手の甲 シミ

日常生活でよく使う『手』ですが、よく見ているように思っていても、突然手の甲にシミを発見して驚いた事はありませんか?
この記事では手の甲のシミの原因と、治療・対策について説明していきたいと思います。

⇒管理人も利用したシミ・そばかすに効く医薬品はこちら。

手の甲のシミの原因はなに?

手の甲にシミができる原因は、大きく分けて二つあると考えられます。

紫外線によるシミ

長年手の甲に浴び続けた紫外線が、加齢によりシミとなって現れます。
このシミは『老人性色素斑』と呼ばれるものです。

老人性という名前が付いていますが、長時間紫外線を浴びていれば、年齢に関係なく現れるシミです。
「昨日まではなかったのに急に…」と、突然シミが現れると驚きますが、これは加齢と共に蓄積した紫外線がシミとなって現れる事が原因となっています。

火傷や怪我などによるシミ

身体の中でも手は最も酷使する部位であると言えます。
調理をしていて火傷をしたり、擦り傷や切り傷を負った跡が完治せず残ってしまうと、シミとなってしまう場合があります。

肌の調子が悪かったり加齢によって、「傷が治りにくいな」と感じた事はありませんか?
手の甲のシミは、このように火傷跡・傷跡が残ってまう事が原因となる事もあります。

手の甲のシミを消す方法・対策はある?

手の甲のシミを消す方法・対策

手の甲のシミを消すには、顔や身体のシミを消す方法と同じ方法を用いる事が出来ます。
外用薬の塗布やレーザー治療です。

対策としては、原因を防ぐ事が近道と言えるでしょう。
手の甲のシミの原因は紫外線や傷跡ですので、紫外線対策や傷跡のケアをする必要があります。

こまめにUVカットクリームを塗ったり、夏場はアームカバーで保護するのも良いでしょう。
万が一日焼けをしてしまった場合は、その後のケアも重要です。

傷跡は、肌の代謝を良くして綺麗に治すように心がけると良いでしょう。

手の甲のシミは皮膚科で治療することができる?

手の甲のシミは皮膚科で治療する事が出来ます。
皮膚科での治療は、外用薬やレーザー治療で行われますが、すべての皮膚科で治療できるわけではありません。

皮膚科の医師によっても得意不得意があり、シミ治療を行っていない医院もあります。
ホームページや口コミ、問い合わせなどをして事前に調べてから受診するとよいでしょう。

手の甲のシミは市販化粧品で消す・隠すことができる?

手の甲のシミの多くは老人性色素斑であるため、市販化粧品で消せる可能性があります。
火傷や傷跡の色素沈着にも、市販化粧品は有効です。
しかし、あまりにも濃いものや盛り上がったシミには十分に効果を得ることができない場合があります。

一時的にシミを隠したいときには、顔用のコンシーラーや体用のファンデーションでうまく隠す事が出来ます。
手の甲にシミがあると、いざ手の見られる場面でドキッとしてしまいがちですよね。
化粧品をうまく活用して乗り切りたいですね。

手の甲のシミはレーザー治療できる?

手の甲のシミはレーザー治療できるのか

手の甲のシミはレーザー治療する事が出来ますが、最終手段だと思った方が良いでしょう。
レーザー治療後は患部を保護し、終日紫外線や摩擦から守らなければならないため、日々酷使している手の治療後のケアは、なかなかにストレスを感じてしまうかもしれません。

手の甲のシミは、外用薬の塗布でも十分に治す事が出来るシミです。
市販薬や外用薬での治療が難しい場合の選択肢として考えるようにしましょう。

手の甲のシミのレーザー治療に掛かる費用は?

手の甲のシミのレーザー治療は、比較的良心的な価格で行う事が出来ます。
治療範囲も狭く、小さなシミであれば1回の照射で1箇所1,000円~3,000千円で治療する事が可能です。

これは、健康保険の適用されない美容外科・美容皮膚科での価格ですが、(場合によっては)健康保険の適用される一般的な皮膚科で治療を行えば、もっと費用が下がることになります。
しかし、一般的な皮膚科ではシミのレーザー治療を行っていない医院もあるため、事前の確認が必要です。

赤ちゃんの手の甲のシミの原因はなに?

赤ちゃんの手の甲のシミの原因

赤ちゃんの手の甲に見られるシミは、正しくはアザの分類です。
赤ちゃんのアザには多くの種類、色も様々な物があります。

有名なものとしてはおしりに出来る蒙古斑がありますが、この蒙古斑がおしり以外の場所に出来るものは異所性蒙古斑です。
異所性蒙古斑であれば、成長と共に自然と薄くなっていく可能性が高いと言えます。

しかし、成長と共に濃くなっていくシミもあります。

この場合は、自然治癒は不可能なため、気になる場合は治療が必要になります。
大切なわが子に現れるアザは、どんなものであっても心配になってしまいます。
自己診断も難しいですので、アザが見られる場合は一度医師に相談してみるとよいでしょう。

赤ちゃんの手の甲のシミは治療できる?

赤ちゃんの手の甲のシミ(アザ)を治療する場合、レーザー治療が適用されます。
治療は小児科が行うのではなく、多くは形成外科に紹介され、詳しい診断と治療が行われます。
大体のアザは、レーザー治療を行う事によって治るため特に心配はありません。

しかし、手足や身体に茶色のアザが現れたら要注意してください。
茶色のものは悪性のものが多く、そのなかにカフェオレ斑というものがあります。

カフェオレ斑は、神経性の病気を患っているときに現れるアザです。
専門の治療が必要となるため、すぐに病院の受診が必要です。

茶色のアザ全てがカフェオレ斑とは限りませんが、茶色のアザが現れたら要注意し、早めの医師への相談をオススメします。

⇒管理人も利用したシミ・そばかすに効く医薬品はこちら。

手の甲のシミについてのまとめ

手の甲のシミについてのまとめ

手には年齢が現れるとはよく言ったもので、手の甲のシミは長年の紫外線の影響や傷跡によって現れます。
他の部位のシミと違って、市販薬でも十分に治すことのできるシミという事は、日々予防に努めていれば防げるシミという事でもあります。
常日頃がんばっている手を労わってあげるよう努めたいですね。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。