  • 発疹や発赤、かゆみを中心とする皮膚症状
  • 嘔吐や悪心、胃部不快感や食欲不振などの消化器症状
  • 便秘や下痢などの腸内環境の乱れ

キーレECの添付文書では、これらの副作用の可能性があると記載されており、不快な症状が出たら直ぐに服用を中止して、持続する場合は専門医の診察を受けなければなりません。
また、粉末還元麦芽糖水アメや第三リン酸カルシウム、アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)といった添加物も含んでいるので、アレルギー体質の方は注意が必要です。

キーレECの販売会社概要

会社名:備前化成株式会社
本社所在地:〒709-0716 岡山県赤磐市徳富363
設立:1971年(昭和46年)12月24日
代表者:清水 富江

当サイトでオススメしている医薬品

【シミ・そばかすの医薬品オススメ】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。