シミとターンオーバー

美容やアンチエイジングケアに興味のある女性であれば、一度は肌のターンオーバーというフレーズを聞いたことがあるのではないでしょうか。
端的に説明すると、ターンオーバーとは肌の新陳代謝や生まれ変わりのことです。

基底層 表皮の最も下層部に位置していて円柱細胞層とも呼ばれている
有棘層 有棘細胞が10層も重なっていて形成されている
顆粒層 代謝的に活発な深層と死細胞からなっている
角質層 肌の一番外側に位置する部分で外部の刺激から守るバリア機能が備わっている

私たちの肌は内側から上記の4層で構成されており、無核となって死んだ状態が角化細胞です。
そして、新しく生まれた細胞に押し上げられるような形で表面に上がり、垢となって自然と剥がれ落ちるメカニズムのことをターンオーバーと呼びます。

しなやかで強くて美しい角質のバリアを作るのがターンオーバーの目的で、一定のサイクルで生まれ変わって理想の状態をキープできるのです。

肌のシミを消すためにターンオーバーを促進しよう

顔や肌に形成されたシミを消すに当たり、ターンオーバーの促進を念頭に置いてみましょう。
ターンオーバーが促されれば、当然のように肌が生まれ変わり、自然とメラニン色素が排出されるのでシミとなって沈着しません。

1.何かしらの原因で肌のターンオーバーが乱れている
2.肌が新しい細胞へと生まれ変わるまでの期間が長くなる
3.一部分にメラニン色素が沈着したままの状態となる
4.紫外線に当たる量が減ってもメラニンが生成され続ける
5.シミやそばかすとなって美容を損ねる

しかし、肌の生まれ変わりが正常に行われていないと上記のような弊害があり、いつまで経ってもシミが消えないのはお分かり頂けるはずです。
メラニン色素が過剰に生成されていると、表皮ではなく真皮に残り、真皮組織はターンオーバーをしないので、色素沈着がずっと残ってしまいます。

  • シミが消えない
  • 色素沈着が残っている
  • 肝斑が悪化している

こういった悩みを抱えている方は、ターンオーバーの促進に焦点を当てなければならず、どのような方法が適しているのかチェックしておいてください。

ホルモンバランスを整える

ターンオーバーを促進するに当たり、ホルモンバランスを整えるのは大事です。
女性の場合は、エストロゲンとプロゲステロンが上手くバランスをとる事により、良好な肌の状態を維持出来ます。

しかし、以下のように不規則な生活習慣を送っていると、簡単に乱れてしまうのです。

  • 睡眠不足で成長ホルモンの分泌が損なわれている
  • エアコンの効いた部屋で過ごす時間が長い
  • 運動不足が引き金となって自律神経が乱れている

ホルモンバランスの乱れでターンオーバーにも悪影響が生じ、肌がスムーズに生まれ変われなければ、メラニンが沈着してシミの原因になるので注意しなければなりません。

冷え性を解消する

女性は男性よりも筋肉量がなく、薄着のファッションが多い事から、冷え性で悩まされやすいと言われています。
冷え性で低体温の状態が続くと、接着斑(デスモソーム)を分解するタンパク質分解酵素(プロテアーゼ)の働きが鈍り、古くなった角質がいつまでも残ってターンオーバーが機能しにくくなるのです。

同時に身体が冷えれば全身の新陳代謝も悪化しやすく、シミを身体の内側から消すためにも冷え性を解消してみましょう。

・手首や足首を動かすブラブラ運動や手足を開いたり閉じたりするグーパー運動などのエクササイズを行う
・ショウガやネギなど身体を内側から温める食べ物を毎日の食生活で取り入れる
・身体の中から温まる時間を長くする新鮮なエキストラバージンオリーブオイルを摂取する
・就寝前や入浴中に手足のツボをマッサージして刺激する
・寝起きに冷たい水やスポーツドリンクではなく体温より少し高い白湯を1杯飲む
・デスクワークをしている人は関節痛や腰痛を解消して血流を促す

これらの対策が冷え性には適しており、様々な方法を少しずつ実践してみてください。

ターンオーバーを促す栄養素を摂取する

ターンオーバーを促す食べ物を食べるのは、身体の内側からシミを対策する方法として適しています。
現にビタミンやアミノ酸を中心とする栄養素を含むシミ改善薬は多く、毎日の食生活で補いきれない成分を摂取して、シミが出来にくい状態を作れるのです。

どのような栄養素を摂取すれば良いのか幾つか挙げてみました。

  • 体内では生成されない必須アミノ酸を含む良質のタンパク質
  • 緑黄色野菜や果物の中に含まれているビタミンC
  • 亜鉛やマグネシウムを中心とするミネラル
  • 上皮成長因子のEGF(細胞の成長促進や機能を整える)
  • 表皮に残ったメラニン色素や活性酸素を除去するプラセンタ

上皮成長因子のEGFやプラセンタに関しては食べ物から取り入れるのが難しく、サプリメントに頼ってターンオーバーを促すのが良いかもしれません。

ターンオーバーの期間は早すぎても良くない

ターンオーバーの期間は早すぎても良くない

上記のようなスキンケアや生活習慣を送っていればターンオーバーの期間は正常化され、シミやそばかすが濃くなるのを未然に予防できます。
ターンオーバーの期間は28日程度が丁度良く、「表皮細胞が誕生する」⇒「古くなった角質が垢となって剥がれる」という標準的な日数なのです。

つまり、このサイクルは遅すぎるだけではなく早すぎても良くありません。

1.間違ったスキンケアを続けていて肌へとダメージが加わっている
2.通常よりもターンオーバーの期間が速くなる
3.細胞が十分に成長していないのに肌のバリア機能を担う
4.潤いを維持できなかったり外部からの刺激に敏感になったりする
5.丈夫で美しい角質ができず、肌の乾燥やシミなどのトラブルに繋がる

上記のメカニズムで肌トラブルに繋がるので、早ければ早いほど良いという単純な話ではないのです。

通常よりも外部刺激を受けやすい敏感肌の状態では肌荒れを起こしやすくなるため、「何度も洗顔やクレンジングを行う」「必要以上に化粧水や美容液を使う」といった過剰なスキンケアを見直してみてください。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ2選】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。

  2. キミエホワイトプラス

    キミエホワイトプラスのランキングキミエホワイトプラス

    第3類医薬品として、効果がしっかりと認められています。緩和するだけでなく、しっかりと治すのが特徴です。また、しみ、そばかすだけではなく、大人ニキビ、吹き出物、倦怠感、二日酔いにも効きます。1日1錠で飲みやすく、初回1,900円にて購入出来るため、利用しやすいというのも魅力と言えます。