そばかすができやすい

そばかすは誰にでも出来るものですが、実は肌の特徴によって、そばかすができやすい人もいます。
そばかすができやすい人の肌はどんな特徴があるのでしょうか?

ケア・予防方法も一緒にご紹介いたします。

そばかすができやすい人の特徴は何か?

そばかすができる大きな原因は、紫外線などの外部からの刺激です。
この原因は全ての方に当てはまるものですが、同じ量の刺激を受けてもそばかすができる人とできない人には個人差があります。

では、そばかすができやすい人には、どんな特徴があるのでしょうか。

男性よりも女性の肌の方がそばかすができやすい

そばかすは男性よりも、女性の方ができやすいのです。
なぜ、そばかすが男性よりも女性ができやすいのかというと、それには女性ホルモンが関わっているため。

女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類あり、そばかすには黄体ホルモンの働きが関わっています。
黄体ホルモンは、子宮を妊娠準備の状態に変化させて月経周期を決めます。
そして、もし妊娠した時に出産までの間、子宮の妊娠状態を維持させる働きをしています。

この黄体ホルモンのバランスが崩れる、つまり月経周期がずれたりピルを服用して、ホルモンバランスを意図的に変えると、黄体ホルモンは、メラノサイトを刺激してそばかすを肌に作ってしまいます。
肝斑は女性ホルモンが原因で出来るそばかすです。

肌が色白な人はそばかすができやすい

白く透き通った肌は、とても綺麗で羨ましいですよね。
しかし、色白な肌にはそばかすができやすいという悩みがあります。

色白な方は、肌の中のメラニン色素の量が少なく、紫外線を浴びると刺激を直に受けてしまい、肌の内部で過剰にメラニン色素が作られてしまいます。
そのため、色白の人は日常生活を送っているだけでも、そばかすをすぐに作ってしまいます。

また、色白だと余計にそばかすが目立ってしまいます。
そのため、それに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

外で活動することが多い人もそばかすができやすい

外出することが多い人、外でするスポーツやアウトドアを好む人など、紫外線を浴びる機会が多い人ほど、そばかすができやすいのです。
たとえ日焼け止めクリームを塗っても、日差しを浴びて汗で流れ落ちてしまいます。
こまめに塗ったとしても、外にいる時間が多ければ多いほど、そばかすはできやすくなります。

血行が悪く冷え性の人もそばかすができやすい

血のめぐりが悪く、冷え性の方もそばかすができやすいと言えます。
血行不良だと、栄養・酸素が全身に行き渡りにくかったり、血のめぐりが悪くて顔色が悪くなり、クマもできやすかったりします。
また生理不順や生理痛などの不調も起こしてしまいます。

女性ホルモンのバランスが乱れることにも関わってくるので、肝斑もできやすくなってしまいます。

お手入れのしすぎでそばかすができやすくなることもある

そばかすができやすいのは、性別や体質、生活習慣だけが原因ではありません。
熱心にスキンケアをしているにも関わらず、なかなかそばかすが治らないという方はいませんか?

実は、その熱心なスキンケアが、そばかすをできやすくする原因の可能性があるのです。
外部刺激によってそばかすは増えてしまいますが、洗顔・クレンジングの際に、手・タオル・コットンでゴシゴシとこするという動作も、肌にとっては刺激になってしまいます。

毛穴の汚れやそばかす、くすみを落としたいと思って、力強く洗顔・クレンジングをしていませんか?
それは、そばかすをできやすくする行為になるので、今すぐスキンケアを改めましょう。

そばかすができやすい人の予防方法とケア方法は何?

そばかすができやすい人の予防方法とケア方法

そばかすができやす人は、特に予防やケアをしっかりと行いましょう。
しかし、そのためには、どうすれば良いのでしょうか?

食生活と生活習慣の見直し

まずは、食生活と生活習慣を見直しましょう。
偏食がちの方は、ビタミンACEやリコピンなど、そばかすの元になるメラニン色素の生成抑制・排出促進をしてくれる働きのある栄養素を取り入れた食生活にしましょう。

生活習慣が乱れがちの方は、睡眠不足の解消、お風呂にゆっくり浸かるなどしてリフレッシュをしましょう。
ストレスを解消して、肌に極力負担をかけない生活を心がけてください。

規則的な生活は、肌を健康的にするだけでなく気持ちも明るくし、体も健康的にしてくれます。

そばかすができやすい食べ物は?食べる時間帯にも注意しよう

そばかすを解消してくれる栄養素があるのは嬉しいことです。
そばかすができやすくなる食べ物もあるのでしょうか?

基本的にはないと言われていますが、ソラレンという成分には気を付けなければなりません。
ソラレンとは光毒性を持つ成分です。
これを含む食べ物を摂取した後に紫外線を浴びると、余計にそばかすができやすくなってしまいます。

ソラレンを多く含む食べ物には、レモン・オレンジなどの柑橘類などがあります。
ですが、柑橘類にはビタミンCも多く含んでおり、これはそばかすを直してくれる成分です。

ビタミンCは、そばかすに効果的な成分で特に有名です。
そのため、毎日適量を摂取すべきですが、食べる際にはソラレンの影響が出ないように、紫外線を浴びる心配のない夜に摂取すると良いでしょう。
そばかすができないように、食べる時間帯にも注意して栄養を摂取しましょうね。

美白化粧品や医薬品でのスキンケアの徹底

そばかすには、美白化粧品を使いましょう。
ビタミンC誘導体やアルブチン酸、L-システインなどの美白成分を含む化粧品を毎日使うことで、そばかすは徐々に排出されていきます。

また、内側からも効率的に美白成分を取り入れるようにすると良いでしょう。
サプリメントや医薬品は、テレビのCMでもよく流れています。
しかし、実際に服用するのは副作用の心配があり、抵抗がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方には、副作用の心配の少ない第三類医薬品をオススメします。
「キミエホワイト」や「ロスミンローヤル」は、そばかすの他にも肌トラブルを解決してくれる成分が含まれます。
また、血行不良や女性特有の体の不調なども、毎日服用することで徐々に改善してくれる医薬品です。

ぜひチェックしてみましょう。

保湿ケアと紫外線対策は最低限すること!

何よりもそばかすを治すには、肌の保湿ケアと紫外線対策を最低限行うことが重要です。
肌は乾燥するとそばかすだけでなく、ニキビや毛穴の汚れなどの他の肌トラブルも引き起こしてしまいます。

そういった肌トラブルを防ぐためにも、肌が乾燥しないように化粧水・乳液をたっぷり使って保湿を行ってください。
また、肌の大敵・紫外線は、日焼け止めクリームでバリアーしましょう。

汗で流れ落ちてしまいますが、気が付いた時には塗り直すようにしましょう。
日焼け止めクリームの上に化粧をされる女性は、UV効果のあるファンデーションをこまめに塗り直して予防してください。

それでも紫外線を完全に防ぐことは難しいですが、全く対策を取らないよりも何倍も予防になります。

そばかすのできやすい原因を知って改善しよう

そばかすのできやすい原因を知って改善しよう

そばかすができやすい原因や特徴に、1つでも当てはまる方は、少しずつでも改善するようにしましょう。
肌は敏感ですので、体の不調に気づくとすぐに反応します。

常に綺麗な肌でいたい、これ以上そばかすを増やしたくないという方は、肌を労った生活を心がけてくださいね。

当サイトでは、管理人も実際に利用したそばかすに効く医薬品を紹介しています。
シミ、そばかすに悩んでいる方は、参考にしてください。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ2選】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。

  2. キミエホワイトプラス

    キミエホワイトプラスのランキングキミエホワイトプラス

    第3類医薬品として、効果がしっかりと認められています。緩和するだけでなく、しっかりと治すのが特徴です。また、しみ、そばかすだけではなく、大人ニキビ、吹き出物、倦怠感、二日酔いにも効きます。1日1錠で飲みやすく、初回1,900円にて購入出来るため、利用しやすいというのも魅力と言えます。