ビタミンC「タケダ」の評判・口コミ

製薬メーカーとして有名な武田薬品工業からは、第3類医薬品のビタミンC「タケダ」が販売されています。
商品の名前の通りビタミンCを含み、ハイシーシリーズではありませんが、成分的にはハイシーと同じ位置付けです。

ナトリウムを含まない黄色い小型錠で、飲みやすい医薬品という事で注目を集めています。
類似品のアリナミンやハイシー、チュアブル錠と違ってビタミンC「タケダ」に、どのような効果があるのか見ていきましょう。

  • シミやそばかす、日焼けやかぶれによる色素沈着の症状を緩和する
  • 歯茎からの出血や鼻出血の症状を予防する
  • 妊娠期や授乳期の肉体疲労を軽減する
  • 病中病後の体力低下時の栄養補給

サプリメントとは違って、効果や効能が確立されている医薬品なので、厳しいテストをクリアしています。
医薬品は何に効くのかを明示出来ますし、ビタミンC「タケダ」は第3類医薬品なので、第1類や第2類と比べると穏やかな作用が期待出来るのです。

肌荒れや肌トラブルを、身体の内側から改善するビタミンCは、体内で作り出す事が出来ません。
毎日の食生活で不足している方は、シミやそばかすを予防するために飲んでみてください。

ビタミンC「タケダ」の評判や口コミをチェック!

・ビタミンC「タケダ」を飲んでから1週間くらいで肌が白くなってワントーンは明るくなりました
・一度に摂取するのではなく小まめに分けた方が効率良くビタミンCを補給できますよ
・ハイシーLとビタミンC「タケダ」の違いが全く分かりません
・錠剤のサイズは小さくて飲みやすく、胃痛や吐き気などを感じることはありません
・シミやニキビ跡の予防として飲み続けていますが、症状を劇的に変えるような効果はなさそうです
・シミの回復が早いことに加えて風邪を引きにくくなったので健康のためにもビタミンC「タケダ」を飲み続けるつもりです
・心なしか乾燥肌や敏感肌の症状が良くなったような気がします
・ナトリウムフリーの医薬品なので塩分を制限されている方でも安心して飲めますね
・貧血対策にはビタミンC「タケダ」だけでは心許ないので鉄分サプリのFloradixと併用しています
・依然としてニキビはできるし美白もされないのでシナールAのカプセルを飲むつもりです
・肌荒れには何となく効き目がありそうなので続けることが大事だと思います
・類似品のドリンクや粉末よりも持ち運びができるビタミンC「タケダ」の方が気に入っています

⇒管理人も利用したシミ・そばかすに効く医薬品はこちら。

ビタミンC「タケダ」に含まれている成分は?

ビタミンC「タケダ」に含まれている成分

ビタミンC「タケダ」の中には、1日6錠で2,000㎎のビタミンC(アスコルビン酸)が含まれています。
錠剤タイプなので決められた量を飲むだけで良いですし、緑黄色野菜や果物を食べる機会が少ない人にオススメです。

ビタミンCの摂取によって、肌や身体へとどのように働きかけてくれるのかまとめてみました。

  • シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑え、シミを還元して無色化する美白効果が得られる
  • 肌の弾力やハリを維持するコラーゲン(皮膚や髪の毛など様々な場所に存在している)の生成を促す
  • ウイルスや細菌などの病原体を排除するシステムの免疫力を高めて風邪を引きにくくする
  • ニトロソアミンと呼ばれる体内の発がん性物質を抑制してガンの発症を予防する

上記のように、肌と身体の両方に不可欠な成分だとお分かり頂けるはずです。
食生活の乱れだけではなく、精神的なストレスが溜まっていたりタバコを吸っていたりという方は、体内でビタミンCが消費されやすいので注意しなければなりません。

そんな成分を効率良く補給出来るのがビタミンC「タケダ」で、成人の一日の最大服用量をたったの6粒で摂取できます。
また、肌の機能を正常に保つリボフラビン酪酸エステル(ビタミンB2酪酸エステル)も含まれており、ビタミンCの働きをサポートするのが特徴です。

ビタミンC「タケダ」の販売店、価格は?

ビタミンC「タケダ」の販売店

ビタミンC「タケダ」は、ドラッグストアなどの実店舗や、Amazonや楽天市場などのネット通販で取り扱っています。
販売店が多いのが特徴で、武田薬品工業の医薬品の中でも有名です。

メーカー希望小売価格は100錠で1,600円、300錠で3,700円と公式サイトでは記載されていました。
しかし、販売店によってはもっと安い料金で購入出来て、価格にどの程度の違いがあるのかチェックしておきましょう。

300錠

Amazon:2,138円
メディストック:2,203円
ウエルシア.com:2,345円
薬のビックヤマト:2,345円
マツモトキヨシ:2,380円
みんなのお薬:2,439円
コジマネット:2,440円

最安値はAmazonの2,138円で、対象商品2,000円以上の注文で配送料が無料となるのでお得です。

ビタミンC「タケダ」にジェネリックはある?

ビタミンC「タケダ」には、後発医薬品のジェネリックはありません。
恐らく、武田薬品工業から同じような成分を含むシミ対策のお薬が販売されているからこそ、「ジェネリックなのではないか?」と噂が流れているのではないでしょうか。

  • 黄色で小さめのチュアブル錠の「ハイシープラス」
  • 白色のシュガーレス薄層糖衣錠の「ハイシーホワイト2」
  • 黄色の顆粒タイプの「ハイシーEクラス」

上記の製品の中にも、ビタミンC「タケダ」と同じようにビタミンCが含まれており、シミやそばかすを内側から対策したいと考えている女性にピッタリです。

ビタミンC「タケダ」の正しい飲み方をチェック!

ビタミンC「タケダ」の正しい飲み方

ビタミンC「タケダ」は、年齢によって用法や用量が決まっており、正しい飲み方をまとめてみました。

・15歳以上の成人は1回当たり1錠~3錠で1日に2回
・11歳~14歳は1回当たり1錠~2錠で1日に2回
・7歳~10歳は1回当たり1錠で1日に2回
・7歳未満の子供は服用してはいけない

正しい量を守って水やお湯で噛まずに服用し、バランス良くビタミンCを補給していれば身体の内側からシミの発生を抑えてくれます。
シミやそばかすの正体はメラニンの蓄積なので、増殖を抑制するビタミンCの摂取が大いに役立つのです。

ビタミンC「タケダ」に副作用のリスクはある?

ビタミンC「タケダ」には副作用のリスクがあり、添付文書で記載されている症状を見ていきましょう。

  • 吐き気や嘔吐
  • 胃部不快感
  • 胃部膨満感
  • 食欲不振

服用してこれらの症状が出て持続したり増強したりする場合は中止し、専門医や薬剤師へと相談しなければなりません。
また、部分アルファー化デンプンやステアリン酸Mgなどの添加物も含むので、アレルギー体質の方も注意が必要です。

ビタミンC「タケダ」の販売会社概要

会社名:武田薬品工業株式会社
本社所在地:〒540-8645 大阪市中央区道修町四丁目1番1号
創業:1781年 ( 天明元年 ) 6月12日
代表者:クリストフ ウェバー
ホームページ:ビタミンC「タケダ」の公式サイトはコチラ

当サイトでオススメしている医薬品

【シミ・そばかすの医薬品オススメ2選】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。

  2. キミエホワイトプラス

    キミエホワイトプラスのランキングキミエホワイトプラス

    第3類医薬品として、効果がしっかりと認められています。緩和するだけでなく、しっかりと治すのが特徴です。また、しみ、そばかすだけではなく、大人ニキビ、吹き出物、倦怠感、二日酔いにも効きます。1日1錠で飲みやすく、初回1,900円にて購入出来るため、利用しやすいというのも魅力と言えます。