目の下のそばかす

顔にできたそばかすに悩む人は多いですよね。
特に、目の下のように目立つ場所にあるそばかすは出来れば消してしまいたいでしょう。
目の下のそばかすの予防と改善方法をご紹介いたします。

⇒目の下のシミ・そばかすに効く医薬品を見てみる。

目の下は皮膚が薄いのでそばかすケアは慎重に

目の下の皮膚は、顔の中でも薄く刺激に弱い場所です。
目をこすったり、化粧を落とす際にゴシゴシと洗ってしまうと、刺激になってすぐにシミ・そばかすが出来てしまいます。
そばかすを早く消したいからと力強くこするのではなく、辛抱強く優しくケアを行いましょう。

日々の丁寧なケアをすることで、既に出来たそばかすを薄く出来るだけでなく、今後のそばかす予防にもなります。
間違ったケアをしないように気をつけましょうね。

目の下にそばかすができる主な原因は何?

目の下にそばかすができる主な原因

目の下にそばかすができる主な原因は2つあります。

生まれつきの体質

1つ目は、生まれつきの体質です。
この生まれつきの体質というのは、両親から受け継いだ遺伝のことを言い、生まれたころからそばかすが出来やすい体質であるという意味になります。

生まれつきの体質で出たそばかすは、思春期にでき始めて思春期の終わりころに消える場合があるようです。
ですので、もし思春期を過ぎてもそばかすが消えない場合は、もう1つの原因によってそばかすができてしまっている可能性があります。

大人になってからできるそばかすの原因は?

大人になってからできるそばかすや、子どもの頃に出来思春期に消えなかったそばかすの原因は何でしょうか。

お肌の大敵!紫外線が目の下にそばかすを作る

まず1つ目は、お肌の大敵の紫外線が原因です。
肌が日焼けすると、肌細胞にメラニン色素が生成されます。

メラニンは、外部からの刺激から肌を守るために生成されますが、メラニンが生成されて酸化すると、紫外線の当たった部分の肌の表面を黒色や茶色に変色させます。

メラニン色素は正常な肌のターンオーバーがされれば、約1か月程度で剥がれ落ちます。
しかし、ターンオーバーが乱れているとそばかすとなって、そのまま肌に留まってしまいます。

乱れがちな生活習慣が目の下のそばかすの原因

もう1つは、生活習慣が原因でそばかすが出来てしまいます。
最初にもご説明しましたが、クレンジング・洗顔で肌を力強くこすったことで肌を傷つけてしまったり、癖で目をこすってしまったりすると、それが原因でそばかすを色濃くしてしまいます。

また、偏った食事もそばかすの原因になります。
毎日同じものを食べたり、脂っこいものやファストフードばかりを食べたり、野菜不足になったりしていませんか?
偏った食事は、そばかすだけでなくニキビやシミなどの他の肌トラブルも引き起こします。

さらに、精神的なストレスや疲労、慢性的な睡眠不足だとそれも肌トラブルを悪化させてしまいます。
体も心もしっかりと休める時間を作り、肌を休める時間が必要です。

目の下のそばかすの予防方法は何?

目の下のそばかすの予防方法

目の下のそばかすを予防するために次のことを行いましょう。
以下の予防方法は、そばかす予防だけでなくシミ・くすみなど他の肌トラブルも予防してくれます。
毎日の習慣として続けていくようにしましょう。

そばかす予防のために目の下に日焼け止めを塗ろう

まず、毎日日焼け止めクリームを塗ることです。
年々紫外線が強くなっています。
日差しの強い夏だけでなく、1年を通して日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。

外出時には日傘やアームカバー、帽子なども利用して直射日光を避けるようにしましょう。
目から紫外線が体の中に入ると、それが原因で顔にそばかすが出来てしまうこともあります。
目からの紫外線予防としてサングラスもかけると万全ですね。

また、日中は室内にも紫外線が入ってきます。
テレビやパソコン、蛍光灯も軽い紫外線を含んでいるため、蓄積されるとそばかすが出来てしまいます。
家にずっといる日でも日焼け止めクリームを軽く塗り、ブルーライトカットメガネをかけるなどの対策を行いましょう。

クレンジングと洗顔で肌を綺麗に保つ

クレンジングと洗顔を丁寧に行うことは、肌を綺麗に保つために必ず行うべきことです。
化粧を落とさずに寝るのは、絶対にやってはいけません。

また、何度も言うように強くこすって洗うことは、刺激になってそばかすを増やしてしまいます。
優しくなでるようにクレンジングをしましょう。
目元のメイクを落とす場合は、専用のリムーバーをコットンに染み込ませ、それを目に押し当てて落とすようにします。
この時にコットンでこすらないよう気をつけてくださいね。

洗顔の際は、洗顔料をしっかりと泡立てて指で顔をこするのではなく、泡で顔を洗顔するイメージでやってみましょう。
顔についた泡を落とす際も、手で顔をこすらずにぬるま湯で洗い落としてください。

目の下のそばかすができた時の改善方法は何?

目の下のそばかすができた時の改善方法

そばかすだけでなく肌トラブルは、予防と改善を同時並行でするようにしましょう。

美白化粧品の使用とスペシャルケアにピーリング洗顔

ますは、そばかすやシミに直接効果がある美白成分配合の美白化粧品を毎日使って肌のケアを行いましょう。
美白効果がある成分は、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、アルブチンなどがあります。

特にハイドロキノンは、お肌の漂白剤とも言われ、美白効果が高い成分です。
しかし、美白成分が高い分、刺激が強いため、白斑などの副作用を引き起こす可能性があります。
皮膚科で処方してもらうものを使用すると良いでしょう。

規則正しい生活と食生活の改善!サプリメントも使おう

先述したように、そばかすは乱れた生活習慣が原因でできます。
十分に睡眠時間を取り、早寝早起きを心がけましょう。

また、食生活には肌に栄養を与えてくれるビタミンACEを意識してとるようにすると良いでしょう。
栄養バランスの良い食事を摂取することは、健康的な肌を作ってくれます。
今の食生活を見直してみましょう。

忙しくてなかなか食事に時間をかけられないという方は、サプリメントや医薬品を試してみるのも良いと思います。

シミ・そばかすに効果がある医薬品の中に、「キミエホワイト」・「ロスミンローヤル」があります。

キミエホワイト

キミエホワイトには、そばかすの原因であるメラニン生成を阻止し、メラニンを薄くし、肌の代謝を正常化してくれるL-システイン、ビタミンC、ニコチン酸アミド、リボフラビンが配合されています。

そばかすだけでなく、ニキビ・湿疹・かぶれにも効き、疲れやだるさ、さらには二日酔いにも効果があります。
インターネットで購入することができ、通常価格は4,200円ですが、初回半額以下で1,900円で購入可能です。

ロスミンローヤル

ロスミンローヤルは、そばかすだけでなく小じわにも効果がある国内唯一の医薬品と言われています。
また、冷え性や肩こり、腰痛などの女性特有の悩みにも有効です。

成分には、そばかすに効くビタミンCやL-システインだけでなく、ハンゲ・センキュウ・ニンジン・トウキ・シャクヤク・ソウジュツ・タクシャ・ブクリョウ・ローヤルゼリーの9種類の生薬も配合されています。

これらの成分がシミ・そばかす・小じわ・肌荒れ・冷え・ニキビの改善効果をもたらしてくれるのです。
ロスミンローヤルもインターネットで購入可能で、こちらも通常価格が7,600円に対して初回限定で1,900円で購入できます。

医薬品と聞くと副作用が気になる方が多いと思いますが、キミエホワイトとロスミンローヤルは副作用の危険性が少ない第三医薬品に分類されています。
他の医薬品よりも安心して服用する事が出来ますので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

美容外科・皮膚科に相談するのも有り!

それでもそばかすがなかなか改善されない場合、美容外科・皮膚科に相談してみるのも良いでしょう。
クリニックでの治療方法は、内服薬や外用薬の処方、レーザー治療、フォトフェイシャルなどがあります。
そばかすの状態で、医師が的確なアドバイスをしてくれます。

残念ながら社会保険が適用されないため、全額負担になります。
レーザーなどの機器を使用すると一回の治療で10,000円以上かかることもありますが、効果は高いのです。
本格的に綺麗に直したいという方は、受診してみましょう。

⇒目の下のシミ・そばかすに効く医薬品を見てみる。

目の下のそばかすのまとめ

目の下のそばかすのまとめ

これまで説明したケア方法は、目の下以外の場所のそばかす・シミケアにも適しています。
目の下は、顔の中でも特に刺激の受けやすい場所です。
自分でケアをする際は、こすりすぎには注意しましょう。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。