そばかすとレーザー

そばかすの気になると、思い切って皮膚科や美容外科でレーザー治療をしたいと考える方も多いかもしれません。

レーザー治療はよく聞く治療法ですが、本当にそばかすに効果があるのでしょうか?
治療のメカニズムや、治療費、治療のデメリットや失敗事例なども気になるかと思います。

今回はそばかすのレーザー治療についてご紹介いたします。

レーザー治療でそばかすは除去できるの?

皮膚科などでは、内服薬や外用薬の塗布でシミ取りをするところもあります。
しかし、これは専門医の指示通りに、数ヶ月に渡って服用を続けなければなりません。

皮膚科での処方は保険適用となり、それほど費用はかかりませんが、やはりその分、根気強く対処しなければならないので、長続きしない方も多いようです。

しかし、レーザー治療は、短い施術時間でそばかすの除去が出来ます。
そばかすが消えたという実感をすぐに得られるので、薬の服用のように何ヶ月も続けなければならないものでもありません。

そばかすのレーザー治療のメカニズム

そばかすのレーザー治療のメカニズム

では、レーザー治療はどのような仕組みで、そばかすを除去するのでしょうか。
肌の悩みには、シミ、くすみ、そばかすなど様々な悩みがあると思います。
これらは発生する場所や形によって名称が変わるだけで、ある1つの成分が過剰反応した事によってこれらの問題が発生するのです。

それは「メラニン」という成分です。
これは、紫外線などの外気からの刺激から、肌を守るために肌に黒く現れる成分です。

メラニンは、ターンオーバーが正常であれば、1ヶ月ほどで新しい肌に生まれ変わって消えます。
しかし、ストレスや寝不足、紫外線などで肌に負担が掛かっているとなかなか消えず、酸化してそのまま肌に残り続けてしまいます。
これが、シミ、くすみ、そばかすなどになってしまうのです。

レーザー治療は、メラニンが酸化して現れる黒と茶色の色素にのみ反応し、メラニンのみを破壊して肌のターンオーバーを促進する仕組みになっています。
治療後すぐは、レーザーを当てた部分がかさぶたのようになりますが、やがて剥がれ落ちて新しい綺麗な肌が生成されます。

これがレーザー治療のメカニズムです。

そばかす除去にはqスイッチレーザー治療

レーザー治療には様々な治療法があります。
どのレーザーで治療する方は、皮膚科や美容外科の先生と相談して決めることになると思いますが、ここではqスイッチレーザーについて紹介いたします。

qスイッチレーザーとは、厚生労働省のp認可を受けた治療機器のことを言います。
そばかす治療は、色の濃いそばかすをピンポイントで薄くするのに効果的である、このqスイッチレーザーが効果が高いと言われているようです。

qスイッチレーザーの中にも細かく種類が分かれており、それぞれレーザーを使い分ける事で、様々な肌の悩みを解消していきます。
自分の肌の悩みが何か、専門医としっかりと相談して、適切なレーザー治療を施してもらうようにしましょう。

そばかすのレーザー治療の料金や回数は?

そばかすのレーザー治療の料金や回数

レーザー治療でそばかす除去をしたいと思っていても、なかなか踏み出せない方がいると思います。
それは、レーザー治療を受ける回数や料金ではないでしょうか。

治療のために何度もクリニックに足を運ぶのも、忙しいとなかなか出来ないかもしれませんね。
料金も、保険が適用にならないために、かなりの出費になるかもしれないと心配になるでしょう。

レーザー治療の代替の料金目安と、治療回数についてご紹介いたします。

そばかすのレーザー治療の料金目安

そばかすのレーザー治療の料金目安をご紹介します。
これから紹介する料金はあくまでも目安です。
実際の料金は、自分たちが受診予定のクリニックに問い合わせるか、ホームページをチェックしてみてください。

2種類の波長を使い分けて施術するYAGレーザーは、1cm四方のシミで30,000円前後。

先ほど紹介したqスイッチレーザーは、2mm以下のシミで3,000円、5mm以内のシミで5,000円など、クリニックによってまちまちです。

光を利用するフォトRFというレーザー治療は、4回施術を受けて10,000円のクリニックや1回で35,000円もかかるところもあります。

後ほどご紹介するフォトフェイシャル治療は、顔全体の施術に16,000円ほど掛かります。

レーザー治療を施すと悪化すると言われている、肝斑を治療できるレーザートーニングというレーゼー治療では、1回37,000円や3回16,000円の治療費で施術できます。

患部を治療する炭酸ガスレーザー治療は、麻酔をかけて治療しますが、これは9mm以内の患部で4,500円ほどになります。

このように、レーザー治療は様々な種類と料金設定になっています。
また、レーザーの種類によって除去できるシミの種類は異なります。
そばかすの場合は、YAGレーザー、qスイッチレーザー、フォトRF、フォトフェイシャルが有効のようです。

どの治療法にするかは、専門医と慎重に決めましょう。

そばかすのレーザー治療回数は人によって異なる

レーザー治療回数は、1回で終了する人も居れば、約2週間に1回のペースで10回ほど通う人もいます。
これは消したいそばかすの範囲や大きさで異なってきます。
顔全体にあるそばかすを消したいという方は、どうしても通院回数が増え、その分かかる出費も増えます。

今自分の肌で治療したい部分の範囲を把握し、予算もしっかりと考えた上で施術するかを決めてください。

そばかすのレーザー治療のデメリット

そばかすのレーザー治療のデメリット

そばかすのレーザー治療のデメリットをご紹介します。
メリットには、薬の服用よりも高い効果がすぐ得られるということですが、高い料金や通院回数でためらってしまう方も多いとおもいます。

デメリットを把握して、それでも治療を受けたい方はクリニックに相談してみましょう。

治療中は痛みが伴う

レーザー治療中は、レーザーが照射されるたびに痛みが伴います。
その痛みは、「ゴムで肌を弾かれたような痛み」とよく例えられます。
痛みはすぐに引いていきますが、施術が痛いのが怖いという方には少し辛いかもしれません。

ダウンタイムが長く、化粧ができない

レーザー治療をした後の肌は、「ダウンタイム」という肌を安静にさせなければならない期間があります。
この期間の肌は非常に弱く、刺激を受けやすくなっています。
レーザー治療後は、化粧をしたり激しい運動やサウナなどで肌に刺激を与えるたりすると、炎症や色素沈着を起こしてしまう可能性があるのです。

レーザー治療後は10日ほど肌を安静にさせるべきなので、その期間は特に念入りに紫外線や遺作や保湿ケアをしなければならず、化粧も控えた方が良いとされます。
仕事をされている方だと、大変不便だと思いますので、治療を受ける時期をよく考えるべきでしょう。

ダウンタイムが気になる方はフォトフェイシャルに挑戦するのもあり

レーザー治療ではダウンタイムがつきものですが、このダウンタイムが短くて済むのがフォトフェイシャルという治療です。
フォトフェイシャルは、ジェルを顔に塗ってIPLという特殊な光を当てて色素沈着を取り除き、肌を内側から活性化される治療法です。

レーザー治療と同じく痛みは伴いますが、他のレーザー治療と比べると痛みが少ない治療法と言われています。
また、施術時の肌へのダメージも少なく、ダウンタイムはほとんどないと言われています。
そのため、施術後すぐに化粧をする事が出来ます。
人によっては照射後に顔がヒリヒリしたり腫れたりする方もいますが、数時間経てば引いていくようです。

痛みやダウンタムが少ないので、他のレーザー治療よりも通いやすいかもしれません。
ただ、この治療を肌全体にする場合、5回以上施術することが望ましいとされているので、その分の通院と治療費がかかってしまいます。

どの治療法にも言えますが、効果も個人差ですので、自分のライフスタイルも考えた上で治療法を決めるべきですね。

そばかすレーザー治療の副作用「炎症性色素沈着」はアフターケアで防ごう

レーザー治療は効果が高く挑戦する方も多い施術方法ですが、副作用も有ります。
それは治療後の「炎症性色素沈着」です。

レーザー治療を受けた数週間後、メラニンが増殖して黒ずむ症状ですが、なぜこのような事が起こるのでしょうか。

それは、アフターケアを念入りに行ったかどうかで差が出ます。
先述したように、施術後の肌は非常に弱い状態になっています。

弱っている部分に刺激を与えたり、アフターケア用に処方された外用薬の塗布や内服薬の服用を怠ったり、紫外線対策をせずに過ごすたりしていると、せっかく受けたレーザー治療が逆に仇となって、さらに肌を黒くさ施てしまいます。

ですので、治療後は必ず紫外線対策や保湿ケアをしっかりと行って、肌をいたわるようにしましょう。
ケアをする際も、肌をゴシゴシとこすらずに優しく包むように触れるようにして、レーザー治療の効果がしっかりと現れるように注意してください。

そばかすのレーザー治療の失敗事例も見ておこう

そばかすのレーザー治療の失敗事例も見ておこう

副作用で治療後の炎症性色素沈着もありますが、レーザー治療を受けた方の中には残念ながら失敗してしまった方もいらっしゃるようです。
例えば、下記のような失敗事例があります。

  • 治療を受けたにもかかわらず濃いそばかすが発生した、数年後に再発してしまった
  • レーザーの種類を間違えてしまい、肝斑が濃くなってしまった
  • 施術後にガサガサのサメ肌になったり、顔が真っ赤になったりしてしまった
  • 施術後の後遺症で肌が化膿したり、しびれを感じたり、顔面麻痺や壊死したりした

など、事例によっては数週間経って腫れが引いたりなどしますが、最後の事例に至ってはこのような後遺症が出てしまうことは避けたいですね。

こういった失敗事例にならないためには、皮膚科や美容外科選びから慎重にあることです。
レーザー治療は数mmのシミに照射する治療のため、操作が難しいレーザーもあります。

これから治療を希望される方は、経験豊富で信頼のできる専門医を探すようにしましょう。
インターネットの口コミサイトやホームページを参考にしたり、気になるクリニックに直接電話をかけたりして、クリニックの様子を見てみると良いです。

また、カウンセリングでの専門医の様子もしっかりと見て、信頼でき、治療を任せられる先生であるかどうかを見極めましょう。
顔は人に必ず見られる部分ですので、治療を施す場合は失敗を極力避けられる選択肢を選ぶようにしてくださいね。

そばかすレーザー治療は専門医と相談しよう

そばかすレーザー治療は効果が高いがしっかり専門医と相談しよう

レーザー治療はそばかすに効果が高く、綺麗に除去できる画期的な治療です。
しかし、その分デメリットも沢山あります。
この記事で何度もお伝えしていますが、信頼の置ける経験豊富な専門医を探し、念入りにカウンセリングを重ねて治療をするようにしましょう。

料金や通院回数だけで安易に決める事だけはしないようにしましょう。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ2選】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。

  2. キミエホワイトプラス

    キミエホワイトプラスのランキングキミエホワイトプラス

    第3類医薬品として、効果がしっかりと認められています。緩和するだけでなく、しっかりと治すのが特徴です。また、しみ、そばかすだけではなく、大人ニキビ、吹き出物、倦怠感、二日酔いにも効きます。1日1錠で飲みやすく、初回1,900円にて購入出来るため、利用しやすいというのも魅力と言えます。