そばかすの除去の値段

しみ・そばかすを除去したいと思っている方は多いです。
しかし、しみ・そばかすを除去するにはどの位の値段が掛かるのでしょうか。

方法によっては、値段を抑えて除去出来る方法もありますが、綺麗に除去できるまで時間が掛かります。
一方で高い値段で除去すると、短時間で高い効果を得られますが、値段が高い分負担も大きいのです。

しみ・そばかすの除去は自分に合った方法でやろう

しみ・そばかす除去方法と値段についてご説明しますが、自分に合った方法で行うようにしましょう。
高い値段の除去方法で、無理して費用を捻出して挑戦するよりは、安い値段の化粧水などを購入して適切なケアでじっくり除去する方が良い方もいます。
一方で、忙しくでなかなか毎日のケアが難しいという方は、皮膚科・美容外科で医療機器での治療を受ける方法もあります。

自力でしみ・そばかすを除去する方法は?

自力でしみ・そばかすを除去する方法

しみ・そばかすは、自分で除去する方法はもちろんあります。
その方法についてご紹介いたします。

しみ・そばかす除去には美白化粧品!値段はいくら?

まず、自力でしみ・そばかす除去でまず購入するべきものは、美白化粧品です。
美白化粧品は、しみ・そばかす原因であるメラニン色素の除去・生成抑制に特化した成分が配合された化粧品となっています。

美白成分には、ビタミンC誘導体・アルブチン・トラネキサム酸・プラセンタエキスなどがあります。
これらの美白成分には、メラニン色素を除去する作用や、メラニン色素を生成する活性酵素の活動を抑える抗酸化作用が含まれています。
しみ・そばかすだけでなく、くすみやニキビ跡、色素沈着による鼻の黒ずみなどの毛穴ケアにも効果があります。

美白化粧品は様々なものがあり、それによって値段も様々です。
例えば、サエル・ホワイトニングローションクリアリスト(4,860円)、CMでもよく出る富士フィルム アスタリフト・ブライトローション(4,104円)、ビーグレン・QuSomeローション(5,000円)などがあります。

安い値段の美白化粧品もしみ・そばかす除去に効果あるの?

先ほどご紹介した美白化粧品の値段を確認すると、4,000円~5,000円程度するものが多いようです。
また、その分口コミでの評価も高いみたいですね。

しかし、出来ればもう少し安い値段の美白化粧品がありば良いのに、と思う方もいるでしょう。
最近では、プチプラ商品でもしみ・そばかすにしっかりと聞いてくれる美白化粧品があります。

例えば、資生堂・アクアレーベル ホワイトアップローション(1,400円)、やちふれ・美白化粧水W(1,100円)、花王・ソフィーナボーテ 美白化粧品(2,800円)などがあります。
ドラッグストアーでも購入できる手頃な値段でも、しっかりとしみ・そばかすに効くものがあるので、自分に合った化粧品を探してみましょう。

馬油がしみ・そばかすを除去?効果の高い馬油の値段は?

馬油がしみ・そばかすに効くという噂があるようですが、実際はどうでしょうか?

馬油には、切り傷や火傷の炎症を抑え、日焼け跡の炎症も抑えてくれます。
また、肌の新陳代謝をよくしてくれるため、ターンオーバーが乱れている場合は正常にしてしみ・そばかすのメラニン色素の排出を促してくれます。
また、肌に潤いを与えてくれるため、肌のバリア機能も高めてくれるため、肌が乾燥することによってでてくる肌トラブルも防いでくれるのです。

馬油も値段はピンからきりまであります。
例えば、薬師堂 ソンバース・ソンバーユ無香料(1,379円)、ソンバーユ液 無香料(1,292円)、ヒカリ 馬油100・Hikari 馬油100(802円)などがあります。
馬油は手頃な値段のものが多く、ドラッグストアーでも手に入れる事が出来ます。

また、馬油を鼻に塗ってラップで密閉し、お風呂で20分ほど置いておく事で、毛穴の汚れも落としてくれます。
馬の油なので、口に入っても大丈夫なので、気になる方は使ってみても良いかもしれませんね。

しみ・そばかす除去でオススメの第三類医薬品の値段はいくら?

また、他にもしみ・そばかすを自力で除去する方法があります。
薬の服用によって、内側からしみ・そばかすケアを行う方法です。
薬と聞くと副作用の心配がありますが、その中でも副作用の心配が少ない第三類医薬品に挑戦してみると良いでしょう。

しみ・そばかすに効く第三類医薬品は色々あります。
しかし、ここでは通販サイトで購入出来る2つの医薬品についてご紹介いたします。

ロスミンローヤル

ロスミンローヤルは、しみ・そばかすに効果があります。
その他にも、ニキビ・肌荒れ・小じわなどの肌トラブルの改善、肩こり・腰痛・冷え性など、血行不良で起きる不調の改善、肉体疲労や食欲不振などの場合の栄養補給などの効果・効能が期待できる医薬品です。

しみ・そばかすなどの肌トラブルを改善してくれるビタミンやL-システイン、体の不調を改善してくれるローヤルゼリーなどの9種類の生薬も配合されており、いつまでも若々しい印象に保ってくれます。

通常価格は1箱30日分270錠で7,600円ですが、初回限定でなんと1,900円で購入可能です。
購入は、ロスミンローヤルの公式サイトから購入できます。

キミエホワイト

キミエホワイトは、L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウムなどを配合された医薬品です。
こちらもロスミンローヤルと同様、しみ・そばかすの他にもニキビや湿疹・蕁麻疹や肌荒れなども良くしてくれます。

また、疲れ・だるさ・二日酔いなどにも効果が期待出来ます。
そのため、女性だけでなく、毎日忙しく働くサラリーマンにもオススメされています。

こちらも、通常価格は1箱31日分93錠で4,200円ですが、初回のみ1,900円で公式サイトから購入可能です。
医薬品やサプリメントが本当に効くのか気になっているが、どれを選べば良いのか分からないという方は、この2つのどちらかを試してみるのも良いと思います。

しみ・そばかすを除去するなら皮膚科・美容外科!気になる値段は?

しみ・そばかすを除去するなら皮膚科・美容外科の値段

本気でしみ・そばかすを消したい、出来れば短期間で高い効果が出るものが良い、という方は皮膚科・美容外科に相談へ行ってみましょう。
ただ、美容治療は保険適用外のため、受診者は治療費を全額負担しなければなりません。

一度の治療で10,000円以上治療費を支払わなければならない事が多いのです。
この事は、先に頭に入れておいてくださいね。

効果の高いレーザー治療でしみ・そばかす除去は値段も高い!

皮膚科・美容外科でのしみ・そばかす治療で有名な治療法と言えば、レーザー治療を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
しみ・そばかすのレーザー治療は、しみ・そばかす1つ1つの大きさによって治療費が変わってきます。

例えば、大きさが1mmのものを1つ除去するには1回3,500円~9,800円の相場で、1~5回ほど定期的に通院することになります。
顔全体に出来るしみ・そばかすのレーザートーニングという治療も定期的に通院し、顔全体1回の治療で8,500円~60,000円の相場で費用が掛かります。

1回の治療費の相場にかなりの差があるのは、クリニックによって料金設定が異なるからです。
どうしても1回の治療の負担が大きいため、クリニックによっては、企業努力で広告費などを削減して設定金額をできるだけ下げている所もあります。

ただ、皮膚科・美容外科での治療は、料金で決めるのではなく、そのクリニックのお医者さんの経験値やクリニックにある美容機器の豊富さで決めましょう。
治療が合わずに肌トラブルを起こす人も居ますので、安易にクリニックを選ばないようにしてくださいね。

フォトフェイシャルでのしみ・そばかす治療の値段は?

フォトフェイシャルは、顔全体に光を当ててしみ・そばかす治療をする方法です。
全体にしみ・そばかすのある方にオススメの治療法で、レーザー治療よりも肌への負担を和らげてくれます。

特に良い点は、ダウンタイムがほとんどない事です。
ダウンタイムとは、治療後に施述箇所の肌が脆くなり、外部からの刺激を受けやすくなる期間のこと。

レーザー治療を受けると、だいたい1~2週間程のダウンタイムがあります。
施述直後は化粧も出来ず、ダウンタイム中は紫外線対策と保湿などのアフターケアを入念に行わなければ、炎症後色素沈着を起こいます。
さらに濃いしみ・そばかすになってしまいます。

フォトフェイシャルには、そんな厄介なダウンタイムがないため、施術後すぐに化粧も出来ます。
もちろん、ダウンタイムがないからといって紫外線対策・保湿ケアを怠って良いというわけではありませんが、気持ちとしては少し楽だと思います。

フォトフェイシャルは、1回治療で15,000円~38,340円程度掛かります。
ただ、レーザー治療よりも肌の負担が少ない分、効果はレーザー治療よりも劣ります。

そのため、2週間に1度、半年近く通院して治療を受けなければならない事もあります。
その分の費用が掛かる事は覚えておいてくださいね。

継続治療が必要な内服薬と外用薬の使用は値段を押さえられる?

皮膚科・美容外科での治療には、内服薬と外用薬の処方もあります。
内服薬でよく処方されるのはビタミンCとトラネキサム酸、外用薬にはハイドロキノンが良く処方されます。

だいたい1度の受診と2週間程の薬処方で3,000円ほどです。
先ほどのレーザー治療やフォトフェイシャルよりもはるかに安価で済みますが、デメリットには医師の指示通りに毎日薬を服用しなければならない事です。

つい飲み忘れてしまった、といったことがあるとそれだけで効果が出にくくなります。
毎日薬を飲むのが苦手、という方には少し苦痛かもしれません。

ハイドロキノンはしみ・そばかす除去に効果的?使用には要注意!

また、外用薬のハイドロキノンは「お肌の漂白剤」と言われており、美白成分の中でも特に強力な成分です。
しかし、効果が強い分、お医者さんの指示通りに使わないと、副作用として肌に白斑症状を引き起こしてしまいます。

ハイドロキノンは濃度が1~5%まであり、自分の肌の調子でどの濃度のものを使うか判断します。
これは自己判断するよりも、お医者さんとよく相談して判断してもらった方が断然良いと言えます。

ハイドロキノンはドラッグストアーでも売られていることがあります。
しかし、使用の際は副作用がある事と扱いが難しい事を念頭に置き、使用方法を熟読して使ってくださいね。

ただ、出来れば自分で購入するよりも、クリニックで専門家のアドバイスをもらってから使用する方が安心出来ると思います。

しみ・そばかす除去の値段まとめ

しみ・そばかす除去の値段まとめ

しみ・そばかすを除去する方法には、安い値段のものなら数千円で済みます。
しかし、効果が出るまで少し時間が掛かり、高い値段で早い効果が得られるものは数万円も掛かります。
しみ・そばかすを除去する方法は、自分に合った方法を選んでください。

毎日丁寧なスキンケアをして徐々にしみ・そばかすを消したい方は、美白化粧品や医薬品でも良いと思います。
しかしながら、なかなか毎日丁寧にスキンケアをするのが難しい方は、レーザー治療などで手っ取り早く直してしまう手もあります。

お肌の悩みを抱えている人は沢山いるので、その分除去方法も様々な方法があります。
値段もチェックしながら除去方法を知っていきましょう。

当サイトでは、管理人が実際に利用したシミ・そばかすに効く医薬品を紹介しています。
シミ・そばかすに悩んでいる方は、一度試してみると良いでしょう。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ2選】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。

  2. キミエホワイトプラス

    キミエホワイトプラスのランキングキミエホワイトプラス

    第3類医薬品として、効果がしっかりと認められています。緩和するだけでなく、しっかりと治すのが特徴です。また、しみ、そばかすだけではなく、大人ニキビ、吹き出物、倦怠感、二日酔いにも効きます。1日1錠で飲みやすく、初回1,900円にて購入出来るため、利用しやすいというのも魅力と言えます。