鼻のそばかす

鼻にブツブツとあるそばかすに悩んでいる方は多いでしょう。
子供の頃からある方もいれば、ある日急にそばかすが出始めて、気になるから消したいという方もいると思います。

⇒管理人も利用したシミ・そばかすに効く医薬品はこちら。

鼻に出来るそばかすは消す事が出来る?

鼻に出来たそばかすは頬や額などのそばかすと同様で、きちんとしたケアをすれば消す事が出来ます。
そもそもそばかすができる原因とは何かをご紹介いたします。

鼻のそばかすは紫外線と遺伝が主な原因

鼻のそばかすは紫外線と遺伝が主な原因

鼻のそばかすには、紫外線と遺伝が主な原因と言われています。
子供の頃からそばかすがあるという方は遺伝が原因で、ある日突然そばかすが出てきたという方は、長年浴び続けた紫外線の影響でしょう。

まずは紫外線対策を徹底しよう

今後、そばかすを増やさないためにも、紫外線対策は徹底するようにしましょう。
外出する時は、日焼け止めクリームを塗り、日傘や帽子で日差しを避けるようにしてください。
できる限り肌に直接日が当たらないように、夏でも長袖を着用する方が良いと言えます。

また、家にいる時も窓から紫外線が入ってくるので、外出時と同様に日焼け止めクリームは塗っておくようにしてください。

鼻は特に日焼けをしやすい場所で、しかも日焼けや乾燥で皮が剥けやすい場所です。
頬や額以上にたっぷりと日焼け止めを塗ることをオススメします。

遺伝性のそばかすも対策で薄くできる!

遺伝のものであっても、紫外線が原因のそばかすであっても、これからのケアや予防でそばかすは薄くすることが可能です。
遺伝性のものだと聞くと一生治せないのでは、と諦めてしまいそうになりますが、根気強くケアを続けていけばきちんと効果が現れるので、実践してみましょう。

日焼け止めクリームを塗り、さらにそばかすを増やさないようにする事も必須です。

鼻のそばかすには美白化粧品とビタミン!

鼻のそばかすには美白化粧品とビタミン

そばかすはシミの一種で、外部からの刺激を肌から守るメラニンが皮膚の表面に出てきてしまい、うまくターンオーバーされずに残ってしまう事によって出来上がります。

鼻のそばかすのケアと今後の予防のためには、このメラニンを生成するメラノサイトの活動を抑制すること(そばかすを予防)と、肌のターンオーバーを正常化させてメラニンを排出すること(そばかすを排出)が重要になります。

そばかすの予防と排出には、美白化粧品とビタミンが有効と言われています。

まず、予防に効く成分には、アルブチン、エラグ酸、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、カモミラETなどが有効です。
これらには、メラニン生成に関わる酵素や細胞の活動を抑制する作用があります。

そばかすの排出には、肌のターンオーバーを促進してメラニンを薄くする作用のある、プラセンタエキス、ビタミンC誘導体、エラグ酸、ハイドロキノンなどが効果が高いと言えます。

また、ビタミンC誘導体がそばかすに効果があるように、ビタミンの摂取も肌にはとても良いと言われています。
毎日適量のビタミンを摂取して、体の内部からも美白成分を取り入れる事で、日々のケアにプラスに働きます。

忙しくて栄養を考えて食事できない、という方はサプリメントや医薬品でまかないましょう。
ビタミン類を摂取することで、健康的で綺麗な肌にする事が出来ます。

鼻のそばかすは皮膚科のレーザー治療も可能

鼻のそばかすの皮膚科のレーザー治療

鼻のそばかすは、レーザー治療で薄くする事も出来ます。
レーザー治療は、皮膚科や美容外科で施術してもらえることが可能です。

ただ、保険が適用外のため、1度の施術で10,000円以上する事がほとんどです。
また、何度も通院しなければならない場合もあり、かなりの出費になります。
レーザー治療を検討中の方は、予算決めや受診するクリニック選びを慎重に行いましょう。

また、レーザー治療は、クリニックでの施術だけではなく施術後のアフターケアも入念にしなければなりません。
レーザー治療後の肌は非常に弱くなっているため、外部の刺激を直に受けてしまいます。

そのため、紫外線対策や保湿をサボってしまうと余計にそばかすが増えたり、炎症を起こしてしまったりする可能性があります。
特に鼻の皮膚は弱いので、たっぷりと日焼け止めを塗り、美白化粧水や乳液をしっかりと染み込ませて肌を休めるようにすべきでしょう。

鼻の頭の黒ずみはそばかすではなく毛穴の詰まり!?

鼻の頭の黒ずみはそばかすではなく毛穴の詰まり

鼻の頭の黒ずみは、毛穴に汚れが詰まっている場合もあります。
先述したように、鼻の皮膚はとても弱く、乾燥しやすい場所です。

皮膚が乾燥していると毛穴が開いたままになり、そこに汚れが溜まりやすくなります。
それがそばかすのようなポツポツとなって出てしまっているのです。

そばかすはメラニンが原因ですが、毛穴の黒ずみは開いた毛穴が影に見えたり、皮脂の汚れがたまったりすることが原因ですので、全く違う肌トラブルと言えます。

ただ、そばかすにしても黒ずみにしても大切なのは、乾燥した鼻の保湿ケアです。
毎日のクレンジング・洗顔で汚れを洗い流したら、すぐに化粧水と乳液で潤いをキープしてください。

毛穴パックを好んで使う方もいると思いますが、これは肌に強い刺激を与えてしまうので、週1回程度の使用を目安にしましょう。
そして、使った後はいつもよりも念入りに化粧水と乳液を塗るようにしてください。
保湿パックを使用したり、コットンにたっぷりと化粧水を染み込ませて、しばらく鼻に当てておくのも良いと思います。

乾燥は紫外線と同様で肌の大敵ですので、しっかりと保湿ケアをしましょう。

⇒管理人も利用したシミ・そばかすに効く医薬品はこちら。

鼻のそばかすの対処法まとめ

鼻のそばかすの対処法まとめ

鼻だけでなく肌のケアをする際は、綺麗したいからと力を入れてケアをする事だけは避けるようにしてください。
肌をゴシゴシとこする動作は、肌を傷つけてしまう可能性があり、余計にメラニンが生成されてしまう恐れがあります。

クレンジング・洗顔は肌を撫でるように行い、タオルで顔の水分を取る場合も強く拭かないようにしましょう。
化粧水は、手で染み込ませる場合は拭くのではなく、両手で顔を包み込むようにして染み込まると良いと言えます。
コットンの場合は、軽く叩きながら染み込ませると良いでしょう。

当サイトでは、シミ・そばかすに効く医薬品も紹介していますので、そちらも参考にしてください。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ2選】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。

  2. キミエホワイトプラス

    キミエホワイトプラスのランキングキミエホワイトプラス

    第3類医薬品として、効果がしっかりと認められています。緩和するだけでなく、しっかりと治すのが特徴です。また、しみ、そばかすだけではなく、大人ニキビ、吹き出物、倦怠感、二日酔いにも効きます。1日1錠で飲みやすく、初回1,900円にて購入出来るため、利用しやすいというのも魅力と言えます。