そばかすと腕

シミ・そばかすは顔だけに出てくるものではなく、身体中にできるものです。
顔だけでなく、体にもシミ・そばかすが出来ないように予防・ケアをしましょう。

⇒管理人も利用したシミ・そばかすに効く医薬品はこちら。

そばかす・シミは腕・肩にもできる

腕や肩にも、顔と同じようにいつの間にかシミ・そばかすが出来てしまいます。
出来る事なら腕・肩のシミ・そばかすも消してしまいたいですよね。

腕や肩にできるシミ・そばかすの原因は何?

腕や肩にできるシミ・そばかすの原因

腕・肩に出来るシミ・そばかすの原因は、顔に出来るシミ・そばかすの原因と同じです。
ケア方法は後ほどご紹介しますが、顔のスキンケアとよく似たやり方でケアが出来ます。

まずは、腕・肩のシミ・そばかすの原因についてご説明します。

腕・肩のシミ・そばかすは日焼けで出来る

顔のシミ・そばかすと同様、腕・肩のシミ・そばかすの原因の多くは日焼けによる紫外線です。

紫外線対策もせずに日焼けると、細胞は肌を守るためにメラニン色素を生成し、それが酸化して黒くなって肌の表面に現れます。
肌のターンオーバーが乱れているとメラニンが排出されず、そのまま肌に留まってしまいます。
これがシミ・そばかすの原因です。

顔には日焼け止めをしっかりと塗って紫外線対策をしたのに、腕や肩に紫外線対策をせずに露出したまま外出すると肌は赤くなったり、皮がむけたりします。
腕・肩も入念な紫外線対策をしていないと、気が付いたらシミ・そばかすだらけになっていた、という事になりますので注意してくださいね。

腕・肩のニキビやあせもがシミ・そばかすになる事も

腕・肩のシミ・そばかすには、他にも原因があります。
例えば、汗をかいたのにそのままにしたり、ニキビ・あせもができているのに関わらず、放置したりした事が原因で、シミ・そばかすになります。

これは、ニキビ・あせもが肌にとどまり続けることで肌はそれに反応し、炎症性色素沈着を起こすからです。
スポーツ選手のように、運動をして汗をかき続ける人は紫外線に浴びていなくても肩や背中にシミ・そばかすができている人が多いようです。

汗を拭い常に清潔を保たないと、汗によってニキビ・あせもが出来てしまい、最終的にはシミ・そばかすになってしまいます。

腕・肩にシミ・そばかすは日焼けマシンが原因かも?!

腕・肩のシミ・そばかすには、他にも日焼けマシンが原因の場合もあります。
日焼けマシンは、人為的に紫外線を出してメラニン色素を作り出す機械で、さらには白くならないように、定期的に日焼けマシンで肌を黒く焼かなければなりません。

何度も日焼けマシンを利用すると、後々腕・肩にシミ・そばかすが浮き出てしまいます。
日焼けマシンに入る人は、日焼け肌に憧れている人がほとんどだと思います。
ただ、黒く日焼けるのは簡単ですが、その後シミ・そばかすが出た際にスキンケアをして消すのは、非常に手間が掛かります。
そのため、しっかりと考えて利用しましょう。

自宅で腕・肩のシミ・そばかすを消すには?

自宅で腕・肩のシミ・そばかすを消す

では、腕・肩のシミ・そばかすを消す方法は何でしょうか?
シミ・そばかすの原因であるメラニン色素を排出することがケアになります。基本的には顔のスキンケアとほとんど同じです。

美白成分配合の化粧品で腕・肩のシミ・そばかすを消す!

まずは美白成分配合の化粧品を探しましょう。
顔用の美白成分配合の化粧品を体にも使っている方も多いでしょうが、顔用を体に使うと効果が弱いため、シミ・そばかすケアがされていると実感し辛いかも知れません。

ボディ用の美白クリームは、ドラッグストアーでも販売されていますので、そちらも試してみると良いでしょう。

美白成分にはビタミンC誘導体やプラセンタなど

取り入れやすい美白成分は、アルブチン・トラネキサム酸・プラセンタエキス・ビタミンC誘導体などが有ります。
ボディ用の美白クリームを探す際は、これらの成分がしっかりと配合されているものを選ぶと良いでしょう。

例えば、CMでもよく流れているジョンソンボディケア・ボディケアバイブランド ラディアスや、オルビス・ボディホワイトニングジェル、ニベア薬用ホワイトニングリペア ボディジェルなどなら2,000円以下で買えるプチプラ美白クリームです。

まずは手頃な値段のものから始めてみましょう。

腕・肩のシミ・そばかすはレーザー治療で消す事が出来る?

腕・肩のシミ・そばかすはレーザー治療で消す事が出来る

皮膚科・美容外科で、腕・肩のシミ・そばかすを消したい方もいるかもしれませんね。
クリニックでの腕・肩のシミ・そばかす治療をご紹介します。

例えば、ハイドロキノンやトレチノインといった外用薬を、シミ・そばかすの部分に1ヶ月から三ヶ月程度、継続的に塗る治療があります。
また、脂漏性角化症のように盛り上がったシミには、炭酸ガスレーザーを使う治療や外科手術で切除する治療も行われます。

シミ・そばかす治療で有名なのがレーザー治療ですが、顔だけでなく腕・肩にも治療を施すことが出来ます。
レーザー治療は、外用薬での治療よりも確実にシミ・そばかすを除去でき、しかも効果を早く実感出来ます。
ただ、保険不適用で1度の施術で10,000円以上かかり、人によっては何度も通院しなければならず、かなりの高出費になります。

また、レーザー後は肌が弱くなるダウンタイムという期間が1~2週間あります。
この期間にいつも以上に念入りな保湿ケア・日焼け対策をしないと、施術箇所が炎症後色素沈着を起こして、さらに濃いシミ・そばかすになる恐れがあります。

ダウンタイムには、自分でしっかりとアフターケアをしましょう。
また、医師としっかりと相談した上でレーザー治療をするかどうか決めてくださいね。

⇒管理人も利用したシミ・そばかすに効く医薬品はこちら。

腕・肩のシミ・そばかすのまとめ

腕・肩のシミ・そばかすのまとめ

腕・肩のシミ・そばかすの消し方は、基本的には顔と同じです。
せっかくなので、顔と同様に腕・肩のシミ・そばかすケアもして綺麗な肌を手に入れましょう。

当サイトでは、シミ・そばかすに効く医薬品も紹介しています。
管理人も実際に利用した物なので、試してみる事をオススメします。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ2選】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。

  2. キミエホワイトプラス

    キミエホワイトプラスのランキングキミエホワイトプラス

    第3類医薬品として、効果がしっかりと認められています。緩和するだけでなく、しっかりと治すのが特徴です。また、しみ、そばかすだけではなく、大人ニキビ、吹き出物、倦怠感、二日酔いにも効きます。1日1錠で飲みやすく、初回1,900円にて購入出来るため、利用しやすいというのも魅力と言えます。