そばかすとビタミン

肌の悩みの一つ、そばかすを消すなら、ビタミンを意識して摂取するようにしましょう。
ビタミンがそばかすになぜ効果的なのか、ビタミンの摂取方法についてご紹介いたします。

ビタミンはそばかす抑制・除去に最適

そばかすには、生まれつきの体質で思春期を過ぎる頃に消えるものと、大人になってからの生活習慣が原因で出てくるものの2つあります。
大人になってから出てくるそばかすは、紫外線の当たりすぎやタオルなどで体をこすったりなど、肌が刺激を受けた時に刺激から肌を守ろうとし生成されたメラニン色素によって出来ます。

つまり、そばかすを消すためには、このメラニン色素の生成を抑制、酸化したメラニン色素の除去する効果がある栄養素を取り入れる必要があるというこ事です。

このメラニン色素を抑制・除去してくれる栄養素こそがビタミンなのです。

外側からのそばかすケアにはビタミンC誘導体

外側からのそばかすケアにはビタミンC誘導体

そばかすなどのシミを消すには、美白成分配合の化粧品を使用するのが最適です。
有効美白成分には、トラネキサム酸、リノール酸、アルブチン、コウジ酸、プラセンタエキス、ビタミンC誘導体などがあります。
今回は、その中のビタミンC誘導体についてご紹介いたします。

ビタミンC誘導体はそばかすにどんな効果があるの?

ビタミンC誘導体は、美白効果が高い美白成分の1つです。
このビタミンC誘導体は、活性酵素の働きを抑えてメラニン色素の生成を抑え、肌の新陳代謝を良くしてメラニン色素の除去を早めてそばかすを消してくれます。

皮脂の分泌を抑えてニキビを予防し、コラーゲンの生成を手助けして肌を引き締め、肌を若々しくしてくれます。
ビタミンC誘導体配合のプチプラ化粧水には、キュレル・美白化粧水ⅲとてもしっとり、コラージュ・ホワイトニングソリューション、アクアレーベル・ホワイトアップローションなどがあります。

ドラッグストアーでも購入できる美白化粧品でも、自分の肌にあるものを毎日使用する事で、そばかすの抑制・除去が出来ます。

内側のそばかすケアにビタミン配合のサプリを!

内側からのそばかすケアにもビタミン配合のサプリを摂取

美白化粧品を使って外側からそばかすケアをして、さらに内側からもビタミン配合のサプリを摂取して美白効果を高めていきましょう。

ビタミン配合のサプリにはどんなものがあるの?

ビタミン配合のそばかすに効果があるサプリには、副作用の危険性も低い第三類医薬品のものなら安心して摂取できると思います。

例えば、第三類医薬品にはロスミンローヤルやキミエホワイトがあります。

ロスミンローヤルは、そばかすに効果のあるビタミンC・E・Bだけでなく、美白成分のL-システイン、さらにはローヤルゼリーなどの9種類の生薬配合されている医薬品です。
これらの成分により、そばかすだけでなくシミ・小ジワなど紫外線によって肌の表面に出てくる肌トラブルが表面化してくる前に体内でダメージをケアしてくれます。
さらには、女性が悩まされる冷え症・肩こり・腰痛などの不調を引き起こす血行不良なども改善して疲れにくい体にしてくれます。

L-システイン、ビタミンC・B2などが配合されているキミエホワイトは、そばかすなどの色素沈着の他に、ニキビや湿疹、蕁麻疹やかぶれ、さらには全身倦怠や二日酔いなどにも効果が期待できます。
女性だけでなく毎日忙しいサラリーマンにも摂取してもらうために、効能効果を大きく進化させて公式サイトで発売されています。

どちらも公式サイトで購入すれば初回限定で半額以下の価格で購入できて大変お得です。
一度試してみてはいかがでしょうか。

そばかすケア!ビタミンを食生活に摂り入れよう

そばかすとビタミンと食生活

さらに、ビタミンの効果を高めてそばかすケアをするなら、現在の食生活を見直してみましょう。
栄養バランスの偏った食事は、そばかすだけでなく健康にも良くありません。
肌も体も元気になるために、ビタミンを毎日取り入れるようにしましょう。

そばかすケアにはビタミンAECの食材!何がある?

そばかすなどのシミケアには、ビタミンACEが最適です。

まず、美白成分にもあるビタミンCが多く含まれている食べ物には、柑橘類・アセロラ・キウイ・ゆず・パプリカ・パセリ・ゴーヤがあります。
ビタミンCには熱に弱く、水に流れやすい性質があるので野菜などは茹でず数回に分けて少しずつ食べるのが良いです。
柑橘類は、食べた後に紫外線を浴びると逆にシミや色素沈着を引き起こす性質があるため、日の当たらない夜に食べるようにしましょう。

ビタミンEは、肌のターンオーバーを促進してくれます。
ナッツ類・アボカド・ほうれん草・かぼちゃ・うなぎの蒲焼などに多く含まれています。

ビタミンAは、体内に取り入れられるとメラニン色素を生成する活性酵素を除去するβカロチンという栄養素に変わります。
また、ビタミンCには皮膚の新陳代謝を高める役割もあるため、シミ・シワ予防もしてくれます。
豚・牛・鶏の肝臓・いか・卵・バターなどの乳製品にビタミンAは多く含まれています。

これらの食べ物は、多く摂取すれば良いというわけではありません。
栄養素には1日に摂取すべき適量があり、適量を毎日続けることで、肌も体も健康にしてくれます。
過剰摂取には気をつけてくださいね。

注意!そばかすに良くない食べ物もある!

そばかすにビタミンACEが効果があるように、逆にそばかすに良くない栄養素もあります。

例えば、コーヒーや紅茶・ウーロン茶・緑茶・ココアなどに含まれているカフェインには色素沈着やシミを悪化させる成分があります。
砂糖・糖分の過剰摂取は血をドロドロにさせて肌をくすませ、コラーゲンを分解して肌にシワ・たるみを出します。

アルコールの摂りすぎも、砂糖・糖分と同様コラーゲンを分解してシワ・たるみを増やします。
また、アルコールを体内で分解する際に発生する活性酵素がメラニン色素の生成を活発にさせるため、そばかすを増やしてしまいます。

カフェインも甘いものも、お酒も大好きだという方は多いと思います。
肌に良くないからと完全に止めて我慢してしまうのは、逆にストレスになって肌に悪いです。
今後は過剰摂取に気をつけて適量を意識するようにしましょう。

ビタミンはそばかすを改善してお肌を健康にする栄養素

ビタミンはそばかすを改善してお肌を健康にする栄養素

ビタミンの摂取は、そばかすなどのシミを改善するだけでなく、肌のハリを取り戻して若々しく健康的にしてくれる効果もあります。
また、腎臓や肝臓などの内臓の機能の手助けもしてくれたりと、体の内部にも良い影響を与えてくれます。
スキンケアのためだけでなく、年齢を重ねても生き生きと生活するためにも、日頃からビタミンを積極的に取り入れていきましょう。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ2選】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。

  2. キミエホワイトプラス

    キミエホワイトプラスのランキングキミエホワイトプラス

    第3類医薬品として、効果がしっかりと認められています。緩和するだけでなく、しっかりと治すのが特徴です。また、しみ、そばかすだけではなく、大人ニキビ、吹き出物、倦怠感、二日酔いにも効きます。1日1錠で飲みやすく、初回1,900円にて購入出来るため、利用しやすいというのも魅力と言えます。