そばかすの薬

顔に出来た小さなブツブツのそばかす、これを消して綺麗な肌にしたいと思う方は多くいると思います。
そばかすを消したい場合、美白化粧品を購入して毎日念入りにスキンケアをしたり、思い切って美容外科や皮膚科でレーザー治療を受けたりするといったイメージがあるのではないでしょうか。
実は、そばかすは薬を使って消すことも可能なのです。

今回は、そばかすを消すのに効果的な薬についてご紹介いたします。

顔のそばかすを消すための薬はあるの?

「顔のそばかすを消すための薬なんて本当にあるの?」と思われるでしょう。
テレビなどで、シミを治せる薬のコマーシャルなどをご覧になったことがある方は多いのではないでしょうか。

実は、そばかすもシミの一種です。
シミに効果的な薬の中でも、特にそばかすケアに効果的な薬は存在します。

そばかすの薬の効果は?

そばかすの薬の効果

そばかすを消すためには、そばかすの元であるメラニンの生成を抑えたり、乱れたお肌のターンオーバーを整えて、メラニンを排出したりできる作用のある薬が必要です。
メラニンが生成されてそばかすが出来るのは、ストレスや紫外線が影響しており、お肌のターンオーバーが乱れるのも、それらが影響して肌に負担が掛かっているからです。

そばかすのない状態が本来持っている肌の姿ですが、日常のストレスや紫外線で肌が刺激される事でそばかすが発生してしまいます。
そばかすの薬は、本来持っているお肌にするために、体の機能を手助けする効果があります。

そばかすを消す薬には内服薬と外用薬がある

そばかすを消す薬には、体内に取り入れて内側から治す内服薬と、そばかすの部分に塗り込んで外側からシミを薄くする外用薬があります。
皮膚科を受診すると、この2種類の薬を使うことでそばかすをケアする方法を教えてもらえます。

内服薬に使われることが多いのは、トラネキサム酸・ビタミンC・ビタミンE・L-システインがあります。
これらの薬は、色素沈着の抑制効果やメラニン生成抑制、お肌のコラーゲンの生成、お肌のターンオーバーを整える効果などが期待されます。

外用薬では、ハイドロキノン軟膏・トレチノイン軟膏などが処方されることが一般的です。
これらは外側からメラニンの生成の抑制、表皮細胞の新陳代謝を促進して、肌に潤いやハリを改善させる効果があると言われています。

皮膚科でそばかすに効く薬を処方してもらおう

後ほど市販で販売されているそばかすに効果的な薬についてご紹介しますが、市販では自分に合う薬が何か分からないし、不安だという方は皮膚科を受診すると良いでしょう。
受診する皮膚科は最寄りの医院でも良いですし、インターネットや知人の口コミで、評判の良い場所に足を運んでみても構いません。

皮膚科を受診することのメリットは、専門医に肌の様子を診断してもらえる事です。
また、そばかすやシミの種類にもよりますが、厚生労働省認可の薬を処方されれば健康保険が適用されるため、費用も少なくて済みます。

気になる方は、皮膚科に相談しに行ってみましょう。

そばかすを消す薬はドラッグストアでも買えるの?

そばかすを消す薬はドラッグストアでも買えるのか

そばかすを消す薬は、ドラッグストアでも販売されています。
皮膚に塗り込んでそばかすを薄くする外用薬も売られていますが、ここでは内服薬についてご紹介したいと思います。

また、内服薬には医薬品とサプリメントがあります。
サプリメントは、あくまでも食品で分類されていますが、医薬品は国から認定を受けた薬として分類されます。
つまり、国から認定された医薬品の方がサプリメントよりも効果が期待できるという事です。

ですので、そばかすを本格的に治したいという方は、国から認定されたそばかすの薬を探すようにしましょう。
医薬品かどうかはパッケージに記載されているので、チェックしてみてくださいね。

市販のそばかすを消す薬の口コミランキングを見よう

ドラッグストアなどで売っているそばかすを消す薬といっても、種類が多くあるために、どれを買えば良いのか分からずに立ち往生される方も多いでしょう。

そんな時は、インターネットの口コミサイトを検索しましょう。
インターネットでは美容関係の記事などもよく見かけられ、そこにそばかすの薬について分かりやすく書かれている記事も多くあります。

そばかすに効果がある薬として評価が高い薬は、アインファーマシーズのロスミンローヤル、富山常備薬グループのキミエホワイトプラス、京都薬品ヘルスケアのミルセリンホワイトNKB、第一三共ヘルスケアのトランシーノ ホワイトC、エスエス製薬のハイチオールCプラスなどです。

ドラッグストアでも購入する事は可能ですが、値段が4,000円以上するものもあり、少し高く感じるかもしれませんね。
これらの公式ホームページでは初回購入で半額以下の値段で販売されており、安く手に入れることが可能です。
ただ、初回だけ購入の予定が定期購入で申し込んでいた、といった事がないように、注意事項などをしっかりと読んだ上で注文するようにしてください。

市販のそばかすの薬を選ぶポイントと注意点

そばかすの市販薬の選び方はポイントが3つあります。
1つ目は先ほど内服薬で紹介した成分が使われていること、2つ目は継続して使えるものを選ぶこと、3つ目は医薬品に分類されたものを選ぶことです。

また、海外のサプリメントの方が効果があるのでは?と気になる方もいるでしょう。
確かに海外のサプリメントは信頼性が高いものが多いですが、日本人にはその効果が強すぎて過剰摂取になり、下痢や腎・尿路結石・出血傾向・骨粗しょう症などが起こる可能性が稀にあります。
もし検討中の方は、厚生労働省「日本人の食事摂取基準」の摂取目安量をチェックしてから購入するしましょう。

子どものそばかすは薬で消せるの?

子どものそばかすは薬で消せるのか

子どもにそばかすができる原因は何か。
これには、大人と同様で紫外線やストレス、寝不足、外からの刺激、偏食、保湿不足などが原因です。
子どものそばかすを消すには、日焼け対策やスキンケアなどの方法がありますが、薬を使って消せるのでしょうか。

子どもにそばかすを消す薬を服用させる場合、お肌のターンオーバーを整える効果のあるビタミンCが配合された薬が良いと言えます。
ただ、大人が飲む薬は子どもには効果が強すぎる場合があるため、購入検討中の薬が何歳以上から服用できるのか、1日何錠服用なのかをしっかりと確認した上で子どもに飲ませましょう。

どの薬が子どもにも飲みやすいのか分からない時は、薬局やドラッグストアの薬剤師さんに相談して選んでもらうと確実です。
また、大人が服用方法をしっかりと教え、子どもが勝手に服用するなどといった事がないように、薬の管理もきちんと行ってください。

顔のそばかす対策に薬も使ってみよう

顔のそばかす対策に薬も使ってみよう

顔のそばかすを消すために、美白化粧品を購入したり、日焼け対策を念入りにされている方は多いでしょう。

それでもそばかすが消えないで悩んでいる方は、医薬品の力に頼ってみましょう。
薬には即効性があるわけでなく、ずっと使い続けることで効果が現れるものですので、根気強く続ける必要がありますが、効果が期待される薬も多々あります。

皮膚科へ行けばそばかす対策で薬を処方してもらえますし、市販の薬で頑張りたい方はドラッグストアや薬局の薬剤師におすすめの薬を教えてもらって試してみましょう。
当サイトでもオススメの医薬品を掲載していますので、参考にしてください。

正しい飲み方を続けていれば、自然と効果が現れてくると思います。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。