キミエホワイトプラスの評判・口コミ

肌荒れは、化粧水や美容液を使った外側からのスキンケアだけではなく、内側からの対策も大事だと考えられています。
それは、肌を回復させたりターンオーバーを促したりするに当たって、タンパク質やビタミンといった栄養素が必須だからです。

そこで、身体の内側から飲んで効く医薬品のキミエホワイトプラスをおすすめします。
キミエホワイトプラスには様々な有効成分が含まれており、以下の肌荒れに効果を発揮してくれるのです。

  • 加齢によって茶色く目立つようになったシミ
  • 先天的な要因で形成されたそばかす
  • 毎日の洗顔不足で悪化したニキビや吹き出物
  • アレルゲンが原因のかぶれや接触性皮膚炎
  • 皮脂の過剰分泌によって引き起こされた脂漏性湿疹
  • かゆみや皮膚の灼熱感を伴う蕁麻疹

これらの肌トラブルを内側から改善し、美肌へと整えてくれるからこそ、キミエホワイトプラスは注目を集めているのではないでしょうか。
肌荒れだけではなく、二日酔いや倦怠感といった症状にも効き目があり、体質改善を効率良くサポートしてくれます。

キミエホワイトプラスの評判や口コミをチェック!

・シミが色素沈着しやすい体質なので富山常備薬グループのキミエホワイトプラスは予防としてピッタリです
・改良前と比べてニコチン酸アミドやリボフラビンが除外されてしまいましたが、肌の状態は良好です
・ニキビや湿疹など肌トラブル全般に効き目があるところが良いと思いました
・医薬品と聞いて不安でしたが、サプリメントのような形で摂取できるので副作用はないです
・ヤフオクでジェネリックのような商品を見掛けましたが、公式サイトで購入するのが安全ですね
・「シミ消しの効果は嘘」「胡散臭い」「意味がない」といった評判通り、特に変化はありません
・正直言ってコスパはあまり良くないものの、肌のブツブツができなくなったのでリピートします
・無料のお試しセットみたいなキャンペーンがあれば尚良いと思いました
・個人的に濃くなるシミはハイチオールCよりもキミエホワイトプラスの方が実感できています
・砂糖を使わないフィルムコーティングでノンシュガーなのが嬉しい
・即効性は期待できませんが、継続して1日に1錠を飲んでいれば肌は全体的に白くなっていきますよ

⇒当サイトでオススメしている医薬品はこちら。キミエホワイトプラス

私が実際にキミエホワイトプラスを試しました

キミエホワイトプラスの箱

キミエホワイトプラスは、上記のような箱に入っています。

キミエホワイトプラスの瓶

箱を開封すると、さらに瓶が入っています。
箱に記載されている重要な事は瓶にも記載がありますので、捨てても問題ありません。

キミエホワイトプラスの粒

粒は小さく1回の量は1粒なので、難なく飲む事が出来ます。
特に味がまずくて飲めないという事もありません。

キミエホワイトプラスに配合されている全成分は?

キミエホワイトプラスに配合されている成分

以下では、キミエホワイトプラスに配合されている全成分をまとめてみました。

成分 効果
L-システイン(240㎎) 処方薬のハイチオールの主成分で黒色メラニンの生成を抑制して排出する
アスコルビン酸(500㎎) 身体の酸化還元反応に関わり、皮膚や粘膜を正常に保つ
パントテン酸カルシウム(24㎎) ビタミンB群の一種で皮膚や髪の毛を正常に維持してアレルギー症状を抑える

シミやそばかすを内側から消すための成分が多く、肌荒れに効くと言われている大きな理由です。

テレビCMでは、以前にキミエホワイトが紹介されており、リニューアルしてL-システインの含有量が1.5倍に増えました。
効く効かないは個人差があるものの、これ以上シミを作らないように働きかけてくれます。

キミエホワイトプラスの効果は嘘なの?

キミエホワイトプラスの効果

前述した通り、しみ・そばかすを内側から消すための成分が含まれています。
その他にも、日焼けなどの色素沈着症、にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ、全身倦怠、二日酔などにも効果があります。

口コミや評判の情報を見ていると、「効果が嘘」などのような書き込みも稀に見られます。
効果に関しては個人差はあると思いますが、キミエホワイトプラスの場合、医薬品という事で効果が実証されています。
そのため、色々なサプリなどを試して効果が分からなかったという方でも、一度試してみる価値はあると思います。

キミエホワイトプラスの販売店は?薬局、通販?

キミエホワイトプラスの販売店

キミエホワイトプラスは、一般用医薬品なので様々な方法で購入できます。

・マツモトキヨシなどの薬局(ドラッグストア)
・ヤフオクなどのオークションサイト
・富山常備薬グループの公式サイト

上記の販売店の中でも、キミエホワイトプラスを製造している会社の富山常備薬グループの公式サイトが最もお得です。

「Amazonや楽天市場などのネット通販で購入できるのではないか?」と考えている方は多いかもしれません。
しかし、これらのネットショップでは取り扱っておらず、薬局などの実店舗でも必ず置いてある保証はないのです。

キミエホワイトプラスの公式サイトで注文するのが最も安心感がありますし、以下のような特典があります。

・通常価格は4,200円だが初回限定で1,900円
・1日当たりのコストは約61円と格安
・たっぷりと31日分93錠が1つの瓶に入っている

少しでも安い値段でキミエホワイトプラスを購入し、シミやそばかすへとどのように働きかけてくれるのかチェックできるので、詳細は公式ホームページで確認してみてください。

キミエホワイトプラスの正しい飲み方は?

キミエホワイトプラスの正しい飲み方

キミエホワイトプラスは、サプリメントではなく医薬品に分類されるため、正しい飲み方を把握しておかなければなりません。

  • 1日1錠を毎食後に服用する
  • 1回の服用量や1日の回数を増やしてはいけない
  • 肌の代謝サイクルを考えて2ヶ月~3ヶ月は服用する

このような飲み方が公式サイトでは記載されていました。

成分の吸収率を高めるために食前に服用するのは選択肢の一つですが、胃が荒れるリスクがあるので安全性を考慮するのであれば食後がベストなのです。

副作用のリスクはあるの?飲み合わせは大丈夫?

キミエホワイトプラスは、サプリメントのような形でシミやニキビといった肌荒れを治せる医薬品なので、重篤な症状が引き起こされることはありません。
しかし、医薬品なのには変わりなく、個人の体質によっては、以下の副作用で悩まされる可能性があります。

・胃のムカつきや食欲不振
・白髪が増える
・眠気や倦怠感が出る

このように聞くと不安になる女性は多いかもしれませんが、絶対に副作用が出るわけではありません。

添付文書の使用上の注意で記載されている副作用の項目は、あくまでも重篤な症状への移行を未然に防ぐための対処です。
「1日1錠を毎食後」という飲み方を守っていれば、大きな弊害はないでしょう。

ただし、複数種類の医薬品を飲み合わせると効果が下がったり、副作用のリスクが上がったりします。

絶対に飲み合わせてはいけない併用禁忌薬は特に設定されていません。
ただ、不快な症状を未然に防ぐために、既に何かしらの医薬品を服用している方は、キミエホワイトプラスを飲む前にかかりつけの医師へと相談してください。

妊娠中や授乳中に服用できる?

キミエホワイトプラスは、穏やかな作用が期待できる第3類医薬品に指定されています。
そのため、妊娠中や授乳中の女性に悪影響を及ぼすような成分や医薬品は含まれていません。

それでも、ホルモンバランスが崩れたり自律神経が乱れたりと、身体の変調を来たしやすい時期ですし、自分勝手な判断で服用するのは危険です。
万が一があってからでは遅いので、妊娠中や授乳中にシミ対策としてキミエホワイトプラスを飲みたい場合は、事前に医師へと伺ってみましょう。

キミエホワイトプラスの販売会社概要

会社名:株式会社富山常備薬グループ
本社所在地:〒930-0085 富山県 富山市 丸の内 1丁目8番17号 新丸の内ビルディング1階
代表者: 薄井 啓介
ホームページ:キミエホワイトプラスの公式サイトはコチラキミエホワイトプラス

当サイトでオススメしている医薬品

【シミ・そばかすの医薬品オススメ2選】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. キミエホワイトプラス

    キミエホワイトプラスのランキングキミエホワイトプラス

    第3類医薬品として、効果がしっかりと認められています。緩和するだけでなく、しっかりと治すのが特徴です。また、しみ、そばかすだけではなく、大人ニキビ、吹き出物、倦怠感、二日酔いにも効きます。1日1錠で飲みやすく、初回1,900円にて購入出来るため、利用しやすいというのも魅力と言えます。

  2. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。