そばかすと子供

子供の頃からそばかすが出来る原因は何でしょうか?
出来れば原因を知って、そばかすを治してあげたいと思う親御さんも多いと思います。

ですが、子供の皮膚は大人よりも弱く、刺激に敏感なのでスキンケアにも慎重にならなければなりません。
今回は、子供のそばかすの原因と治し方についてご紹介いたします。

そばかすができるのは大人だけではない!なぜ子供の肌にもそばかすが?

子供のころから顔にそばかすが出来るのは何故なのでしょうか?
考えられる主な原因をご紹介いたします。

子供のそばかすの主な6つの原因を紹介

子供のそばかすの主な原因は6つあります。
一つずつ原因を確認していきましょう。

子供のそばかすは遺伝の影響!

子供の頃からそばかすが出来る原因には、遺伝の影響が大きく関係しています。
例えば、両親が色白でシミが出来やすい体質なら、その体質を子供が受け継ぐ可能性は十分にあります。

生まれつきの体質で出来るそばかすは、思春期を過ぎるころには自然に消えて無くなるので、あまり深刻に悩まなくても良いでしょう。

子供の肌は敏感!外部刺激がそばかすを作っている?

しかし、それでも子供の肌はとても敏感です。
外からのちょっとした刺激でも、子供の肌には強い刺激となってしまい、そばかすを作ることがあります。
年齢が上がればそばかすは消えると安心して、スキンケアやそばかす予防対策を怠っていると、思春期を過ぎてもそばかすが肌に留まっている事はよくあるので、注意しましょう。

例えば、お風呂上りに子供の体を拭く時につい強くこすっていませんか?
この動作も子供の肌にとっては刺激になり、そばかすが出来る事がよくあります。
また、体を引っかいたり、傷口をいじったりするとそれも跡になります。

寝不足・ストレス・疲労がたまると子供にもそばかすができる

肌は、体に負担が掛かるとすぐに反応を示します。
連日夜更かしをして寝不足だったり、ストレスや疲労がたまったりすると、そばかすやニキビなどの肌トラブルを引き起こします。

子供も寝不足やストレス・疲労がたまるとそばかすが出来るし、何より体によくありません。
夜更かししていたり、なんだか疲れている感じだったりしたら、しっかりと体を休めてあげる必要があります。

紫外線は子供の肌にもそばかすを作る!

紫外線はお肌の大敵です。
特に、子供の肌は大人の肌よりも弱いので、紫外線対策もせずに長時間日差しを浴び続けていると、あっという間に日に焼けてそばかす・シミを作ったり、肌を乾燥させてしまったりします。

子供の頃の紫外線の影響は、思春期を過ぎてそばかすとなって出てくることがあります。
近年、紫外線の刺激はどんどん強くなっています。
早いうちから子供に紫外線対策をさせる事はとても大事です。

食べ物の好き嫌いでなる栄養不足はそばかすの原因になる!

嫌いな食べ物をなかなか食べてくれない子供も多いですよね。
実は、食べ物の好き嫌いもそばかすを増やす原因となるのです。

特に、そばかすケアに大切なビタミンCやビタミンEが不足していると、そばかすが出来やすい肌質になります。
バランスの良い食事は、健康面でもとても大切なので子供の好き嫌いを克服させるのも重要ですね。

洗顔後の保湿が不十分なのかも?

洗顔後やお風呂上りには、化粧水や乳液を使って保湿をすると思います。
子供にも保湿ケアも非常に重要になります。

洗顔後やお風呂上りの肌が乾燥しやすいのは大人も子供も同じです。
子供にも保湿ケアをするように促しましょう。

子供のそばかすを消す・予防する方法は何?

子供のそばかすを消す・予防する方法

子供のそばかすを治す、予防する方法をご紹介いたします。
何度もお伝えしていますが、子供の肌は大人の肌よりも敏感で、刺激に弱いです。
ですので、大人が使っているスキンケア商品を使ったり、サプリメントなどを飲ませたりすると、体に負担が掛かり過ぎる事があります。

それをきちんと頭に入れた上で子供のそばかすケアを行ってくださいね。

子供にそばかすができる原因を一つずつ解決しよう!

子供のそばかすは、先ほどお伝えした6つの原因を解決していく事で改善されていきます。

生まれつきの体質のそばかすは、自然に消えるので特に対策はありません。
しかし、思春期を過ぎた頃にそばかすのない綺麗な美肌にしたいなら、早いうちから子供にスキンケアを教えてあげましょう。

日焼け止め対策で子供の肌から紫外線を守る

まずは日焼け止めクリームを使って紫外線から子供の肌を守りましょう。
この時、大人用の日焼け止めクリームではなく、子供用の肌に優しい日焼け止めクリームを使ってくださいね。

また、春から夏にかけての日差しの強い時期は、帽子をかぶせて外出させましょう。
これは日焼け止め対策でもありますが、強い日差しで子供が熱中症や脱水症状にならないためにも重要なことです。

帽子を嫌がる子もいるかもしれませんが、極力親御さんが気にかけて帽子をかぶせてあげてくださいね。

子供の体を洗う時は優しく洗って刺激を与えない

子供の体を洗う時、拭く時はあまり力を入れずに優しくしましょう。
タオル生地でゴシゴシこするのは、子供の肌には痛いことがあります。
繊維の柔らかいタオルで包むようにして水気を取ってあげると、肌に刺激を与えずに済みます。

子供の偏食改善!そばかすに効く栄養素を摂取させよう

そばかすに効果がある食べ物を食べさせるようにして、子供の偏食を改善しましょう。
とは言っても、子供はなかなか嫌いなものを食べようとしないので、苦労しているお母さんも沢山いらっしゃると思います。

まずは、そばかす予防になるビタミンCやビタミンEを含むキウイやいちご、ミカン、ぶどうなどをおやつに出して食べさせて栄養素を摂取させましょう。
これだけでもしっかりと栄養素が摂れるので、自然とそばかすが薄くなっていきます。

また、毎日の食事にトマトやブロッコリー、かぼちゃなどを摂り入れるのも、そばかすケアに繋がりますが、野菜を嫌い子も多いですよね。
トマトをカレーに煮詰めて溶かしたり、ブロッコリーを細かくしてこっそり紛れ込ませたり、子供が気づかないうちに食べられるような工夫が必要になります。

これはなかなか大変だと思うので、まずはフルーツを手軽に食べさせるようにしましょう。

子供の肌の乾燥予防には化粧水での保湿対策を!

子供の肌にも化粧水や乳液を使って保湿対策をさせましょう。
大人用のスキンケア商品は、子供には刺激が強すぎる場合もあるので、必ず子供でも安心して使える低刺激タイプの化粧品を選んでください。

また、子供が口に入れても害のない成分を含むもの、子供に何かしらアレルギーがある場合は、成分表を確認して安心出来る物を購入しましょう。
どうしても心配な場合は、パッチテストをやって肌が赤くなったりしないかチェックしてから常用するようにすると安心だと思います。

早寝早起きの規則正しい生活をさせて子供の肌への負担を減らす

夜更かしを許している親御さんもいらっしゃるかもしれません。
しかし、寝不足は大人でも子供でも肌への大きな負担になります。

夜になったら早く寝かせて、朝は決まった時間に起きて、規則正しい生活をさせましょう。
また、あまり活動的になり過ぎないように、お昼寝をさせるなどしてしっかりと体を休ませるようにしてあげましょう。

子供のそばかすは病院・皮膚科で治療できるの?

子供のそばかすは病院や皮膚科で治療は可能なのでしょうか?
答えは可能です。

病院や皮膚科の先生は、子供の肌の調子を見ながら、一人一人に合った治療を提供してくれます。
また、何かトラブルがあった時に主治医が入れば、すぐに相談にも行けるので、安心も出来ますね。

ですが、例えばそばかす治療としてレーザー治療を行う場合、施術中はじっとしてもらわないといけません。
子供の頃は長時間じっとしているのが難しい子もいます。

また、レーザー治療は、肌をゴムで弾かれたような痛みが走ります。
その痛みを嫌がる子ももちろんいるはずです。

治療自体が子供にとって苦痛だと、ストレスが溜まってしまいかえってそばかすが増えるてしまう恐れもあるでしょう。

遺伝性のそばかすの場合、レーザー治療後に再発の恐れがある

また、子供のそばかす治療でレーザー治療をする場合、施術後にそばかすが再発する恐れがあります。
なぜなら、遺伝性のそばかすは、たとえ治療しても思春期の間には、どんどんそばかすが出来てしまうからです。

また、施術後は肌がより刺激に弱くなっています。
そのため、しっかりと紫外線対策や保湿ケアをしないと、より濃いそばかすが出る恐れがあります。

刺激に弱い子供の皮膚にはまずは優しいスキンケアをしよう

病院での子供のそばかす治療は可能です。
しかし、施術が子供にとってストレスになったり、遺伝性なら再発の恐れがあったりと、いくつかリスクも伴います。

子供のそばかすを治すなら、まずは家での日焼け対策と保湿ケアをしっかりと習慣付けてあげる事が重要です。
病院での治療は、思春期を過ぎた頃でもいつでも出来ます。
そのため、まずは基本的なスキンケアをして、子供の肌を優しく労わりましょう。

子供のそばかすのまとめ

子供のそばかすのまとめ

子供の頃は、スキンケアを怠ってしまうことが多いと言えます。
しかし、年々強くなる紫外線から身を守るためにも、小さい頃からスキンケアを教えてあげましょう。

それでも子供のそばかすが気になる場合は、皮膚科の先生にも相談して、スキンケアの方法を教わる事も手だと思います。
大切な事は、スキンケアが子供の負担になり過ぎないようにする事ですので、気を付けてくださいね。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ2選】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。

  2. キミエホワイトプラス

    キミエホワイトプラスのランキングキミエホワイトプラス

    第3類医薬品として、効果がしっかりと認められています。緩和するだけでなく、しっかりと治すのが特徴です。また、しみ、そばかすだけではなく、大人ニキビ、吹き出物、倦怠感、二日酔いにも効きます。1日1錠で飲みやすく、初回1,900円にて購入出来るため、利用しやすいというのも魅力と言えます。