唇のそばかす

そばかすは、身体中のいたる所に出来ます。
それは唇も例外ではありません。

唇にいつの間にか出来ている黒いポツポツがあれば、それはそばかすです。
人の目に触れやすい場所なので、出来れば綺麗に消してしまいたいですよね。

ですが、実は唇のそばかすは病気のサインの可能性もあります。
消す方法と共に、可能性のある病気についても勉強していきましょう。

⇒管理人も利用したシミ・そばかすに効く医薬品を見てみる。

そばかすは唇にできやすく、増えることもある!

そばかすと言うと、頬や鼻の辺りなどに出来やすいイメージがあると思います。
もちろん、身体中のどこにでも出来るもので、頬や鼻にも出来やすいと言えます。

しかし、実は唇にもそばかすが出来やすいのです。
どうしても見落としがちになる唇のそばかすは、気が付いたらどんどん増えてしまいます。

未然に予防するためにも、出来てしまったそばかすを消すためにも、唇にそばかすが出来る原因を知っておきましょう。

唇のそばかすの原因は紫外線とクレンジング不足!

唇のそばかすの大きな原因には、紫外線の浴び過ぎとクレジング不足です。
紫外線がお肌の大敵である事は、皆さんご存知だと思います。

体や顔に、念入りにUVカット出来る日焼け止めクリームを塗る人は多いと思います。
しかし、うっかり唇の紫外線対策を忘れていませんか?

紫外線対策をしていない唇は、紫外線を浴びっぱなしになるため、乾燥してそばかすが出来てしまいます。
また、毎日リップクリームや口紅・グロスを塗って紫外線対策を行っていても、クレンジング・洗顔の際に汚れを落とし忘れてしまうと、それもそばかすになってしまうのです。

特に、唇は縦にシワが入っているため、溝に汚れが残ってしまいます。
汚れが残ったままにしておくと、ポツポツと黒いシミが出来ます。

唇をよく噛む、こする人は唇にそばかすが出来やすい?

唇を歯で甘噛みしたり、舌で舐めたり、手でつい擦ってしまったりするという方はいませんか?
実は、これらの行為もそばかすを作る原因になります。

洗顔時やタオルで体を拭く時に、強く肌を擦るとそれが刺激になって、肌トラブルを招いてしまいます。
それと同じで、唇も外部からの刺激で色素沈着を起こす恐れがあります。

唇の皮膚は薄いので、歯で噛んだり舐めたり、擦ったりといった行為だけでも傷付いてしまい、後々そばかすを作ってしまいます。
癖になっている方は、少しずつ治していくようにしましょう。

唇のそばかすを消すには?

唇のそばかすを消す

では、唇にできたそばかすを消すには、どうしたら良いのでしょうか?
消す方法についてご紹介いたします。

唇のそばかすケアにはリップクリームを使おう

まずは、常にUVカットのリップクリームを塗るようにしましょう。
リップクリームを塗るだけでも、紫外線の直接の刺激を避ける事が出来ます。
また、こまめに塗る事で唇の乾燥を防ぎ、保湿対策にもなります。

UVカット出来るリップクリームは、MAMA BUTTERのUVケアリップトリートメントなど、様々な種類がお店で売られています。
常に携帯出来るものを一つ持っておくようにしましょう。

そばかすを消すためには唇の保湿ケアをしよう

先ほども言いましたが、そばかすを消す・作らないようにするには、唇が乾燥しないように常に保湿をする必要があります。
飲食後はこまめにリップを塗り直すようにしましょう。

また、唇用の美容液も売られているので、食事後、寝る前に塗って乾燥から唇を守るようにしてください。
唇美容液には、資生堂で発売されているdプログラム リップモイストエッセンスなどがありますので、常に使うようにしてみましょう。

唇にそばかすを作らないためにもクレンジングをお忘れなく!

ただ、リップクリームやUVカットが出来る口紅・グロスを使用した後、必ずクレンジングを忘れないようにしましょう。
飲食後は、どうしてもリップも口紅も取れてしまいます。
そのため、いざ化粧を落とす際に、唇をクレンジングを忘れてしまいがちになります。

それでは、唇についたリップや口紅が付着したままになり、そばかすを作ってしまいます。
クレンジングの際は、リムーバーをコットンに染み込ませて唇に当て、唇の縦じわに合わせて縦になでるようにして汚れを落として行ってください。

唇でも皮膚科でレーザー治療が可能?そばかすは消す事が出来るの?

唇でも皮膚科でレーザー治療が可能

顔や体にできたシミ・そばかすを皮膚科のレーザー治療で治す方もいると思います。
では、唇のレーザー治療は可能なのでしょうか?

皮膚科によって出来るかどうかは異なると思います。
しかし、唇に出来たそばかすはレーザー治療で治す事が出来ます。

実際にレーザー治療を受け、治療後にワセリンを塗って、保湿をして唇のそばかすを治療された方がブログを書かれています。
唇のそばかすが目立って悩んでいる方は、専門医に相談してみるのも手ですよ。

ただ、唇のそばかす治療を行っているかどうかは、まず予約を取る皮膚科に電話で事前に聞いてからにしましょう。
皮膚科によっては治療が出来ないタイプの肌の治療もあるようです。
無駄足にならないように事前に下調べは大切です。

唇のそばかすは病気かも?考えられる病気を紹介

唇のそばかすは病気

唇のそばかすが、紫外線などの外部刺激による色素沈着であれば問題ありません。
しかし、実は病気である可能性も存在するのです。

なんだかそばかすとは違うような気がする、唇のポツポツの正体が何か分からないという方は、早めに皮膚科に相談して早期解決を図りましょう。

唇に出来たほくろのようなそばかすは皮膚ガンか腸のポリープ?

ある日、突然唇に出来たホクロのように盛り上がったそばかすやシミが出来て、それが徐々に盛り上がって大きなっている場合は要注意と言えます。
なぜなら、良性腫瘍の腸のポリープ(別称:ポイツイエガー症候群、アジソン病)や悪性腫瘍の皮膚ガンである可能性があるからです。

腸のポリープの場合、口の中にそばかすのような斑点系のシミやホクロのようなものができる症状が見られます。
皮膚ガンの場合は、7mm以上の大きさの濃いホクロのようなものが出来ていたらその可能性が高いです。

唇に出来ているそばかすで、上記に当てはまるものがある時は、すぐに皮膚科に相談へ行きましょう。

唇のそばかすで考えられる他の病気はあるの?

唇のそばかすで考えられる病気は以上ですが、他には唇に血豆が出来てそれがシミやそばかす、ホクロのように見える事もあります。
これは病気というよりは、どこかに唇をぶつけた、歯で強く噛んでしまった時に出来る血の塊のようなもの。
唇や口の中の傷や血豆は自然にすぐに治るので、これはそのまま触らずにいれば良いです。

唇のそばかすが病気かどうかは皮膚科で相談しよう

唇に突然できた不自然なそばかすがあれば、放って置かずにすぐに病院へかかりましょう。
もしそれが悪性の皮膚ガンである場合、手遅れになる恐れもあります。

たとえ深刻な病気でなくても、心配な方は病院で診察してもらい、判断して貰う事で安心できると思います。

⇒管理人も利用したシミ・そばかすに効く医薬品を見てみる。

唇のそばかすのまとめ

唇のそばかすのまとめ

唇の皮膚は弱く、とても傷付きやすいと言えます。
乾燥や、少しの刺激ですぐに色素沈着を起こす場合があります。

常にリップクリームを常備し、こまめに塗り直したり、寝る前の保湿をしっかりと行う事で、ぷっくりと潤いのある綺麗な唇にする事が出来るでしょう。
日々のケアをする事で、そばかすを予防していきましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用したシミ、そばかすに効く医薬品を紹介しています。
シミ、そばかすに悩んでいる方は、参考にしてください。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。