シスチンホワイティの評判・口コミ

シスチンホワイティは、身体の内側からシミやそばかすなどの肌トラブルを改善へと導くサプリメントです。
楽天の美容サプリランキングでは、発売初日から見事1位を獲得しました。

1.シスチンホワイティを毎日飲み続けて栄養素を補給する
2.紫外線のダメージに対応してくれる成分を摂取できる
3.肌のターンオーバーを整えながら若々しい透明感のある肌へと導く

シスチンホワイティの摂取で、このような効果が期待出来ます。
化粧水や美容液、クリームを使ったスキンケアで、シミやそばかすを改善出来なかった女性にオススメです。

肌のターンオーバーは、太陽の紫外線や精神的なストレスなど、様々な要因が絡まり合ってサイクルを乱します。
そうすると、メラニン色素が上手く排出されなくなって肌へと沈着しやすく、シミとなってあらわれやすいのです。
そのため、身体の内側からのケアも同時に行わなければなりません。

シスチンホワイティの評判や口コミをチェック!

・化粧品やシートマスクだけでは物足りなかったのでシスチンホワイティを飲むことにしました
・ヒアルロン酸が含まれているからなのか肌の乾燥トラブルがなくなりました
・内服薬ではないのでシスチンホワイティで劇的な変化を得るのは難しそうです
・顎にポツポツと吹き出物が形成されたので私の体質には合っていなかった
・口の中に入れるだけでスーっと溶けるので気に入っています
・まだ効果は出ていないのでもう少し飲み続けていきたいと思います
・肌へと弾力が出たような気がしてとても嬉しいです
・シスチンホワイティは副作用なく安心して飲めるのが良い点だと思った
・1日に1錠~3錠と少ない粒数で良いので気軽に続けられるサプリメントですね
・シスチンホワイティを飲んでからファンデーションだけでシミを隠せるようになりました

⇒管理人も利用したシミ・そばかすに効く医薬品はこちら。

シスチンホワイティの中に含まれている成分は?

シスチンホワイティの中に含まれている成分

シスチンホワイティで、なぜシミやそばかすを対策出来るのか、以下では含まれている成分をまとめてみました。

成分 概要
L-シスチン シミの元となるメラニン色素を生成する酵素のチロシナーゼを阻害する
ヒアルロン酸 高い保水力を持つが加齢によって生成量が減少していく
ビタミンC 肌の老化を防止する抗酸化力とメラニンの生成を抑える効果を持つ
ニコチン酸アミド 血行不良を改善したり皮膚や粘膜を正常に保ったりする働きを持つ
d-α-トコフェロール 血液の流れを良くしたり脂肪の酸化を防止したりする
酵素処理ヘスペリジン 柑橘類に多く含まれていて、末梢血管強化作用を持つ

L-シスチンは育毛業界でも注目を集めている成分で、豆類や魚介類、肉類や野菜類など様々な食品の中に含まれています。

しかし、食べ物から摂取できる量は限られているため、十分に取り入れる事は出来ません。
そんな時にシスチンホワイティを摂取すれば、1袋180錠中に5,400㎎も配合されており、メラニンを抑えてシミやそばかすの対策が出来るというメカニズムです。

シスチンホワイティの価格は?

シスチンホワイティの価格

シスチンホワイティはネット通販限定のサプリメントで、販売店によって価格は異なります。

公式ホームページ:180錠(3ヵ月分)で2,980円
Amazon:180錠(3ヵ月分)で2,560円

送料や手数料を加味しないとなると、公式ホームページで注文するよりもAmazonの方がお得です。
目安摂取量は1粒~3粒なので、個人の飲み方によって異なります。
しかし、1日1粒で3ヶ月間は持つので、どの販売店でもコスパの良いサプリメントなのは間違いありません。

シスチンホワイティに副作用のリスクはあるの?

シスチンホワイティの副作用

シスチンホワイティは医薬品ではなく健康補助食品なので、副作用のリスクはありません。
身体の内側からシミやそばかすなど老化の原因となる症状を予防出来ます。

しかし、シスチンホワイティの有効成分のL-シスチンを過剰摂取するのは良くないと言われており、どんな弊害があるのかまとめてみました。

白髪が増えやすくなる

L-シスチンを継続的に過剰摂取していると、白髪になりやすいと報告されています。

1.L-シスチンはメラニンの生成を抑えられるのでシミの対策に適している
2.同時に髪の毛のメラニンも少なくなって色素が薄くなる
3.黒髪から茶色がかった色に変わったり白髪が増えたりする

こういった弊害があり、「早く肌のシミやそばかすを消したい」とシスチンホワイティを必要以上に飲むのは危険です。
シスチンホワイティを続けていく予定のある方は、同時に皮膚や髪の毛の健康と密接に関わるビタミンBの一種のビオチンを摂取しましょう。

紫外線の影響を受けやすくなる

メラニン色素は肌にとって不必要な存在ではなく、紫外線の刺激からブロックする働きを持っています。
メラニンがないと太陽の光を浴びた際に紫外線が奥にまで入り込み、水ぶくれや炎症といった肌トラブルに繋がりやすいのです。

つまり、L-シスチンの摂取であまりにもメラニンの生成を阻害しすぎると、量が足りなくなって紫外線の影響を受けやすくなります。
そのため、シスチンホワイティを飲んでいる期間中は特に、日傘や日焼け止めを使ってUV対策に取り組んでみてください。

当サイトでオススメしている医薬品

【シミ・そばかすの医薬品オススメ2選】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。

  2. キミエホワイトプラス

    キミエホワイトプラスのランキングキミエホワイトプラス

    第3類医薬品として、効果がしっかりと認められています。緩和するだけでなく、しっかりと治すのが特徴です。また、しみ、そばかすだけではなく、大人ニキビ、吹き出物、倦怠感、二日酔いにも効きます。1日1錠で飲みやすく、初回1,900円にて購入出来るため、利用しやすいというのも魅力と言えます。