そばかすと食べ物

そばかす・シミを消す・予防するには、美白化粧品を使ったり、皮膚科・美容外科でレーザー治療を受ける他にはあるのでしょうか?
実は、そばかす・シミを消す・予防してくれる食べ物があります。

食べ物だけでは、さすがにすぐにはそばかす・シミは治せません。
しかし、美白化粧品やレーザー治療の効果をさらに高めるために、そして健康的な肌にするためにも、食生活の見直しは必要だと思います。

これから紹介する食べ物・栄養素を把握し、毎日適量摂取して美肌を手に入れましょう。

そばかす・シミに効く食べ物に含まれる栄養素は?

そばかす・シミを消す・予防するとは、そばかす・シミの原因になるメラニン色素の排出と生成抑制をする事です。
メラニン色素は、紫外線などの外部からの刺激を受けた際に、刺激から皮膚を守るために細胞が生成します。

肌のターンオーバーが正常であれば、1ヶ月程度で排出されます。
しかし、ストレスなどでターンオーバーが乱れていると排出されずに、そのまま酸化して肌に沈着してしまいます。
これがそばかす・シミの原因です。

そばかす・シミを消す・予防する食べ物とは、生成されたメラニン色素を排出するために肌のターンオーバーを正常化し、外部から刺激を受けた際に細胞がメラニン色素を生成しないようにする抗酸化作用がある栄養素を含む食べ物のこと。

そばかす・シミを薄くするならまずはビタミン

そばかす・シミを薄くするならまずはビタミン

そんな食べ物あるの?なんて思う方もいらっしゃるでしょう。
実はそばかす・シミに効く栄養素を含む食べ物は、私たちの身近にあります。

それはビタミンです。
ここではビタミンの中でも、特にお肌を良くする効果が期待できる、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEをご紹介いたします。
これらは、まとめてビタミンACEと呼ばれています。

ビタミンA

ビタミンAは、皮膚や粘膜の新陳代謝を活発にして、免疫機能を高める作用があります。
つまり、皮膚や粘膜を丈夫にしてくれるため、外部からの細菌・ウイルスなどの刺激の侵入を防いでくれるバリアー効果を高めてくれるのです。
ビタミンAは、鶏レバーや豚レバー、うなぎの蒲焼やニンジンなどの多く含まれています。

ビタミンC

ビタミンCは、メラニン色素が肌に沈着するのを抑制し、コラーゲンを生成して肌のハリを保って若々しい肌を作ってくれます。
また、そばかす・シミを薄くする作用もあり、抗酸化作用も働いてそばかす・シミを作りにくい体にしてくれます。

美白化粧品でも、ビタミンC誘導体が美白成分として配合されている事から、ビタミンの中でも特にビタミンCは、そばかす・シミの改善効果が期待されています。

ビタミンCを多く含む食べ物には、柑橘類、アセロラジュース、キウイ、ピーマン、いちご、グレープフルーツ、焼き海苔・味付け海苔、レモン、ハム、ベーコンなどがあります。
これらを毎日積極的に取り入れてみましょう。

ただ、ビタミンCは体内の他の機能にも栄養が送られるため、なかなか肌まで栄養が行き届きにくいため、ビタミンCだけを食べ続けていても、なかなか効果が実感出来ないかもしれません。
あくまで美白化粧品などの効果を上げるプラスαとして実践すると良いですよ。

注意すべき事は、ビタミンCの食べ物を摂取するのは、日の当らない夕方から夜にするという事。
なぜなら、ビタミンCを摂取した後に、紫外線に当たるとそばかす・シミが出来やすくなってしまうからです。

ビタミンE

ビタミンEは「若返りのビタミン」と呼ばれており、エイジングケアをして健康で若々しい肌を作ってくれる作用があります。
それは、老化の原因の過酸化脂質の生成を抑え、血行を良くしてくれるからです。

また、メラニン色素を生成する活性酵素を抑制する抗酸化作用があり、ビタミンCと一緒に摂取する事で、さらに効果を高めてくれます。

ビタミンEを多く含む食べ物には、アボカド・キウイ・かぼちゃ・アジ・タラコ・ゴマ・ピーナツなどがあります。
特にアボカドは、女性が好む食べ物ですが、上にあげたビタミンEを含む食べ物の中でも、最も栄養価が高いので積極的に摂取する事をオススメします。

ビタミンを上手く摂取出来ない時は医薬品で補おう

どんな食材が肌に良いのかを把握しても、なかなか毎日摂取出来ないという方も多いと思います。
そんな方は、肌トラブルに直接効果をもたらしてくれる医薬品に挑戦してみると良いでしょう。

例えば、キミエホワイトやロスミンローヤルは、インターネットの公式サイトで購入できる、副作用のリスクも低い安全な第三類医薬品です。
毎日飲み続ける事で、そばかす・シミを改善するだけでなく、ニキビはシワなどの他の肌トラブル、女性特有の悩みである冷え性・肩こり・腰痛の改善、血行促進などの効果ももたらしてくれます。

毎日継続は大変かもしれませんが、忙しくてなかなか料理に手間を掛けられないという方には、手軽な手段だと思います。

ビタミンB2・B6・Dもそばかす・シミに効く

実はビタミンには、上のACEの他にもそばかす・シミに効くとされる食べ物があります。
それはビタミンB2・B6・Dです。

ビタミンB2を多く含む食べ物には、牛肉・牡蠣・さんま・あさり・納豆・大豆・味噌・うに・卵・キャベツ・海苔・牛乳があり、その中でも牛肉はビタミンB6も含んでいます。
ビタミンDは、鮭・イワシ・しいたけ・卵黄・バターがあります。

これらの食材をバランス良く取れれば、理想的ですね。
ちなみに、先ほどご紹介したロスミンローヤルにはビタミンC・E・B2・B6も含まれています。

ビタミンの他にそばかす・シミを治す栄養素を含む食べ物がある

ビタミンの他にそばかす・シミを治す栄養素を含む食べ物がある

ビタミンの他には、そばかす・シミに効く栄養素を含む食べ物はあるのでしょうか。
もちろんあります。

そばかす・シミに効く有名な栄養素ならコラーゲンやリコピン

それはコラーゲンやリコピンです。
この2つの名前を聞いた事がある方は多いのではないでしょうか。

コラーゲンは先ほども少しご紹介したように、肌のハリを保ってくれる作用があります。

そもそもコラーゲンは、人間の体の30%を占めており、肌の柔らかさを形成するためのクッションのような役割を担っています。
しかし、コラーゲンは年齢と共に減少し、さらに紫外線を浴びる事でその減少を加速させます。
コラーゲンの減少により、肌に弾力も艶もなくなり、新しい肌が生成されにくくなってそばかす・シミが残ってしまうのです。

そうならないためにも、コラーゲンを摂取することがエイジングケアに必要だと言われているのです。

リコピンは、なんとビタミンEの100倍の抗酸化作用を持っています。
抗酸化作用が強い事で、そばかす・シミの生成をブロックしてくれるバリアー効果をさらに強くしれくれるのです。
最近人気の高い富士フィルムのアスタリフトには、リコピンが含まれている事で、素早い効果が出ると言われています。

コラーゲンとリコピンを含む食べ物は何?

コラーゲンを含む食べ物には、フカヒレ・はも・うなぎ・鮭の皮部分・鶏の軟骨と砂肝・牛すじ・スッポンなどがあります。
フカヒレやスッポンはなかなか取り入れ難いですが、他の食材を意識して摂取すると良いでしょう。

リコピンを多く含む食べ物は、トマトと小松菜です。
トマトは様々な栄養素を多く含む食べ物のため、良くテレビでも取り上げられることが多いのではないでしょうか。
健康のためにもトマトは毎日食べるのが良いのかもしれませんね。

他にもそばかす・シミにはタンパク質の食べ物が効く

そばかす・シミに効く栄養素には、他にもタンパク質があります。
綺麗な肌の形成には、肝臓が関わっています。

肝臓はタンパク質の合成をする働きがありますが、タンパク質がたくさん形成される事で、肌の調子を良くしてくれます。
肉・魚・卵・大豆・乳製品などに多くタンパク質が含まれています。

特に、はと麦には穀物の中でもタンパク質が豊富に含まれており、お肌のターンオーバーを活性化し、そばかす・シミの排出を促進してくれます。

そばかす・シミに効く食べ物のまとめ

そばかす・シミに効く食べ物のまとめ

最初に説明したように、食べ物は美白化粧品やクリニックでの治療にプラスαで取り入れることで、さらに効果を引き出してくれるものです。
また、食べ物は過剰摂取するのではなく、様々な栄養素を含む食べ物をバランス良く、継続的に摂取することが大事です。

偏食は栄養失調などの体のトラブルを引き起こします。
体とお肌の健康のためにも、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ2選】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。

  2. キミエホワイトプラス

    キミエホワイトプラスのランキングキミエホワイトプラス

    第3類医薬品として、効果がしっかりと認められています。緩和するだけでなく、しっかりと治すのが特徴です。また、しみ、そばかすだけではなく、大人ニキビ、吹き出物、倦怠感、二日酔いにも効きます。1日1錠で飲みやすく、初回1,900円にて購入出来るため、利用しやすいというのも魅力と言えます。