プロビキューレSP錠の評判・口コミ

塩野義製薬は、様々な医薬品を製造している製薬メーカーの一つです。
肩こりや眼精疲労などの疲れ、頭痛や生理痛などの痛みに効く内服薬を患者さんへと提供しています。

その塩野義製薬から販売されているシミ対策の医薬品がプロビキューレSP錠で、第3類医薬品に分類されるビタミンC主薬製剤です。

  • 加齢によるメラニンの沈着で引き起こされるシミ
  • 遺伝によってポツポツとあらわれるそばかす
  • 日焼けやかぶれが原因の色素沈着
  • 歯茎からの出血や鼻出血の予防
  • 妊娠期や授乳期の肉体疲労時の回復
  • 病中病後の体力低下時や老年期の栄養補給

プロビキューレSP錠の服用で、上記のような効果が期待出来ます。
身体の内側からシミやそばかすが出来にくい状態をキープしてくれます。

既に顔へと形成されたシミやニキビ跡による赤みを完全に薄くする効果はありません。
その代わりに、色素沈着を緩和して身体の内側から肌の健康を保つ事が出来ます。
ビタミン類やアミノ酸が入っているので、栄養補給としてもピッタリの医薬品です。

プロビキューレSP錠の評判や口コミをチェック!

・プロビキューレSP錠はビタミン製剤なので飲み合わせで危険な医薬品は特にありません
・市販薬の中でもプロビキューレSP錠は特にシミの緩和に効いたような気がします
・シミ対策として飲み始めましたが、頬や口周りにニキビができにくくなりました
・類似品はたくさんあるのでプロビキューレSP錠だけの特徴はない気がする
・想像していた通り気休め程度にしかなりませんね
・ビタミンCやビタミンEの補給としては適していますし、安いので続けやすいのが魅力的です
・日々のスキンケアと併用して肌がワントーン明るくなったような気がしました
・ビタミンがメインの医薬品なのでプロビキューレSP錠は副作用が少ないと思います
・まだ大きな変化はないので、このまま2ヶ月くらいは飲み続ける予定です

⇒管理人も利用したシミ・そばかすに効く医薬品はこちら。

プロビキューレSP錠に含まれている成分は?

プロビキューレSP錠に含まれている成分

プロビキューレSP錠の服用で、なぜシミやそばかすなどの肌荒れに効き目があるのか、含まれている成分や働きについて見ていきましょう。

成分 効果
アスコルビン酸カルシウム(ビタミンC) シミの原因となるメラニン色素の生成を抑えて美白効果が期待できる
L-システイン 既に形成された色素沈着を薄くして綺麗な肌の維持をサポートするアミノ酸
リボフラビン(ビタミンB2) 皮膚機能を正常に保ち、本来持っている機能を取り戻す
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) タンパク質や脂質などの栄養素の代謝を促し、皮膚や粘膜を健康に保つ
d-α-トコフェロール(天然ビタミンE) 高い抗酸化作用で活性酸素を除去したり血行不良を改善したりする

上記のように、人間が生きていくために欠かせないビタミンやアミノ酸がバランス良く配合されています。
野菜や魚類など偏った食生活を送っていなければ、体内から著しく不足する事はありません。

しかし、「インスタント食品ばかり食べている」「野菜や魚を食べる機会がない」といった現代人は不足しやすいので、効率良く取り入れるためにプロビキューレSP錠がオススメです。

プロビキューレSP錠の価格は?

プロビキューレSP錠の価格

プロビキューレSP錠は、薬局やドラッグストアといった実店舗では取り扱っていない可能性があります。
そのため、基本的にはインターネット通販で購入する形となり、市販薬なので医師の処方箋は必要ありません。

メーカー希望小売価格は入っている錠剤の量に応じて、以下のように設定されていました。

60錠:1,505円
150錠:2,457円

成人であれば1日当たりの目安摂取量は6粒なので、コストパフォーマンスの良さがプロビキューレSP錠の魅力です。

大手の通販サイトのAmazonでは、150錠のプロビキューレSP錠が2,085円で販売されており、メーカー希望小売価格よりも安く設定されています。
決められた量を飲み続けるだけで、ビタミンやアミノ酸を補給出来るので、シミやそばかすで悩む女性は一度試してみましょう。

プロビキューレSP錠の正しい飲み方をチェック!

プロビキューレSP錠の正しい飲み方

以下では、プロビキューレSP錠の正しい飲み方をまとめてみました。

・15歳以上の成人は1回当たり2錠、1日に3回服用
・7歳以上15歳未満の小児は1回当たり1錠、1日に3回服用
・7歳未満の乳幼児に服用させてはいけない

シミ対策ではなく栄養補給としても使える医薬品ですが、年齢によって用法や用量が異なるので注意しなければなりません。

プロビキューレSP錠に副作用のリスクはある?

プロビキューレSP錠は第3類医薬品なので、他の医薬品と比較すると副作用のリスクが少なくなっています。

併用禁忌薬も特に設定されておらず、飲み合わせで注意しなければならない点は少ないと言えます。
ただし、悪心や吐き気、下痢といった症状が出た場合は、早めに医師や薬剤師へと相談しましょう。

また、プロビキューレSP錠は、錠剤を作る段階で様々な添加物が加えられています。

  • 軽質無水ケイ酸
  • ヒドロキシプロピルセルロース
  • ステアリン酸マグネシウム
  • ポリオキシエチレン
  • ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)
  • アラビアゴム末

これらの添加物が引き金となってアレルギー症状を引き起こすケースもあり、アレルゲンとなる成分が入っていないかどうか、事前にチェックしておいてください。

プロビキューレSP錠の販売会社概要

会社名: 塩野義製薬株式会社
本社所在地:〒541-0045 大阪市中央区道修町3丁目1番8号
創業:1878(明治11)年3月17日
代表者:手代木 功

当サイトでオススメしている医薬品

【シミ・そばかすの医薬品オススメ2選】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。

  2. キミエホワイトプラス

    キミエホワイトプラスのランキングキミエホワイトプラス

    第3類医薬品として、効果がしっかりと認められています。緩和するだけでなく、しっかりと治すのが特徴です。また、しみ、そばかすだけではなく、大人ニキビ、吹き出物、倦怠感、二日酔いにも効きます。1日1錠で飲みやすく、初回1,900円にて購入出来るため、利用しやすいというのも魅力と言えます。