そばかすと胸

そばかすは身体中の皮膚の至る所に出来ます。
胸やお腹に、いつの間にか出来ているポツポツした茶色い跡も、そばかすである事が多いのです。

では、胸・お腹にそばかすができる原因と、その対処法についてご紹介いたします。

なぜ胸やお腹にそばかすが出来るのか?

そばかすと言えば、顔にできるイメージですよね。
顔は毎日鏡で見る事が多いので、気になりやすいですし、熱心に顔のそばかすケアをされる事が多いでしょう。

では、なぜ胸やお腹にも、そばかすが出来てしまうのでしょうか?

紫外線に当たると胸・お腹にもそばかすができる

まず代表的なのは、顔のそばかすの原因と同じで、紫外線の浴びすぎによって出来るそばかすです。
特に春から夏にかけて肌の露出が多くなる季節は、直接紫外線を浴びやすいため、そばかすが出来やすくなります。

海水浴で水着になると、たとえ日焼け止めを塗っていても、強い日差しで多少は日焼けをしてしまいます。
紫外線によってメラニン色素が生成され、いつの間にかそばかすが出来てしまう事はよくあることです。

胸やお腹は汗をかきやすくニキビが出来やすい!にきび跡がそばかすになる

夏のように暑い季節になると身体中から汗が出ますが、胸やお腹は汗をかきやすく、また汗がたまりやすい場所です。
外出時だと、汗を拭きたくても人目が気になって、拭きづらい場所でもありますよね。

汗をそのまま放置していると、あせもやニキビを引き起こします。
ニキビは顔だけでなく胸・お腹、他にも背中にも出来やすく、ケアを怠りがちな場所です。

ニキビはそのままにしたり、いつの間にか潰れてしまっていると、炎症後色素沈着を引き起こしてしまいます。
炎症後色素沈着もそばかすの一種です。

胸やお腹をゴシゴシとこすると摩擦でそばかすになる!

入浴時や海水浴時、プールの時、タオルで胸やお腹をゴシゴシとこすっていませんか?
しみ・そばかすをケアしようと、顔をゴシゴシと洗顔すると逆効果で、そばかすが増えてしまうのと同じです。
胸やお腹も強くこすると、それが刺激になってそばかすが出来てしまう恐れがあります。

こする動作は皮膚にとって刺激になってしまい、細胞を刺激から守るために、メラニン色素を生成する酵素の力が活性化されてしまいます。
この細胞の働きが、そばかすを作り増やしてしまう原因です。

カビが原因で胸やお腹にそばかすが出来る事も

驚くことに、胸やお腹のそばかすはカビの可能性もあるのです。
胸やお腹にカビが出来る症状の事を癜風(でんぷう)と呼び、癜風菌が皮膚について繁殖する事で出来る症状です。

繁殖した癜風菌を放っておくと広がってしまうため、早めに病院へ行って対処すべきです。
癜風になると、胸やお腹、背中に黒めのそばかすが出来たり、色黒の方にはむしろ白く脱色したようなそばかすが出来たりします。

癜風ができた部分は乾燥し、痒くなる事があります。
また、その部分は日焼けをしないため、紫外線を浴びると不自然にその部分だけ元の色が残っていたりします。

心配な方は、一度皮膚科を受診して、でんぷうかどうかを確かめておくと良いでしょう。

妊娠中に胸・お腹にそばかすができてしまった!

妊娠中に胸・お腹にそばかすができてしまった

女性で妊娠中の方の中には、妊娠前よりもそばかすが増えたと感じられる方もいるのではないでしょうか?
顔はもちろんのこと、気が付いたら胸やお腹にも、そばかすが出来ているとショックですよね。

では、なぜ妊娠中に顔や胸、お腹にそばかすができてしまうのでしょうか?

妊娠中の胸やお腹などに出来るそばかすの原因

妊娠すると女性ホルモンのバランスを崩しやすくなってしまいます。
女性ホルモンのバランスが崩れると、肌には様々なトラブルが出てきます。

両ほほに左右対称のそばかすが出来る方もいます。
しかし、これは肝斑と呼ばれるもので、ホルモンバランスの乱れが原因でできる肌トラブルです。

また、胸やお腹にもポツポツと、そばかすが出来る事もあります。
これも女性ホルモンのバランスが崩れた事で出来るそばかすです。

妊娠中の胸・お腹などのそばかすケアは控えた方が良い

普段生活しているだけでもそばかすは気になるし、子どもが生まれても綺麗なお母さんでありたいと思うのは、女性にとっては理想ですよね。
ひょっとしたら妊娠中でも、しっかりとスキンケアをされて出産を待つ方もいるかもしれませんね。

ですが、妊娠中のスキンケアを気を付けた方が良いでしょう。
特にサプリメントや医薬品のように服用するタイプのスキンケアは控えましょう。

なぜなら、たとえ母体にとって良い効果を与えてくれるものでも、赤ちゃんにとっては薬の刺激が強すぎでしまう恐れがあるからです。
赤ちゃんの体に何か影響が出る場合もあります。

妊娠中にできた胸・お腹のそばかすは、妊娠によるホルモンバランスの乱れが原因です。
そのため、時間は掛かりますが、産後にはホルモンバランスが整っていく内に自然と消えていきます。

妊娠中はお腹の子どもの事を優先し、どうしてもスキンケアを望む方は、主治医と相談しながらケア方法を決めるようにしてくださいね。

胸やお腹のそばかすをなくすにはどうしたら良い?

胸やお腹のそばかすをなくすにはどうしたら良い

胸・お腹のそばかすをなくすには、どんなスキンケアをするのが良いのでしょうか?
ボディ用の美白化粧品を使うのも手ですが、他にも何か対処法があれば試してみたいですよね。

対処法をご紹介いたします。

抗酸化作用のある食べ物を摂取

そばかすの正体であるメラニン色素は、酵素の活性化によって作られます。

この酵素の力を弱める事で、メラニン色素の生成を抑制する事が出来ます。
そのため、活性化作用のある食材を体内に取り入れるようにしましょう。

メラニン色素の生成を抑制する抗酸化作用のある食品には、人参、玉ねぎ、セロリ、キャベツ、大豆類、生姜、ニンニク、スパイスの一種・ターメリックなどがあります。
これらを毎日の食事に取り入れて、酵素の活性作用を抑えていきましょう。

妊娠中の方も、食品から抗酸化作用を摂り入れるスキンケアであれば、安心して取り組めと思います。

ストレス、睡眠不足の解消

そばかすの原因には、肌のターンオーバーが乱れている事も挙げられます。
ターンオーバーが乱れていると、新しい皮膚の生成が遅れてしまい、そばかすが肌に止まってしまいます。

ターンオーバーが乱れる原因には、ストレスや睡眠不足があります。
日々生活していると、どうしてもストレスを溜めたり、睡眠不足になったりしますよね。

毎日少しの時間でも良いので、お風呂につかったりアロマを焚いたりして、リラックスする時間を作るようにしましょう。
また、出来るだけ夜更かしはせずに、早く寝て体を休めましょう。

これはそばかすケアだけでなく、健康的で元気であるためにも必要なことです。

体を清潔にし、保湿をすること

先ほど、胸やお腹のそばかすは、カビの可能性もあるとお伝えしました。
カビを繁殖させないためにも、常に体を清潔に保ちましょう。

汗をかいたらお手洗いなどに行ってこまめに拭いたり、時間があれば低刺激の石鹸を使ってシャワーで優しく洗い流したりしましょう。

肌の乾燥はそばかすだけでなく、ニキビやシワなどの肌トラブルも招きます。
ボディクリームで保湿ケアをして、肌のバリア機能を高めましょう。

胸やお腹のそばかすの原因を見つけて対処しよう

胸やお腹のそばかすの原因を見つけて対処しよう

胸やお腹のそばかすの原因は、紫外線や炎症後色素沈着であることが多いと言えます。
しかし、場合によっては、カビやホルモンバランスの乱れの場合もあります。
そばかすの原因を知り、それに合った対処法でスキンケアをしていきましょう。

当サイトでは、シミ・そばかすに効く医薬品を紹介しています。
シミやそばかすが気になる方は、一度試してみると良いでしょう。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ2選】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。

  2. キミエホワイトプラス

    キミエホワイトプラスのランキングキミエホワイトプラス

    第3類医薬品として、効果がしっかりと認められています。緩和するだけでなく、しっかりと治すのが特徴です。また、しみ、そばかすだけではなく、大人ニキビ、吹き出物、倦怠感、二日酔いにも効きます。1日1錠で飲みやすく、初回1,900円にて購入出来るため、利用しやすいというのも魅力と言えます。