老人性色素斑

老人性色素斑はシミの中でも代表的なもので、色が黒、あるいは茶褐色のほくろのようなシミです。
基本的に小さな点が夜の星空のように分散する形で現れる事が多いのですが、10円玉程度の大きさになる場合もあり、形もいびつなものが多いので容姿に大きく影響します。

老人性色素斑はシミの消すことが簡単なシミです。
どうすれば老人性色素斑を消せるかを以下に挙げているので、参考にしてみてください。

老人性色素斑(日光黒子)とは何か

老人性色素斑とは、皮膚にダメージが蓄積して起こるシミの事です。
早いと30代で現れ始め、40代になると50%から60%、50代になると80%以上の人に現れるので、このシミがない人の方が稀な典型的なシミの1つでもあります。
老人性色素斑自体は健康リスクがないシミですが、皮膚がんと見分けが付かない事があるので、注意が必要なシミです。

老人性色素斑の原因

老人性色素斑の主な原因は紫外線です。
紫外線を浴びて肌で作られたメラニン色素が、そのまま肌に沈着して残ってしまうと、加齢が進んだ時に老人性色素斑になります。

赤い老人性色素斑はがんの卵

メラニン色素が原因である老人性色素斑の色は、茶褐色や黒なので赤いものがありません。
もし赤い老人性色素斑に似たシミがある場合は、日光角化症か血管腫などです。

血管腫は特に問題はなく、皮膚科でのレーザー治療で綺麗に治ります。
ただし、日光角化症は皮膚がんの前段階なので、他の場所にもないか、がん化したものはないかを調べる必要があります。

老人性色素斑の治療は化粧品や塗り薬で出来る

老人性色素斑の治療はシミの中でも簡単で、塗り薬や化粧品で消せます。
治療には時間が掛かりますが、シミとしては比較的治しやすいもので、市販薬でも老人性色素斑を消せるものがあります。

老人性色素斑を消せる市販薬や化粧品の種類

老人性色素斑を消せる市販薬や化粧品の種類

老人性色素斑を消せる塗り薬は、市販品であれば「美白化粧品」と言われるものや、シミ用の軟膏、内服薬を使います。
どちらも使い続けることで少しづつ老人性色素斑が消えていき、完全に老人性色素斑を消すことも可能です。

市販の塗り薬ならケシミン

老人性色素斑の原因はメラニン色素なので、皮膚の代謝を上げて外に排出させるのが治療の基本と言えます。

市販品の薬で有効なのは、ケシミンクリームなどのシミ治療用の塗り薬です。
時間は掛かりますが、毎日かかさず塗っていけば、皮膚の生まれ変わりが促進されて、時間とともに老人性色素斑がだんだんと消えていきます。

イボコロリの老人性色素斑の効果は?

市販薬のイボコロリも、老人性色素斑に効果があります。
ただし、イボコロリは顔に塗る事が出来ない、皮膚が弱い人が使うと炎症性色素沈着という別のシミの元になる事があるので、オススメは出来ません。

ハイチオールとトランシーノの効果は?

ハイチオールとトランシーノも老人性色素斑を消す効果が期待出来ます。
長く飲み続ける必要がありますが、完全に消すことも可能です。

どちらが良いかは個人差があるので、ハイチオールかトランシーノのどちらかを2か月ほど試してみて効かないようであれば、もう片方に変えてみて下さい。
ハイチオールはL-システイン、トランシーノはトラネキサム酸が主成分なので、両方飲んでも問題ありません。
しかし、同時に使う時は、まず薬剤師などの専門家に相談してください。

ビタミン配合化粧品や美容液で老人性色素斑を消す

ビタミンC配合の美容液と美白化粧品も、ある程度の老人性色素斑を消す効果は期待出来るものです。
老人性色素斑がある所に集中して美容液を付ける、美白化粧品でシミを隠すという事を長く続けていくと、自然と老人性色素斑は薄くなっていきます。

馬油も老人性色素斑を薄くする

馬の油を精製した馬油も、老人性色素斑を薄くする効果があります。
しかし、馬油だけ、または美容液だけを使うよりも、美白化粧品と馬油を同時に使った方がより効果的です。

馬油を薄く老人性色素斑に塗りマッサージをしてから、ビタミンC配合の美容液を付けると効果があります。
化粧前などに使うには向かないので、寝る前に使うのがオススメです。

美容皮膚科で出来る老人性色素斑治療

美容皮膚科で出来る老人性色素斑治療

老人性色素斑は、美容皮膚科でも治療が可能です。

治療方法は、フォトフェイシャルやレーザー、塗り薬など、状態に合わせて選択出来ます。
どの治療法でも、市販薬で自力治療をするよりも早く治せるのが特徴となっています。

老人性色素斑は保険適用外

老人性色素斑は健康に害がないので、治療は保険適用外です。
治療費は全額負担になるので、1回の治療費は1万円から2万円程度を目安に考えておいてください。

老人性色素斑とフォトフェイシャルの効果

老人性色素斑の治療に、肌の細胞を一時的に活性化させるフォトフェイシャルが使われる事があります。
しかし、フォトフェイシャルはシミを消す効果が薄いので、老人性色素斑の治療目的に選択するのはオススメ出来ません。

効果自体は個人差がありますが、老人性色素斑が消えない場合もあるので、出来る限り他の治療法を選択した方が無難です。

老人性色素斑はレーザーや液体窒素で治療する

老人性色素斑を美容皮膚科で治療する場合は、多くの場合でレーザーか液体窒素による凍結療法が行われます。
凍結療法よりはレーザーの方が細かい老人性色素斑まで消せるので、通常はレーザーを選択した方が効果は高めです。

治療後はケアをしないと老人性色素斑が再発する

老人性色素斑は紫外線が原因なので、治療後も油断できず、適切な紫外線対策をしておかないと再発します。
消えたから終わりではなく、老人性色素斑が消えた後には十分なスキンケアと紫外線対策が必要です。

再発した場合は消すのに時間が掛かる他、色が濃くなる場合や慢性化してだんだんと巨大化する場合もあります。
そのため、老人性色素斑を消す時は、紫外線対策とスキンケアを必ずセットにして行ってください。


【シミ・そばかすの医薬品オススメ2選】

当サイトでオススメしているシミ・そばかすの医薬品です。成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. ロスミンローヤル

    ロスミンローヤルのランキング

    できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和する医薬品です。その他にも、冷え性・肩こり・腰痛にも効く有効成分を配合しています。累計50万箱の実績があり、メディア掲載も多くしているため、安心して利用する事が出来ます。

  2. キミエホワイトプラス

    キミエホワイトプラスのランキングキミエホワイトプラス

    第3類医薬品として、効果がしっかりと認められています。緩和するだけでなく、しっかりと治すのが特徴です。また、しみ、そばかすだけではなく、大人ニキビ、吹き出物、倦怠感、二日酔いにも効きます。1日1錠で飲みやすく、初回1,900円にて購入出来るため、利用しやすいというのも魅力と言えます。