そばかすを消す

そばかすを消す、もしくは薄くするために皆さんはどのような方法を使っていますか?

そばかすを消す方法には、化粧品を揃える他にも様々な方法があります。
当ページでは、そばかすを消す方法をまとめています。

そばかすを消すには様々な方法がある

まずそばかすは、シミの一種でメラニンの酸化によって出来てしまう肌のトラブルです。
主に、紫外線やストレスなどによって肌が刺激され、ターンオーバーが乱れてしまう事が原因となっています。

そばかすを消すためには、肌のターンオーバーを促して酸化したメラニンを落とす事が挙げられます。
また、新たなそばかすを増やさないためには、紫外線やストレスから肌を守ることが必要です。

これらの方法についてご紹介いたします。

そばかすを消すには美白化粧品や美白美容液

そばかすを消すには美白化粧品や美白美容液

そばかすを消し、予防するには、美白化粧品や美白成分配合の美容液を使うと良いでしょう。
美白化粧品にはアルブチン、トラネキサム酸、プラセンタエキス、ビタミンC誘導体、ハイドロキノンなどがあります。
化粧品の販売店やドラッグストアーなどで陳列されている化粧品の裏側をチェックし、上記の成分がどのくらい配合されているのかを見てみましょう。

ただ、一言で美白化粧品といっても、たくさん種類があるので迷ってしまうと思います。
そんな方は、口コミサイトでオススメの化粧品の評価をチェックしてみたり、店頭でスタッフの方に相談してみてください。

その時に注意しておく事は、高価な化粧品を安易に購入しない事です。
値段が高い化粧品は、効果が高くすぐに変化が現れるものが多いので、つい買ってしまいがちになります。

しかし、問題はそれをずっと使い続けられるかどうかです。
例えば、毎月10,000円の美白化粧品を購入してそばかすケアが順調でも、生活費とその分抑えなければなりません。
そうすると、生活に余裕がないと感じて、ストレスで余計に肌に負担をかけてしまう恐れもあります。

大切なのは、自分が美容にどのくらいお金をかけられるか、それを毎日続けられるかですので注意してくださいね。

そばかすを消すのに即効性がある成分はハイドロキノン

美白化粧品には、そばかすを薄くする成分と予防する成分が配合されています。
先ほど紹介した美白成分配合の中で、ビタミンC誘導体とハイドロキノンの2つがそばかすを薄くする成分になります。

特に、ハイドロキノンが多く含まれている化粧品は即効性が期待できる成分だと言われています。
気になる化粧品があったら、このハイドロキノンがどのくらい含まれているのかをチェックしてみましょう。

値段の安い市販の化粧品でそばかすを消す事は可能?

化粧品は安いものであれば1,000円以下ですが、高いものだと10,000円以上もして、とても手が出せないと諦めている方が多いかと思います。
最近では、プチプラでも高い効果が期待できる化粧品も多く出ています。

例えば、ロート製薬のメンソレータム・メラノCCシリーズ、肌研ハダラボ・白潤シリーズ、ポーラオルビスグループのpdc・ダイレクトホワイトシリーズ、資生堂の専科・美容液からつくった美白シリーズなどが、手頃な値段で購入できて美白効果のある化粧品と言われています。

ちなみに、私はロート製薬のメンソレータム・メラノCCシリーズの薬用シミ集中対策美容液20mlを使っています。
ニキビ肌・乾燥肌・脂性・毛穴の黒ずみと、たくさんの肌トラブルのある私の肌ですが、メラノCCの美容液を使い始めて1ヶ月経ち、ニキビが落ち着き黒ずみも少しずつ目立たなくなってきたと実感しています。

ただ、この化粧品だけでなく、化粧品は効果があるかどうかは個人差があります、肌に合わずに炎症を起こしてしまう人もいるかもしれません。
化粧品を選ぶ際には、自分の肌のタイプは何かや、自分にアレルギーがないかをチェックしておきましょう。

そばかすを消すのに効く栄養素はビタミンC

そばかすを消すのに効く栄養素はビタミンCとミネラル

そばかすを消すのに効果の高い栄養素があります。
それは、ビタミンCとミネラルです。

先ほど化粧品でも、「ビタミンC誘導体」が美白成分であると紹介したように、ビタミンCはそばかすを薄くするのに、非常に効果が高い栄養素です。
ビタミンCには、コラーゲンを作って肌のハリを保ち、美白効果を引き出してくれます。
また、メラニンを生成する活性酵素の働きを抑える効果もあり、今後のそばかす予防にもなります。

メラニンが酸化した肌の細胞膜を分解して、細胞を再生させる働きのある栄養素にはミネラルがあります。
ミネラルには亜鉛が含まれており、亜鉛は肌を生成する際に体内のタンパク質を作るのに、重要な役割を果たしています。
ミネラルが不足すると、亜鉛が不足してタンパク質も不足し、肌にも健康にも悪い影響を与えてしまいます。

食事にビタミンCやミネラルが豊富な食べ物を取り入れよう

そばかすを減らすためにも、ビタミンCやミネラルの豊富な食べ物を毎日の生活で取り入れるようにしましょう。

ビタミンCには、ピーマンやキャベツ、ブロッコリー、レモン、キウイ、いちご、わかめや焼き海苔などに多く含まれています。
ミネラルが多く含まれている食べ物には、牡蠣、うなぎ、レバー、ささみなどがあります。

ただ、これらを過剰摂取しないようにしてください。
なぜなら、たくさん食べれば良いというわけではなく、適度な量を毎日続けるということが重要だからです。

過剰摂取は、むしろそばかすを悪化させる恐れもあります。
ビタミンCやミネラルばかりを摂取して他のものを怠っていると、栄養バランスが崩れて健康面にも悪影響を与えてしまいかねないので、気を付けてください。

そばかすを消すのに効く美白サプリメントや薬を摂取しよう

「毎日忙しくて、栄養素を気にしながら食事なんて出来ない」という方は多いと思います。
そんな方には、美白サプリメントや薬でスキンケアをしましょう。

美白サプリメントは、そばかすに効果のある栄養素を体内に取り入れて、内側からそばかす予防をするものです。
美白に効果がある成分には、先ほど紹介した成分の他にも、エラグ酸・ビタミンE・ビタミンC・βカロテン・L-システインなどがあります。
これらが配合された美白サプリメントを摂取すると、そばかす予防に効果があると言われています。

美白サプリメントに挑戦する時には、化粧品を購入する時と同様で高価な商品を安易に購入しないことです。
サプリメントにも高いものから安いものまでピンキリです。

無理して高いものを購入せず、自分の肌に合い、自分のお財布に見合うものを購入するようにしましょう。
食べ物の摂取と同様で、毎日摂取する事で効果が出るものなので、根気強く続けていってください。

そばかすに効くオススメのサプリは?

サプリメントでオススメなのは、「キミエホワイトプラス」や「ロスミンローヤル」という医薬品です。

先ほど紹介した「L-システイン」などの成分も含まれており、口コミ評判も高く続けて使っている方も多くいます。
公式サイトから定期購入をすれば、初回は2,000円以下で購入もできます。

さらには、薬品で心配な副作用リスクが低い第3類医薬品に含まれているので、安心して続けられます。
気になる方は、この2つのサプリメントの公式サイトからフリーダダイヤルでオペレーターに相談してみましょう。

薬の摂取は、皮膚科や美容外科で処方される薬のことです。
皮膚科や美容外科では、そばかす治療としてレーザー治療の他にも内服薬や外用薬の処方も行ってくれます。
こちらも即効性はありませんが、薬の種類によっては保険適用で安く薬をもらうことが出来ます。

また、専門医の進める薬ですので安心感もありますね。
どうしてもサプリメントを選べずに悩んでしまう方は、思い切って専門医に相談しましょう。

そばかすを消すのに美顔器は効果があるの?

そばかすを消す際の美顔器の効果

スキンケアの道具として、自宅で簡単にケアのできる「美顔器」という機会があります。
この美顔器は、そばかすケアに効果があるのでしょうか。
答えは、効果がありますが、種類によっては効果が薄かったり、ケアの方法がそれぞれ違ったりします。

そばかすを消すのに効果がある美顔器には、美白成分入りの美容液などを使いながらケアする美顔器と、肌のターンオーバーを促してシミの原因であるメラニンを排出させる効果のある美顔器の2種類があります。

美白成分入りの美容液などを使ってケアする美顔器を使う場合、美容液の効果をより発揮しやすい「イオン導入」の美顔器を使うようにしましょう。
肌のターンオーバーを促す美顔器を使いたい方は、レーザー・LED機能のある美顔器か、細胞成長因子入りの美顔器の2タイプがあるので、このどちらかを試してみると良いです。

ただ、レーザー機能のある美顔器を肌に当て、逆効果になるタイプのシミもあります。
それは「肝斑」です。
肝斑にレーザー治療を施すと肌がきれいになるどころか、さらに黒いシミになってしまう可能性もあります。
自分の肌に出ているシミやそばかすの種類は把握しておくようにしておきましょう。

メイクでそばかすを消すには?

メイクでそばかすを消す

日々の化粧品を使ったり、食事に気を使ったりなどしてそばかすケアを行っても、1日2日で効果が現れません。
効果が出るまでそばかすのある顔で外出するのが恥ずかしい、と思う方もいらっしゃいますよね。
そんな時は、メイクでそばかすを隠す事が有効です。

そばかすはファンデーションやコンシーラーで隠す

シミやそばかすは、ファンデーションやコンシーラーを塗って目立たなくするのが一般的です。

ただ、そばかすを隠すことに必死で厚塗り状態にすると、笑った際に崩れてしまうかもしれません。
厚塗り状態は、他の人から見てもすぐに分かってしまうので、周りにどう思われているか気になると思います。

ファンデーションやコンシーラーでそばかすを隠す場合は、クリームタイプのファンデーションで全体をカバーし、部分的にコンシーラーを使い、メイクブラシでなじませるようにしましょう。

また、保湿成分や美白成分配合のファンデーション・コンシーラーを採用して、化粧をしながらもそばかすケアをしましょう。
化粧品によっては、これらの成分配合のファンデーションを使い続けて肌のキメが整ってきた、という口コミもあります。
口コミサイトをチェックしてみてください。

どのファンデーションを試すかは、店頭スタッフにも相談して選んでもらうのも良いでしょう。

短期間でそばかすを消すならレーザー治療やフォトフェイシャル

短期間でそばかすを消すならレーザー治療やフォトフェイシャル

「お金が掛かっても良いから、もっと短期間でそばかすを消してしまいたい」という方は、美容外科でレーザー治療やフォトフェイシャルも選択肢のひとつとして挙げられます。

レーザー治療は、表皮にあるメラニン色素をレーザーで除去する治療法のことです。
顔にジェルを塗って肌への負担を減らしますが、フォトフェイシャルもレーザー治療の一種で、そばかすやシミの状態によって使用する機器も異なります。

早ければ1回の施術で終わる方もいますが、だいたい2週間に1回のペースで半年間かけて施術を受けてそばかす除去していくのが一般的です。

ただ、これらの治療の際はアフターケアの紫外線対策や保湿ケアを、いつも以上に念入りに行うようにしましょう。
治療後の肌は非常に刺激に弱くなっていますので、アフターケアを怠るとシミ・そばかすがすぐに再発してしまいます。

美容外科での治療は、一度の治療で10,000円以上するものもあります。
再発してしまったら治療が無駄になってしまうので、必ずアフターケアは行いましょう。

また、レーザー治療もフォトフェイシャルも、照射された時に「顔をゴムで弾かれたような痛み」を感じます。
平気な方もいますが、治療中にそういう痛みがある事は、事前に把握した上で施術に臨むようにしましょう。

そばかすを消す方法のまとめ

そばかすを消す方法のまとめ

そばかすを消す方法、そばかすを予防する方法には、費用やケアの手間によって様々な方法があります。
どの方法にするかは、自分の日常生活に合うものを選ぶようにしましょう。
自分の生活に取り入れやすいものを決めて、毎日のケアを継続してください。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。